« JTF関西セミナーにイートモのバナー広告 | トップページ | AIが医学翻訳に導入されると儲かるの? »

2018年1月11日 (木)

イートモの「データをテキストデータで提供して欲しい」

イートモユーザー様の名簿を見ていたら、某イートモユーザー様からのこんなコメントに目がとまりました。

Comment_2

2010年にいただいたコメントです。当時は、イートモ1.0からイートモ4までは某ソフトウエア会社に依頼して、ファイルメーカーをベースに作られていました。イートモ5シリーズからはエクセルをベースとしたものになり、別のプログラマーさんにお願いしています。

http://i-honyaku.life.coocan.jp/iitomosite/version_list.htm

Filemaker

確かに、イートモ1.0からイートモ4までは高いシステム制作費がかかったのに、非常に操作性の悪いイートモでした。

認めます。

ひどすぎるので、イートモ購入者のみなさんに返金して、イートモ事業を止めようかと考えたほどです。

イートモ1.0からイートモ4まではご不便をおかけしました。

ただ、「データをテキストデータで提供して欲しい」ということに関しては、現在の価格と契約ではまったく応じることはできません。

対訳データをテキストデータとして販売することは、現在のところ考えていませんが、実際に販売するとなれば、価格は1名あたり数百万円レベルになり、厳格な機密保持契約を結ぶことになると思います。

コンテンツの価値を軽く見ないでもらいたい。

« JTF関西セミナーにイートモのバナー広告 | トップページ | AIが医学翻訳に導入されると儲かるの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イートモの「データをテキストデータで提供して欲しい」:

« JTF関西セミナーにイートモのバナー広告 | トップページ | AIが医学翻訳に導入されると儲かるの? »

フォト

医学翻訳の友

  • 5月10日現在の収録対訳件数
    41,442件(イートモ6.2から566件の増加)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想