« 稀勢の里 復活してくれ | トップページ | 検査日 »

2018年2月12日 (月)

専門用語の表記も変わる

おはようございます。

天気はいいけど寒いので、Medical Translator NARITAは渋谷デスクに行かずに柿の木坂オフィスで作業です。

朝からバリバリやっています。

さて、遺伝子のように最先端の分野では専門家の間でも用語の統一がなされていないようです。

http://www.congre.co.jp/gene/ws2013/gene_ws9_02.pdf

イートモとしては、専門用語の表記の変化に応じて逐次変更していきます。

「無作為化」もすべて「ランダム化」に変更しました。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-4760-2.html

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-bf2d.html

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/pmda-29bc.html

イートモのコンテンツは常に変わっています。

Gene

専門家でさえ迷っているのですから、医学翻訳者は迷う必要なしです。クライアントからの指定通りにやるだけです。

遺伝子分野と言っても、医学翻訳ビジネスにとってメインとなる文書は遺伝子応用医薬品の有効性と安全性の評価になりますから、緒言や考察などで使われる用語が変わる程度で、本体の翻訳のしかたはこれまでと変わりません。

« 稀勢の里 復活してくれ | トップページ | 検査日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/66384633

この記事へのトラックバック一覧です: 専門用語の表記も変わる:

« 稀勢の里 復活してくれ | トップページ | 検査日 »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想