« みんなの自動翻訳とMemsourceを試しています | トップページ | 11月もよろしくお願いします »

2018年10月31日 (水)

トランスマートのトランスゲート

フリーランス医学翻訳者のみなさん、おはようございます。

Medical Translator NARITAです。

さて、最近、機械翻訳に興味を持っているMedical Translator NARITAですが、みんなの自動翻訳+メムソースに続いて、次はトランスマートが運営しているトランスゲートを試用しています。

https://jp.trans-mart.net/translators/transgate_translator/

トランスゲートはMTにGoogle翻訳を使っているようです。

トランスゲートにも翻訳メモリを組み込む機能があって、イートモ対訳を組み込むことができました。csv形式にしないといけないようです。

メカがまるでダメ男のMedical Translator NARITAでも組み込むことができましたが、利用のしかたがメムソースよりもいまいちわかりにくいです。

対訳の表示のされ方は以下のとおりです。

メムソース版

Mt1030

トランスゲート版

Mt1031transgate_2

メムソース版

Mt10301

トランスゲート版

Mt10311transgate

もうしばらく試用してみます。

どちらもクラウド上で翻訳や修正が行われているのかな?

翻訳結果や翻訳メモリのデータが機械翻訳に吸い上げられるのかどうかを確認してから、本格的に利用しようかと。

当面はお試しだけ。

おっと、Medical Translator NARITAは翻訳仕事から引退したので、どちらのツールも使う必要はないんだ。忘れてた。w

まぁ、、、、

PDICやEBwin4のような辞書検索ソフトにイートモ対訳データを組み込むことはできるし、

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/pdicebwin4-a2b8.html

メムソースやトランスゲートのような翻訳支援ツールにもイートモ対訳データを翻訳メモリとして組み込むこともできるし(おそらくトラドスなどにも翻訳メモリとして組み込めるでしょう)、

機械翻訳の対訳コーパスとしても利用することもできる。

もちろん、イートモオリジナルシステム内で検索や翻訳トレーニングに利用することもできる。

そんなこんなを確認できたので、もう少しMTやCATで遊んだら、もうそれ以上は踏み込まなくてもいいかなと思います。

« みんなの自動翻訳とMemsourceを試しています | トップページ | 11月もよろしくお願いします »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みんなの自動翻訳とMemsourceを試しています | トップページ | 11月もよろしくお願いします »

フォト

イートモ

  • 10月22日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想