イートモのご案内

イートモは、医学翻訳に特化した対訳と検索のソフトです。

・センテンスベースの対訳が満載(画面イメージ

・翻訳が身につくトレーニング機能付き(操作マニュアル参照

 

イートモユーザー様は最新版(イートモ7.3)を専用サイトからダウンロードしてください。

2022年10月15日に無料ダウンロード用メールを送信しました。受け取れていない方はこちらからご連絡ください。

ダウンロード・操作のための参考情報:

●ダウンロード方法(Microsoft Edgeでの例)

ダウンロード方法2(Google Chromeをお使いの方)

ダウンロード方法3(オンラインストレージから)

●操作マニュアル

イートモユーザー・オンリー(イートモユーザー様限定のClosedなサイト[ユーザー名とパスワードが必要 ])

イートモは常に修正・差し替え・増量を行っています。最新版を利用し、古いバージョンは削除してください。

最新版のダウンロードパスワード・ライセンスキー等についてのお問い合わせはこちらからお願いします。

●イートモユーザーリストからの削除依頼

 

Banner_medical_blog

🔓キーワードリストNo.1

🔓キーワードリストNo.2

 

イートモの購入を検討している方はこちらを参照してください。

2023年3月28日 (火)

メディカル英訳トレーニング#604

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血圧上昇作用

本剤は、1回経口投与で用量依存的に収縮期血圧と拡張期血圧を同程度上昇させる(ラット、イヌ)11)。反復投与では安定した血圧上昇がみられ、耐性は認められない(ラット、イヌ)11)

本剤は、全末梢血管抵抗の増加及び心拍出量の増加により血圧を上昇させる(イヌ)12)。全末梢血管抵抗の増加は、主に皮膚及び骨格筋の血管系の抵抗増大によるものと考えられる12)13)

 

課題# KW[安定した]  イートモには22対訳が収録されています
1 薬剤Aを1日1回皮膚に貼付することにより24時間安定した血中薬物濃度が維持されるため、本剤には良好な忍容性と有効性が期待できる。
Drug A is expected
2 薬剤Aの血清中濃度は3週間の薬剤A単独投与後に安定したレベルに達した。
Drug A serum concentrations
3 イコサペント酸エチルは高純度かつ安定したEPAエチルエステルで、トリグリセリド値を下げることが示されており、トリグリセリド値が500mg/dL以上の成人患者で食事療法の補助として用いられる。
Icosapent ethyl is

メディカル英訳トレーニング#603

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血圧上昇作用

本剤は、1回経口投与で用量依存的に収縮期血圧と拡張期血圧を同程度上昇させる(ラット、イヌ)11)。反復投与では安定した血圧上昇がみられ、耐性は認められない(ラット、イヌ)11)

本剤は、全末梢血管抵抗の増加及び心拍出量の増加により血圧を上昇させる(イヌ)12)。全末梢血管抵抗の増加は、主に皮膚及び骨格筋の血管系の抵抗増大によるものと考えられる12)13)

 

課題# KW[上昇させる]  イートモには5対訳が収録されています
1 溶媒対照群及び薬剤A 5、10、15、20mg/kg群における投与10時間後の血漿中エリスロポエチン濃度(平均±標準偏差)は、それぞれ100±10、150±10、200±10、250±10、300±10pg/mLで、薬剤Aには用量依存的に血漿中エリスロポエチン濃度を上昇させる傾向があった。
The plasma erythropoietin
2 熱量はジュール又はカロリーで表される。1ジュールは、1ワットの電力で1秒間に発生する熱量である。1カロリーは、1gの水の温度を1℃上昇させるのに必要な熱量である(1J≒0.24cal)。
Heat energy is
3 血中尿酸値を上昇させる薬剤は、その作用機序に応じて、尿酸過剰産生型薬剤と尿酸排出低下型薬剤の2つのタイプに大別される。
Drugs leading to

メディカル英訳トレーニング#602

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血圧上昇作用

本剤は、1回経口投与で用量依存的に収縮期血圧と拡張期血圧を同程度上昇させる(ラット、イヌ)11)。反復投与では安定した血圧上昇がみられ、耐性は認められない(ラット、イヌ)11)

本剤は、全末梢血管抵抗の増加及び心拍出量の増加により血圧を上昇させる(イヌ)12)。全末梢血管抵抗の増加は、主に皮膚及び骨格筋の血管系の抵抗増大によるものと考えられる12)13)

 

課題# KW[拡張期血圧]  イートモには41対訳が収録されています
1 薬剤Aは、主要評価項目である座位拡張期血圧のベースラインからの変化量を小さくする効果が薬剤Bよりも有意に優れていた。
Drug A was significantly
2 拡張期血圧に対する効果は若年患者と高齢患者で同程度であった。
Effects on diastolic
3 先端巨大症患者又は糖尿病患者を対象としたいずれの試験においても、薬剤Aの投与で脈拍、収縮期血圧及び拡張期血圧、体温、体重、肥満度指数に臨床的に重要な変化は起こらなかった。
No clinically relevant

メディカル英訳トレーニング#601

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血圧上昇作用

本剤は、1回経口投与で用量依存的に収縮期血圧と拡張期血圧を同程度上昇させる(ラット、イヌ)11)。反復投与では安定した血圧上昇がみられ、耐性は認められない(ラット、イヌ)11)

本剤は、全末梢血管抵抗の増加及び心拍出量の増加により血圧を上昇させる(イヌ)12)。全末梢血管抵抗の増加は、主に皮膚及び骨格筋の血管系の抵抗増大によるものと考えられる12)13)

 

課題# KW[収縮期血圧]  イートモには65対訳が収録されています
1 すべての患者に対して、低密度リポタンパク質(LDL)コレステロール、収縮期血圧、糖化ヘモグロビンのコントロールのために現在推奨されている薬剤が処方された。
All patients were
2 1カ月後における収縮期血圧のベースラインからの低下幅はコホートAで24.0mmHgで、コホートBの低下幅16.0mmHgと比較して統計学的有意差はなかった。
At 1 month,
3 ベースライン時の平均収縮期血圧及び平均拡張期血圧はコホートAで171.0mmHg及び91.0mmHg、コホートBで161.0mmHg及び86.0mmHgであった
At baseline, mean

 

メディカル英訳トレーニング#600

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血圧上昇作用

本剤は、1回経口投与で用量依存的に収縮期血圧と拡張期血圧を同程度上昇させる(ラット、イヌ)11)。反復投与では安定した血圧上昇がみられ、耐性は認められない(ラット、イヌ)11)

本剤は、全末梢血管抵抗の増加及び心拍出量の増加により血圧を上昇させる(イヌ)12)。全末梢血管抵抗の増加は、主に皮膚及び骨格筋の血管系の抵抗増大によるものと考えられる12)13)

 

課題# KW[用量依存的に]  イートモには75対訳が収録されています
1 アポトーシスは薬剤Aが投与された患者で用量依存的に増加することが示された。
Apoptosis was shown
2 予想通り、心拍数は薬剤Aの投与1時間後という早期に用量依存的に下がった。
As expected, heart
3 薬剤Aはヒト肝細胞において用量依存的に5'-一リン酸化体に変換されるが、これにはデオキシシチジンキナーゼ及びサイトゾルチミジンキナーゼの両方が関与している。
Both deoxycytidine kinase

メディカル英訳トレーニング#599

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

血圧上昇作用

本剤は、1回経口投与で用量依存的に収縮期血圧と拡張期血圧を同程度上昇させる(ラット、イヌ)11)。反復投与では安定した血圧上昇がみられ、耐性は認められない(ラット、イヌ)11)

本剤は、全末梢血管抵抗の増加及び心拍出量の増加により血圧を上昇させる(イヌ)12)。全末梢血管抵抗の増加は、主に皮膚及び骨格筋の血管系の抵抗増大によるものと考えられる12)13)

 

課題# KW[血圧上昇作用]→[昇圧作用]  イートモには3対訳が収録されています
1 薬剤Aには直接的な昇圧作用はないと思われるが、薬剤Aの投与中に血圧上昇が起こることがある。
Although there does
2 アンジオテンシン変換酵素が阻害される結果、血漿中アンジオテンシンIIが減少し、昇圧作用の減弱につながる。
Inhibition of angiotensin-
3 薬剤Aの昇圧作用と肺重量増加の関係を評価するため、薬剤Aをラットに対して降圧薬であるキナプリルと併用投与し、肺重量及び心臓重量に対する薬剤Aの影響を検討した。
The effect of

メディカル英訳トレーニング#598

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[を対象とする]  イートモには26対訳が収録されています
1 また、心エコー検査による心機能(LVEF)の評価はベースライン時にすべての患者について実施するが、12カ月目には薬剤A投与患者のみを対象とする
In addition, evaluation
2 本試験は被験者100例を対象とする計画で、111例を組み入れ、そのうち55例をエキセメスタン群、56例を併用群(エキセメスタン+セレコキシブ)に割り付けた。
It was planned
3 この調査は薬剤Aが一定期間投与されたすべての患者を対象とする
The surveillance should

メディカル英訳トレーニング#597

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[慢性腎不全]  イートモには29対訳が収録されています
1 慢性腎不全は、進行性で、通常は不可逆的な腎機能低下が認められる臨床状態である。
Chronic renal failure
2 慢性腎不全は、患者の腎機能は障害されているが、まだ透析治療を必要としない状態である。
Chronic renal insufficiency
3 薬剤Aは、慢性腎不全の貧血患者において赤血球生成を刺激することが示されている。
Drug A has been

メディカル英訳トレーニング#596

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[困難となる]→[難しくなる]  イートモには4対訳が収録されています
1 拘束性肺疾患は肺を膨らます能力の低下を引き起こす慢性の障害で、ときに身体が必要とする十分な酸素を得ることが難しくなる
Restrictive lung disease
2 そのため、患者が治療を守ることが難しくなる
That makes it
3 最終投与後のデータのみでコンパートメントモデル解析を行う場合、計算が収束せず、薬物動態パラメータを推定することができない被験者が多くなり、十分な評価が難しくなる
If a compartment

メディカル英訳トレーニング#595

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[困難となる]→[困難になる]  イートモには15対訳が収録されています
1 また、長期治療時には副作用及び合併症が報告されており、治療継続が困難になる
Additionally, adverse drug
2 パーキンソン病が進行するにつれて、オン・オフの繰り返しのため、レボドパによる症状のコントロール、特に運動機能のコントロールが次第に困難になる
As Parkinson’s disease
3 プラセボ効果が大きいため、医療現場で真の薬効を確認するのは困難になる
Because of the

メディカル英訳トレーニング#594

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[困難となる]  イートモには8対訳が収録されています
1 血管石灰化は虚血性病変及び軟部組織の壊死に至り、腎移植が困難となる
Vascular calcification leads
2 血液透析導入は腎不全症状のコントロールが困難となる慢性腎臓病(CKD)の後期に考慮される。
Hemodialysis initiation is
3 カフ近くのトンネル内感染にはアンルーフィングを用いることができるが、カフが露出すると、カテーテルが抜けやすくなるか、固定が困難となることがある。改善したならば、カテーテルの出口部を変更する。
Unroofing can be

メディカル英訳トレーニング#593

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[透析中に]  イートモには4対訳が収録されています
1 薬剤Aの投与を受けている患者では、血液透析中に体外回路の血栓を防ぐため、ヘパリンによる抗凝固治療の強化が必要になることがある。
Patients receiving Drug A
2 3カ月後、患者3例(7.3%)が透析中に死亡し、12例(29.3%)では透析が続いており、26例(63.4%)は透析から離脱した(クレアチニン2.5mg/dl、GFR 26ml/min/1.73m²)であった。
At 3 months,
3  
 

メディカル英訳トレーニング#592

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[透析施行]  イートモには45対訳が収録されています
1 造血薬(ESA)の投与後、一定期間休薬した血液透析施行中の成人患者を対象に、薬剤Aの有効性、安全性、用量反応性を評価するため、多施設共同ランダム化二重盲検並行群間試験が国内20施設で実施された。
A multicenter, randomized, 
2 血液透析施行中の腎性貧血患者(目標症例数10例、各群5例)を対象に、薬剤Aの薬物動態に対する血液透析の影響を検討するため、非盲検用量漸増試験が実施された。
An open-label,
3 薬剤Aは、透析施行中の患者において慢性腎不全に伴う貧血の治療に用いられる。
.Drug A is used

メディカル英訳トレーニング#591

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[重要な基本的注意]  イートモには9対訳が収録されています
1 そのため、透析又は血液ろ過施行中の患者のリスク管理として、「重要な基本的注意」の項に、「xxx」の記載を設定すべきと判断された。
Therefore, as risk
2 したがって、添付文書(案)の「重要な基本的注意」の項には、「前兆のない突発的睡眠、睡眠発作、起立性低血圧、傾眠、浮動性めまい、意識消失、失神等があらわれることがあるので、薬剤Aの投与中には自動車の運転、機械の操作、高所作業等、注意力を必要とする危険を伴う作業に従事しないよう患者に注意喚起すること」と記載する予定である。
Therefore, it will
3 そのため、オランザピンの現行添付文書(「警告」及び「重要な基本的注意」の項)には以下の注意喚起が記述されている。
Therefore, the current

2023年3月27日 (月)

メディカル英訳トレーニング#590

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[心臓刺激作用]→[心臓 刺激]  イートモには7対訳が収録されています
1 強心薬は、陽性変時作用や陽性変力作用などを介して心臓刺激する物質である。
A cardiac stimulant
2 テオフィリンのその他の作用には心臓刺激作用及びうっ血性心不全における静脈圧の低下作用があり、心拍出量の著しい増加につながる。
Other actions of
3 モルモットの摘出心臓を用い、アトロピンの存在下で観察されるアセチルコリンとニコチンの心臓刺激作用を比較した。
The isolated guinea

メディカル英訳トレーニング#589

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[交感神経機能亢進作用]→[交感神経刺激作用]  イートモには3対訳が収録されています
1 両剤とも内因性の交感神経刺激作用がなく、長時間作用を特徴とし、1日1回投与が可能である。
Both drugs lack
2 薬剤Aには内因性の交感神経刺激作用、副交感神経刺激作用、局所麻酔作用、膜安定化作用がない。
Drug A has no
3 薬剤Aは会社A(現在の会社B)によって開発された非選択的αβアドレナリン受容体遮断薬で、交感神経刺激作用を持たない。
Drug A is a non-

メディカル英訳トレーニング#588

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[心臓障害]  イートモには12対訳が収録されています
1 心房中隔欠損は先天性心臓障害のうち最も多いタイプの1つで、小児の約25%に起こる。
Atrial septal defect
2 徐脈は特記される唯一の心臓系の有害事象で、これが薬剤A群で心臓障害の発現率が高くなった理由であった。
Bradycardia was the
3 また、ステントリリース時の心臓障害を避けるため、一時的な心停止を誘発した。
In addition, transient

 

メディカル英訳トレーニング#587

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

慎重投与

重篤な心臓障害のある患者〔本剤の交感神経機能亢進作用を介する心臓刺激作用により、心臓障害が悪化するおそれがある。〕

重要な基本的注意

透析施行時の血圧低下への適用にあたっては、透析中に血圧が低下したために透析の継続が困難となることが確認されている慢性腎不全患者のみを対象とすること。

 

課題# KW[慎重投与]  イートモには3対訳が収録されています
1 以下の理由から、血行障害及び低血流量が予想される患者については、「慎重投与」の項に注意事項を追記する必要があると判断された。
It was decided
2  
 
3  
 

黒豆で遊ぶ「ひなちゃん」

黒豆1個に狂喜乱舞しています。

2023年3月26日 (日)

メディカル英訳トレーニング#586

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[尿閉]  イートモには194対訳が収録されています
1 10歳の少女が尿閉のために本院に入院した。
A 10-year-old
2 反復投与に伴う尿閉のリスク増加を避けるため、1日2回投与を採用した。
A bid dosage
3 他の抗コリン薬と同様、薬剤Aは閉塞隅角緑内障又は尿閉の患者には慎重に投与する必要がある。
Like other anticholinergic

メディカル英訳トレーニング#585

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[のある患者]  イートモには194対訳が収録されています
1 明らかな原因がなく、慢性的な空咳《痰の出ない咳》のある患者では、非喘息性の好酸球性気管支炎の診断を考慮する。
A diagnosis of
2 慢性HBV感染で、ベースライン時に進行した線維化又は肝硬変のある患者を対象とした32カ月間試験において、薬剤Aの継続投与により、肝臓代償不全の割合がほぼ半分になり、肝細胞癌のリスクが低下したことから、抗ウイルス治療と臨床成績に直接的な関係があることが確認された。
A direct link
3 化学療法による治療歴のある患者を対象に行われた海外第III相試験では、主要評価項目である全生存期間の著しい延長が認められた。
A foreign phase

メディカル英訳トレーニング#584

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[前立腺肥大]  イートモには18対訳が収録されています
1 本剤は、前立腺肥大症の治療に対する現在の推奨用量において、他のホルモン作用を示すことはなく、他のステロイドホルモンの形成又は作用を阻害することもない。
At the dose
2 良性前立腺肥大症はアンドロゲンの長期投与に起因する前立腺の組織変化のことである。
Benign prostatic hyperplasia
3 薬剤Aは、良性前立腺肥大症の男性を効能・効果として《適応症として》承認されている。
Drug A has been

メディカル英訳トレーニング#583

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[残尿]  イートモには7対訳が収録されています
1 持続的な残尿及び膀胱頚の痙縮がある場合、1回以上の経尿道的切除術が必要になることがある。
Persistent residual urine
2 残尿量に有意な変化はなかった。
There was no
3 残尿のドレナージを行った。
Residual urine was

メディカル英訳トレーニング#582

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[をきたす]  イートモには11対訳が収録されています
1 薬剤Aが皮膚に接触すると、重度の熱傷と色素沈着をきたすおそれがある。
Drug A may cause
2 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、運動ニューロンの機能障害による重度の筋肉萎縮及び筋力低下をきたす進行性の難治性神経変性疾患である。
Amyotrophic lateral sclerosis
3 頻回の頭痛発作のために日常生活に支障をきたす場合は予防治療が行われる。
Prophylactic therapy is

メディカル英訳トレーニング#581

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[眼圧上昇]  イートモには14対訳が収録されています
1 一過性の眼圧上昇及び一過性の近視化が術後にみられることがある。
A transient rise
2 手術に関連する有害事象は薬剤A群で被験者5例中2例に起こり、その内容は前房フレア、結膜充血、結膜浮腫又は眼瞼浮腫、眼圧上昇であった。
Adverse events related
3 緑内障、眼圧上昇、白内障が副腎皮質ステロイドの吸入投与後に報告されている。
Glaucoma, increased intraocular

 

メディカル英訳トレーニング#580

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[閉塞隅角緑内障]  イートモには9対訳が収録されています
1 除外基準:急性閉塞隅角緑内障のために手術を必要とする被験者、以前に毛様体破壊術を受けた被験者、ベースライン来院時の3カ月以内にどちらかの眼に眼外傷又は手術の既往がある被験者は本試験から除外した。
Exclusion Criteria: Subjects
2 薬剤Aは急性閉塞隅角緑内障の患者に処方してはならない。
Drug A should not
3  
 

 

メディカル英訳トレーニング#579

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[昇圧発作]  イートモには8対訳が収録されています
1 薬剤Aは血圧が低下するときに起こる心拍数の増加を抑制するだけでなく、L型及びN型の両方のカルシウムチャネルを遮断し、交感神経亢進による昇圧発作を阻害する。
Drug A blocks both
2 症例報告:術中に後腹膜腔拡張剝離バルーンによる副腎腫瘍の圧迫により昇圧発作を生じた褐色細胞腫の1例
Case Report: A
3  
 

 

メディカル英訳トレーニング#578

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[急激な]  イートモには28対訳が収録されています
1 投与後に一過性の眼圧上昇がみられたが、これは注射に伴う眼内容積の急激な増加に関連したものであった。
A transient increase
2 ALTの急激な増加は肝炎増悪で広く知られた特徴であるが、肝硬変の患者及び肝予備能不良の患者ではALTの顕著な増加がみられないことがある。
Although abrupt elevations
3 ミエリン塩基性タンパク質の濃度が4~8ng/mLであることは、ミエリンが慢性的に破壊されているか、急激なミエリン破壊からの回復過程にあることのサインと考えられる。
Myelin basic protein

 

メディカル英訳トレーニング#577

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[褐色細胞腫]  イートモには5対訳が収録されています
1 褐色細胞腫またはカルチノイド症候群に罹患しているか、甲状腺機能亢進症であってその治療が行われていない患者ですか?
Does the patient
2 薬剤Aが投与されたラットでは対照動物と比べて褐色細胞腫の発生率が高かった。
In rats receiving
3  
 

 

メディカル英訳トレーニング#576

メディカル英訳トレーニングとは?

 

【元原稿】

次の患者には投与しないこと

高血圧症の患者〔高血圧症を悪化させる。〕

甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させる。〕

褐色細胞腫のある患者〔急激な昇圧発作を起こすおそれがある。〕

閉塞隅角緑内障の患者〔急激な眼圧上昇をきたすおそれがある。〕

残尿を伴う前立腺肥大のある患者〔尿閉をきたすおそれがある。〕

 

課題# KW[甲状腺機能亢進症]  イートモには25対訳が収録されています
1 麻酔科医には、甲状腺機能亢進症の患者では甲状腺クリーゼによる代謝亢進が起こる可能性があることを注意喚起する
Anesthesiologists should be
2 消化性潰瘍、甲状腺機能亢進症、緑内障、糖尿病、重度の低酸素血症、高血圧、心機能障害又は循環機能障害の患者では、これらの疾患が悪化するおそれがあるため、アミノフィリンを慎重に投与する。
Aminophylline should be
3  
 

 

«メディカル英訳トレーニング#575

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    3月26日現在:63,712対訳(イートモ7.3から2711対訳の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想