« イートモのオンライン対訳を更新しました | トップページ | ご案内 »

2015年12月20日 (日)

イートモを利用した英訳トレーニング#94 訳例

Iitomoanswer

toxicity studyのほうが一般的だと思いますが、

toxicology studyが使われている例もあります。

反復投与の「反復」はrepeated, repeat, multipleのどれがいいのか?

どれも実際の文書で使われていますので、翻訳者としてはいろいろな書き方があることを知っていればいいんじゃないですかね~。お客さんから指定があれば、はいはいわかりましたと、それを使うだけです。日本語X = 英語Xが成立するのは固有名詞だけ。翻訳はファジーですね。

« イートモのオンライン対訳を更新しました | トップページ | ご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/62897515

この記事へのトラックバック一覧です: イートモを利用した英訳トレーニング#94 訳例:

« イートモのオンライン対訳を更新しました | トップページ | ご案内 »

各種リンク

カテゴリー

アンケート