« 翻訳の勉強は必要なくなるの? | トップページ | 六本木で忘年会 »

2015年12月16日 (水)

この仕事をやっていると、視力低下は避けられない

パソコンを長時間凝視するので、視力低下と目の疲れは来ますね。

6年前につくったメガネが合わなくなってきました。

この間にかなり目を酷使したからなー。

50cm以内なら今のメガネで見える。

つまり、自分のパソコンやパチンコ台は見えるけど、それよりも遠くなるとぼやけます。

今日、新しくメガネをつくりました。86100円。メガネを使い分けて、だましだましやっていくことになりそうです。

体力はもちろん、集中力、持久力、記憶力に加えて、視力まで衰えてきました。

翻訳そのものの実力よりも、実際の仕事では、こうした能力のほうが大事かもです。

« 翻訳の勉強は必要なくなるの? | トップページ | 六本木で忘年会 »

コメント

デスクワークタイプの仕事は目、肩、腰をに悪いですよ。裸眼の1.5が・・・

パソコンによる目の疲れは独特のものがありますな。乾燥するというか単なるドライアイではないような・・・顕微鏡仕事も変な目の疲れがありましたよ。焦点があっていないと吐気がきます。年齢とともに衰えるのはどうやら体中のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/62882099

この記事へのトラックバック一覧です: この仕事をやっていると、視力低下は避けられない:

« 翻訳の勉強は必要なくなるの? | トップページ | 六本木で忘年会 »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想