« 出張翻訳の昼飯 | トップページ | イートモご購入者さまへの連絡 »

2016年3月 1日 (火)

イートモを利用した英訳トレーニング#123 訳例

Iitomoanswer

2~3通りの表現が瞬時に出てこないと、翻訳仕事では通用しません。

トライアルに通って、翻訳仕事をするようになっても、文書のボリュームの大きさや種類の多さに対応できない人が多いのでしょう。戦力として残る翻訳者は非常に少ないです。

医薬の英訳では、実際にコツコツと訳すトレーニングをして、様々な文書と表現に慣れておくことが大事です。

基礎が大事なのは家づくりと歯のインプラント。

医薬の英訳は実戦でおぼえましょう。大相撲の外国出身力士が日本語ペラペラなのは実戦でおぼえたからです。いつまでも基礎づくりばかりやっていては金は稼げないよ。基礎づくりが好きな人はどうぞ続けてください。

そうはいっても何もないと戦えないので、そのための資料として作ったのが【イートモ】。実戦の準備(訳出トレーニング)にも使えますよ。

理屈はあとあと。

« 出張翻訳の昼飯 | トップページ | イートモご購入者さまへの連絡 »

コメント

分量が大きいと、若いころはくじけそうになりました(今は敵前逃亡)。

特に、在宅でやっていたときには自分に負けそうでした。
ぎりぎりの状態。

在宅で仕事をやっている人は意志が強いなぁと本当に尊敬します。

そうですね、種類の多さに対応できないのは分かりますが、分量は多ければ多いほどいいと思うのです。もったいない気がしますな。moon1

>文書のボリュームの大きさや種類の多さに対応できない人が多いのでしょう。戦力として残る翻訳者は非常に少ないです。

へー、そうなんですか?
確かに種類は多いですね。一口に「医学翻訳」と言っても、幅広いですもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/63278862

この記事へのトラックバック一覧です: イートモを利用した英訳トレーニング#123 訳例:

« 出張翻訳の昼飯 | トップページ | イートモご購入者さまへの連絡 »

各種リンク

カテゴリー

アンケート