« Google Chromeに変えた | トップページ | Orphan drug »

2018年10月13日 (土)

最前線ははるか先

コングレ・グローバルコミュニケーションズ様も、

CGCAT

という機械翻訳MTをすでに販売しているんですね。

https://www.congre-gc.co.jp/cgcat/advantage.html

ニューラルMTと翻訳支援ツールの組み合わせ。

翻訳センター様は

compath

というMT+翻訳支援ツールを販売しているのは知っていたけど。

https://www.honyakuctr.com/compath/

使い方を見ると、とても似ているので、共通のシステムを使っているのかな?

翻訳祭イン関西に出展する翻訳業界のメジャーな企業は、ほとんどがニューラルMTに関与しているということです。

ニューラルMT+翻訳支援ツールの組み合わせで翻訳サービスを提供するという流れになっているようです。

問題は医薬系英訳にどの程度取り入れられているか、今後普及するかです。

最前線はこういうレベルに来ているのに、

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-07d1.html

こんなのを読んでいるようじゃ、3周くらい遅れているんじゃね。

 

イートモも、MT時代に備えて、

●英文と和文の対応を確認すること、

MTに乗りやすいように改修すること、

をテーマに見直すとともに、さらなる増量を行ってまいります。

« Google Chromeに変えた | トップページ | Orphan drug »

フォト

イートモ

  • 10月22日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想