« 機械翻訳技術を取り巻く最近の動向について | トップページ | MTブーム »

2017年6月 8日 (木)

マシントランスレーション MT

JTF主催 「機械翻訳技術を取り巻く最近の動向について」

セミナーに出席しました。

専門的すぎて理解できません。ちんぷんかんぷん。

おおざっぱな印象ですが、MTの技術が進歩しても、個人的または内輪で使う文書でなければ、人間によるポストエディットが必要なようです。

下図のAdequacyのスケールで、

原文にある「5すべての情報」が訳文に含まれる

と評価される訳文でなければ先日のブログに記載したように、「MT訳文を原文と照合しながら手直しする」ということになると思います。

原文にある「4ほとんどの情報」が訳文に含まれる

ではダメです。結局、原文と照合して見直さなくてはならない。MTを使うメリットは特に医薬系の翻訳で小さいです。

原文と照合してのポストエディットでは「最初から人間が翻訳した場合と労力や時間があまり変わらないのではないか」と思います。MTよりも、ポストエディットを効率化させるツールのほうが、作業時間当たりの収入が上がるから、翻訳会社や翻訳者にとってはメリットになるんじゃないの? MTだろうが支援ツールだろうが、どのように儲けに結び付けるかが課題です。

「個人的または内輪で使う文書」はMTで処理されるが、それ以外はこれまでと同様、翻訳業界に依頼されると予想していますが、どうでしょう。

Mt

« 機械翻訳技術を取り巻く最近の動向について | トップページ | MTブーム »

コメント

こんにちは

原文との照合をともなうポストエディットが必要なうちはMTを使う価値はない、というのが私の考えです。

大阪ではまたよろしくね。

>MTよりも、ポストエディットを効率化させるツールのほうが、作業時間当たりの収入が上がるから、翻訳会社や翻訳者にとってはメリットになるんじゃないの?

いいことおっしゃいますね!

7/10のJTF関西セミナーでお待ちしております♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/65383188

この記事へのトラックバック一覧です: マシントランスレーション MT:

« 機械翻訳技術を取り巻く最近の動向について | トップページ | MTブーム »

各種リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アンケート