« ケアレスミスにご注意ください | トップページ | 九州イヤー »

2017年8月 6日 (日)

「がん」と「癌」

ひらがな表記(またはカタカナ表記)にするか、漢字表記にするか迷うところです。

↓の方も迷っていらっしゃるようです。

http://www.paci-iryo.com/kiso/3386/

イートモでは、とりあえず、↓のICHガイドラインに準じて、「がん原性」または「発がん性」についてはひらがな表記とします。

https://www.pmda.go.jp/int-activities/int-harmony/ich/0051.html

一方、個々の部位の悪性腫瘍については、↓の日本癌学会に準じて「食道癌」のように漢字表記にします。

http://www.jca.gr.jp/

実際の翻訳仕事ではクライアントからの指示や用語集に合わせてください。

あまりこういうことで迷わって時間を使わずに、翻訳作業に入る前に翻訳会社に問い合わせるとか、一言コメントをつけて納品するとかして、翻訳会社にも仕事をさせましょう。

« ケアレスミスにご注意ください | トップページ | 九州イヤー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がん」と「癌」:

« ケアレスミスにご注意ください | トップページ | 九州イヤー »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想