« そんなに「ランダム化」が好きなの? | トップページ | 毒性試験の翻訳の需要 »

2015年3月 2日 (月)

レギュラトリーサイエンス

最近、「レギュラトリーサイエンス」という言葉をよく聞きます。

なんのことかと思って、

調べてみたら、

定義は↓のようです。

「科学技術の成果を人と社会に役立てることを目的に、根拠に基づく的確な予測、評価、判断を行い、科学技術の成果を人と社会との調和の上で最も望ましい姿に調整するための科学」(第4次科学技術基本計画 平成23年8月19日閣議決定)

レギュラトリーサイエンス = 「調整するための科学」

のようですが、


よく分かりません。

MedDRA/Jを出しているところが何とかレギュラトリーサイエンス財団ということから、

法的な規制に関することかと思っていたら、

違うようです。

下図からするとかなり大きな枠組みの概念のようです。

Photo_3

新しい概念や方法が海外から入ると、

「ランダム化」じゃないけど、

安易にカタカナにしますな。

« そんなに「ランダム化」が好きなの? | トップページ | 毒性試験の翻訳の需要 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レギュラトリーサイエンス:

« そんなに「ランダム化」が好きなの? | トップページ | 毒性試験の翻訳の需要 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★6月9日現在:68,892対訳(現行版よりも4372対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想