« [fed]をイートモ6.1で検索してみた | トップページ | 『イートモ6.1で実際に検索してみた』 »

2018年7月23日 (月)

[有効性解析]をイートモ6.1で検索してみた

医薬系の英訳者にとって、「有効性解析」という用語は当たり前すぎて、いちいち調べようとも思わないほどです。

でも、ライフサイエンス辞書で検索したら、載ってない!

Sampleyukosei1

「有効性解析」ってライフサイエンス系の用語じゃないの?

そこで、すぐ右の英辞郎をチェック。

Sampleyukosei2

載ってはいるけど、availability analysisってなんなんだよ。

こんな言葉、見たことないよ(^^;

「有効性解析」って治験という狭い範囲で使われる業界用語ってこと?

[有効性解析]をイートモ検索してみました。

【ダウンロードリンク削除】

[有効性]でイートモ検索すると、膨大な数の対訳が出てくるので、ここでは載せません。

結論:このような専門的または準専門的な用語や表現を使えるかどうかがプロと非プロの分かれ目ってことです。

語法や辞書がどうのこうのと学者じゃあるまいし。

検定や資格がどうのこうのと学生じゃあるまいし。

職業翻訳者は稼いでなんぼじゃ。

遠回りしていないで、早く実戦デビューしてくださいよ!

« [fed]をイートモ6.1で検索してみた | トップページ | 『イートモ6.1で実際に検索してみた』 »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想