« 大阪に行ってきたよ | トップページ | トラドス用にイートモ対訳を変換できるか »

2018年3月 7日 (水)

『イートモを実際に使ってみた』

ワナビー(wannabe)医学英訳者のみなさん

医薬系で頻繁に英訳の仕事依頼される文書を素材にして、個々の専門的または準専門的な表現をイートモで実際に検索してみた事例を紹介しようかなと計画しています。

題して

『イートモを実際に使ってみた』

そのまんまやんw。

ウェブ上に公開されている次の文書を素材にします。

http://www.clinicaltrials.jp/user/display/file/%E7%B7%8F%E6%8B%AC%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E6%A6%82%E8%A6%81E3810-461.pdf?fileId=213

エーザイの治験総括報告書。

CSR。

この略語を知らなかったらやばいっすよ。医薬系英訳はあきらめて、別の仕事を探したほうがいいよ。マジで。

医学翻訳だからと、基礎を勉強しようと一般向けの医学書を読む人がいるけど、そんなの無駄だよ。というのは、一般向けの医学書の英訳が依頼されることはまずないからw。

まぁ、話を戻すけど、CSRは医学翻訳ビジネスのど真ん中の1つです。

ど真ん中の文書を調査することが医薬系英訳で稼ぐことにつながります。

医薬系英訳で稼ぎたかったら、ど真ん中の文書を徹底的に調査することです。

当たり前なのに、わかっていないワナビー医学英訳者が多いな。

『イートモを実際に使ってみた』結果は、例えば、次のようになるでしょう。

【ダウンロードリンク削除】

じっくり読み込むだけでも、かなりの知識が得られます。

イートモを持っている方はトレーニングモードで実際に英訳してみてくださいね。こつこつ続ければかなりの英訳力アップになるはずです。

全体がいつ完成するのかわかりません。

今年中になんとかってところです。

テキトーなおっさんの単なる思いつきだから、期待しないでね。

« 大阪に行ってきたよ | トップページ | トラドス用にイートモ対訳を変換できるか »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想