« イートモを利用した英訳トレーニング#279 | トップページ | イートモを利用した英訳トレーニング#279 【訳例】 »

2017年6月13日 (火)

翻訳支援ツールと医学翻訳のセミナー

日本翻訳連盟の翻訳支援ツール説明会が渋谷で開催されます。

https://www.jtf.jp/tools/index_t.do?fn=search

私なんか聞いてもちんぷんかんぷんでしょうけど、敬遠しているとますますわからなくなるし、どうしたものか。

それにしてもいろいろな翻訳支援ツールが登場して、何がいいのかさっぱりわかりません。混乱状態です。前にも書いたけど、「過去の翻訳資産」には大量の不良資産が含まれているのに、みなさん、どうしても「過去の翻訳資産」を使いたいようです。

Honyakushisan

それと、先生のおひとりがイートモを購入してくださったアイエム翻訳サービス(株)の「医薬翻訳セミナー」も開催されます。

https://www.im-ts.com/blank-3

東京と大阪で開催されるようです。医薬系の翻訳の大切なところを教えてくれるようです。

すごく長時間のセミナーなので、私のスタミナがもたないんじゃないかと思って、迷っています。

最近は翻訳支援ツールの使い方は勉強しなくてはいけないし、翻訳セミナーも多いし、翻訳仕事をやる時間も遊ぶ時間もくなりますね。医薬系の翻訳講座も多くて、勉強する環境は非常に整っています。私が医学翻訳を始めた30年前にはそのような機会はまったくありませんでした。その分、翻訳仕事をすることに集中できたとも言えます。余計なお世話だけど、お勉強ばかりしていると、翻訳仕事で稼ぐ前に人生が終わっちゃうよ!

« イートモを利用した英訳トレーニング#279 | トップページ | イートモを利用した英訳トレーニング#279 【訳例】 »

コメント

難癖つけるっていうのは、どの世界でも非常に醜いですな。資料流用でクレームになるなら、参考にしなかったららしなかったでクレームになるのでしょう。ずいぶん昔の話ですが、レストランの従業員が間違って男子大学生らしい人の頭にソーダか何かをかけてしまいました。するとかけられた人は、「いいすよ。どうせ安物の服ですから」と何もなかったような顔をしていました。私も何かにクレームをつけない主義ですが、これはかっこいいわと思いましたね。その真逆はその真逆です。ところで、マニュアル作成にはTradosが欠かせないそうです。

今は原文の何倍もの資料がわたされるから、翻訳に時間がかかってしかたがない。
資料を読む時間も翻訳料金にカウントしてもらわないとね。

昔、外資系製薬からの英訳依頼で、その企業の本社が作成した英文資料をかなり英訳に流用したら、日本の翻訳窓口から「英語が悪い」とクレームが来たことがあるよ。

自分が参考資料を提供しておいてバカじゃないの!
クレームつけるお客さんなんてのは、訳文をよくしようなんて思っていない。自分が所属している部署内で自分の力を誇示したいだけなんです。翻訳会社や外注の翻訳者に当たり散らす。実力がないから、いずれ消えていきます。レストランで従業員に文句を言うようなヤツと同じ。

医薬系の翻訳業界のレベルなんてこの程度ですよ。あまり無理する必要はない。

Tradosや翻訳支援ツールは、医療機器では役に立つこともありますけどね(マニュアルとかで、型番以外はほとんど変わらないこともある)。
医薬では?ですが。

情報を手軽に入手できるようになったという点については、いい時代だと思いますが、
逆に情報が氾濫しすぎて、情報に踊らされちゃう状態ですよねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/65406068

この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳支援ツールと医学翻訳のセミナー:

« イートモを利用した英訳トレーニング#279 | トップページ | イートモを利用した英訳トレーニング#279 【訳例】 »

各種リンク

カテゴリー

アンケート