« 今日の昼飯 | トップページ | イートモを利用した英訳トレーニング#215 »

2017年1月11日 (水)

イートモを利用した英訳トレーニング#214 訳例

Iitomoanswer_3

ライフサイエンス辞書に「開鍵」は載っていません。研究者の方がPubMedなどを素材に作成されているようですので、しかたがありません。

治験関係の用語はICHガイドラインを参照してください。

CSRやProtocolを仕事として翻訳するにはイートモが必要になります。

「開鍵」については、他にも英訳のしかたがあるので、イートモで検索してください。

Randomization codesについては、「治験の総括報告書の構成と内容に関するガイドライン」で「割付けコード」となっているのでそのようにしていますが、実際に翻訳依頼される文書では「割付表」や「キーコード」のように記述されていることもあります。クライアントから提供された資料などに準じてケースバイケースで対処してください。

« 今日の昼飯 | トップページ | イートモを利用した英訳トレーニング#215 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/64735452

この記事へのトラックバック一覧です: イートモを利用した英訳トレーニング#214 訳例:

« 今日の昼飯 | トップページ | イートモを利用した英訳トレーニング#215 »

各種リンク

カテゴリー

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アンケート