« イートレ#38 【疫学調査/有病率/基づき/罹患している/推定される】 | トップページ | "intolerant of"と"intolerant to" »

2018年3月 1日 (木)

3月はぼちぼちまいります

久しぶりのブログ投稿です。

実は右肘が痛くて、あちこちで診察を受けていたのです。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-4f50.html

整形外科を2カ所受診しましたが、状態はかなり悪いようです。

回復は見込めないとのこと。

ステロイドの注射をすれば良くなるかもしれないということで、今日は知人の紹介で3件目の整形外科を受診してきました。総合病院内の整形外科です。

Seikeigeka_2

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/12/1214402A9049.html

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/24/2454402A3033.html

麻酔薬とステロイドの混液が腱鞘内に注射されました。

Chusha_3

ドクターに「かなり痛いですよ」と脅かされたけど、それほどでもなかった。

ちょっと恥ずかしい病気の治療のほうがはるかに痛かったよ(^^;

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-bbd7.html

少し良くなった気がするけど、この注射でも根治には至らないようです。

もう回復することはないので、右肘への負担を最小限にし、悪化しないように、だましだましやっていくしかないそうです。

交通事故で左腕が不自由になってから35年間。

紙の辞書しかなかった頃は重い辞書を右手で持ち上げて右手で開くという作業は当たり前だったし、重い書類や医学書を持ち歩くことも多かった。左シフト押しながら別のキーを打つのも厳しい。

30年間の翻訳仕事で右腕を酷使しすぎた結果なのでしょう。大事な右腕なのでもっと大切にすべきだった。でも、当時は酷使しなければ生活していけなかった。

今から思えば「生活保護」を受ければよかったのかも。若かったから保護されるのは恥という意識があったんだね。

まぁ、今は酷使しなくても生活できるので、右腕の負担が減るような生活環境を整えて、負担にならない形でイートモプロジェクトを進めていこうと考えています。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-448f.html

これよりも少しペースが遅くなるかもしれませんが、ライフワークとして最後までやり抜きます!

« イートレ#38 【疫学調査/有病率/基づき/罹患している/推定される】 | トップページ | "intolerant of"と"intolerant to" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/66447179

この記事へのトラックバック一覧です: 3月はぼちぼちまいります:

« イートレ#38 【疫学調査/有病率/基づき/罹患している/推定される】 | トップページ | "intolerant of"と"intolerant to" »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想