« 「罹患」もいろいろあるね | トップページ | 日本経済新聞 朝刊 »

2018年3月 1日 (木)

"intolerant of"と"intolerant to"

日本語での「てにをは」のようなものなのかな?



日本人英訳者による一次英訳では、そんなことに神経質にならずに、和文原稿の情報を余すことなくプレーンイングリッシュに起こすだけじゃ。パーフェクトを追い求めなくてよいよい。


専門的な部分は翻訳会社を通じて製薬会社の専門家に問い合わせればよいのだ。

翻訳会社は受注料金の半分抜いているんだから、そのくらいの仕事をしろよ。



「てにをは」はネーティブに任せればよいのだ。

内容も理解せずに上っ面の修正でいいんだら、楽な商売だな。



フリーランス医学英訳者がパーフェクトな作品を作る必要はないし、そんなの無理だ。パーフェクトな作品は翻訳会社や製薬会社が協力して出来上がるものだ。製薬会社や翻訳会社からの要求が厳しすぎる場合は、労働をフリーランス医学英訳者に押し付けて、自分たちが楽をしたいからと思って間違いない。だいたい労働に見合うだけの報酬を貰っていないだろ。


ライフサイエンス辞書のコーパスからの事例。

あとでイートモ用に対訳化・編集しておこう。

英語+日本語の完全対訳となって初めて価値が生まれる。

We did a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre, international trial to assess tolerability and anticancer efficacy of sunitinib, a multitargeted tyrosine kinase inhibitor, in patients with advanced gastrointestinal stromal tumour who were resistant to or intolerant of previous treatment with imatinib.

Patients intolerant of naproxen were switched to a coxib.

This study was designed to provide preliminary evidence for the safety and efficacy of a new anticonvulsant, lamotrigine, in adult patients with bipolar disorder who had been inadequately responsive to or intolerant of prior pharmacotherapy.

After failing posaconazole and being intolerant to amphotericin, he was treated effectively with isavuconazole for over 6 months despite ongoing treatment for relapsed leukemia.

We enrolled patients with ALK-rearranged NSCLC who progressed on or were intolerant to crizotinib.

Patients were eligible if they had metastatic colorectal cancer that progressed, were intolerant to first-line chemotherapy, or had disease recurrence within 1 year of adjuvant therapy for early-stage disease.

« 「罹患」もいろいろあるね | トップページ | 日本経済新聞 朝刊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600303/66447895

この記事へのトラックバック一覧です: "intolerant of"と"intolerant to":

« 「罹患」もいろいろあるね | トップページ | 日本経済新聞 朝刊 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想