« 薬理、薬物動態、毒性に関する対訳文例を収録しました | トップページ | 医薬系翻訳者の3タイプ »

2016年8月16日 (火)

イートモを利用した英訳トレーニング#178 訳例

Iitomoanswer

この意味の和文原稿に遭遇したら、この種の英文がすぐに思い浮かぶようにするか、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

医薬系の翻訳仕事で求められることは実にシンプルです。原文を正確に解釈して、お客さんが見慣れているスタイルで記述することがすべてです。

« 薬理、薬物動態、毒性に関する対訳文例を収録しました | トップページ | 医薬系翻訳者の3タイプ »

コメント

木村伸久さん、貴方、しつこいよ。

・「イートモ」に収録されている対訳文例の内容についてのご質問やご意見は受け付けておりません。

何度、言ったらわかるのですか。

自分の見解を述べることばかり考えずに、私からのメッセージを理解しなさいよ。

ブログ管理者の指示を守らずに失礼ではないですか? 翻訳云々よりも社会人としてのマナーを学ぶべきです。

本ブログの管理者として、木村さんからのこれ以上の投稿を禁止します。

捕捉ですが

本院には
確かに「この病院」という意味があります
しかし、第二、三院の存在をにおわせる意味もあります
当院のように一義にはならない
無用な勘違いを予防する意味でも、当院がベター

今日は不躾お許しください
でも、足下照らす意味でも、良い刺激になりますね
失礼いたします

失礼いたしました

誤訳をみると黙っておけない職人気質なもので・・・

貴方に意見される筋合いはありません。

イートモに興味がありますが・・

製品化されるからには、その品質について貴方に責任があると思いまして・・・

貴方様は上のサンプルの訳について言及しているのですか。
そうでしたら、その旨を明示してください。
イートモのサイトに下記のように明示しています。
将来的にはユーザー間で意見交換などをする計画はありますが、
・「イートモ」に収録されている対訳文例の内容についてのご質問やご意見は受け付けておりません。

ご意見はお控えください。

慣習・・・初耳です

「当院に入院」と「本院に入院」のヒット件数を比較すると

後者は極めて稀な使い方であることがわかります

本剤
本薬
本件
本試験
本邦

これらを根拠に、本院は正当化できません

これらの場合の「本」はThisに等しい

本院の「本」は英語のOurの翻訳であることが多い

「本院」に対応するのは「分院」になりますかね。
まぁ、「本院」を使うのは「医薬文書業界」の慣習のようなものでしょうか。
この業界では「本」ほ使うのが好きです。
本剤
本薬
本件
本試験
本邦
「本邦」を除いて、具体的に何を指しているのか不明瞭なのが、翻訳者にとっては困ります。

おかしな日本語が多いです

例えば、散見される「本院」はおかしい

「当院」でしょ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/64058148

この記事へのトラックバック一覧です: イートモを利用した英訳トレーニング#178 訳例:

« 薬理、薬物動態、毒性に関する対訳文例を収録しました | トップページ | 医薬系翻訳者の3タイプ »

各種リンク

カテゴリー

アンケート