« パスポートを受け取ってきました | トップページ | みなさん MTに必死やな »

2017年9月28日 (木)

おっさん イートモに必死すぎ

このところ、いくつかの翻訳会社様から、直接お会いして、あるいはメールを通じて、医薬系の翻訳仕事をしないかとか、医薬系の翻訳で協業しないかというお話をいただいてます。

とてもありがたいことで、現役のときでしたら、ぜひ手伝わせていただくところですが、私は数年前から翻訳仕事の比率を下げ、今年からは翻訳仕事から完全に手を引きました。

医薬系の翻訳仕事には、多くの若手が入ってきていますし、他の分野から医薬系に参入する人も多くなっています。そこで、医薬系の翻訳仕事はそういう方々に譲って、私は医薬系の翻訳仕事に代わって、イートモ事業に全力で取り組んでいるというわけです。

医学翻訳に特化した対訳資料がなく、私自身が医学翻訳の学習段階からプロの段階にレベルアップし、そのレベルをキープするのにとても大変な思いをしました。翻訳講座や勉強会は増えたけど、医学翻訳全般に応用できるセンテンスベースの対訳資料はいまだにないよね。

イートモがあれば、学習段階からプロのレベルに上がるのが比較的楽になります。楽になると言っても、レベルアップのための独学がやりやすくなるという意味、あるいは仕事に直結する勉強がやりやすくなるという意味ですよ。

医薬系の翻訳者を目指す人並びにすでにプロとして活躍している人に購入していただいてます。特に、すでにプロとして活躍している人の購入が大半を占めることがうれしいです。さすがプロだけあって、医薬系の翻訳仕事を続けていくのに何が必要かをわかっていらっしゃる。すでにマンションを買えるくらいの金をイートモに投入していると思いますが、このような方々の役に立つように、採算度外視でイートモを品質も分量もアップグレードしていきます。

医学翻訳フリーランス用に作られた一定以上の品質と分量のある対訳資料は昔も今もイートモ以外にありません。儲からないし、大変な労力が必要なので、今後も誰も作ろうとしないでしょうから、このおっさんがやっています。

2017092713160000

« パスポートを受け取ってきました | トップページ | みなさん MTに必死やな »

コメント

成田さんでも仕事がないときがあるなら、私では当然ですね。私は若い人からも取っつきやすいタイプだとは思いますが、会ったこともなければ分からないですからね。コーディネータさんが変わって依頼が減るということもありました。成田さんは若い頃に相当働いたと思いますが、不労所得で報われているのは素晴らしいことです。身を引かれたことだし、あとはイートモでしょうな。イートモの作成は楽しそうに感じるのですが、どうなのでしょう。私の経験からすると、個性的なソフト担当者さんもなかなか面白いのではないですか?ともかく、色々とありがとうございます。生活かかっていて大変ですが、いまは待つしかないようです。(*^-^)

私も2年ほど前から1か月くらい翻訳仕事がないことがときどきありました。
私がやらないだけで、小さな仕事が来ており、他の翻訳者がやっていました。
イートモに移行していた時期なので、都合よかったんですけどね。
それにしても、5~10年前と比べると依頼される仕事のボリュームが大きく減りました。
大手の翻訳会社だけが好調なのかもしれません。

大手の翻訳会社では若手のコーディネーターも増えています。
若手のコーディネーターにしてみれば、若手の翻訳者のほうが依頼しやすいというのがあるのかもしれません。
エース翻訳者は若手に移りつつあるのかな。

成田さん、わざわざありがとうございます。翻訳仕事そのものは増えているかもしれませんが、翻訳者も増えているのではないでしょうか。担当者も固定した方がいいので、回してもらえる仕事が少ない状況なのだと思います。他にも、ここのところ少ないと言っている人が何人かいました。翻訳祭を見ても若い人が増えているので、そちらにも回さなければならないでしょう。仕事があるときは重なって一部断念せざるを得ず、ないときは一斉にないと感じます。短納期化になって分担作業も多くなりました。あとで整合性を取るのは大変だと思いますが、納期は短くなっても長くなることはないでしょうな。

田中さん こんにちは

2週間も完全に空くというのは厳しいですね。

今は翻訳業界の状況がよくわからないのですが、受注がどうなっているのかを業績を発表している翻訳センターのデータを調べてみました。

平成30年3月期第1四半期(平成29年4月1日~平成29年6月30日)の業績によると、

「医薬分野では、外資製薬会社との安定した取引に加え、国内製薬会社や医療機器関連企業における受注拡大により、売上高は前年同期比10.4%増の643百万円となりました。」

らしいです。
3カ月で6.4億円というのはすごい。単純計算で年間約25億円。

少なくとも翻訳センターは景気がいいみたいです。

他の翻訳会社の景気が悪いのか、翻訳者間の競争が激しいのか。

私もさらなるおっさんですが、キャリアは15年過ぎたくらいです。この2週間ほど完全にあいてしまいまして、過去最長です。こんなこともあるのでしょう。ところが、もう手を引いたと言っているにもかかわらず引き合いがあると言うだけで、成田さんの実力が分かります。しかも、このブログをご覧の方はお分かりのとおり、きれい事皆無で現実に即した話題を提供されています。それだけでもイートモの信頼性は非常に高いと判断すべきでしょうな。英訳は難しいですが、できればそれに越したことないに決まっています。英訳を目指す皆様は、出たいセミナーがあっても何回か飛ばしてイートモを購入しましょう。最大限実践に向いていることは間違いありませんから。今年は翻訳祭に行きますが、懇親会だけなのでお会いできるかどうか分かりません。ただ、イートモの宣伝もしておきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/65848302

この記事へのトラックバック一覧です: おっさん イートモに必死すぎ:

« パスポートを受け取ってきました | トップページ | みなさん MTに必死やな »

各種リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アンケート