« 床屋に行ってきた | トップページ | 整形外科と皮膚科 »

2018年2月17日 (土)

"prescribe" 「処方する」

羽生君、金メダル、すごいね。精神力が強い!

 

さて、"prescribe" 「処方する」

 

医学翻訳をやっていれば誰でも知っている用語です。

 

和訳では、前後の文脈から判断すれば訳出に迷うことはないでしょう。

 

問題は英訳のとき、その前後の記述をどうするか、です。

 

一般的に以下のように説明されています(プログレッシブ英和)。

 

Sampleshoho1

イートモの一例を提示します。

 



"薬剤 is prescribed to (for) 患者(病気)"の構図です。

 

おそらくこれが正しいのでしょう。

 

でも、以下のライフサイエンス辞書コーパスのように、"患者 are prescribed 薬剤"の構図も多くみられます。

 

Sampleshoho3

グーグル様で"were prescribed"を検索すれば、上記と同じ記述があります。

 

イートモにも同様の用例があります。

 



どちらが正しいかを議論するのは言語学者に任せるとして、

 

医薬系の外注英訳者としては、和文原稿の情報が誤解なく伝わるように記述すればいいんじゃないかと。翻訳料金分の仕事をすれば十分。

 

迷ったら、・・・・

 

いつもMedical Translator NARITAが書いているように、クライアントからの参考資料やウェブサイトの記述のしかたに合わせる。

 

それとも、pharmacokineticsに限らず、どちらでもいい場合、そんなことに迷って時間を使わずに翻訳会社にどのように対処するか判断させよう。

 

翻訳会社は受注額の半分を抜いているんだから、翻訳会社の品質管理担当に判断してもらうか、製薬会社に問い合わせてもらいましょう。「翻訳者に任せますよ。テキトーにやってください。」なんて言ってくる翻訳会社は、品質管理担当を置いていない単なる翻訳ブローカーだ。

 

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-d8dc.html

 

品質管理 クオリティーコントロール QC キューシー 休止 急死

 

偉そうな名前を付けやがって、

 

数値や訳抜けのチェックは「校正」って言うんだよ。

 

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-161b.html

« 床屋に行ってきた | トップページ | 整形外科と皮膚科 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "prescribe" 「処方する」:

« 床屋に行ってきた | トップページ | 整形外科と皮膚科 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想