« イートモの粗探し | トップページ | 今後の医薬翻訳業界はどうなるの? »

2018年11月11日 (日)

機械翻訳の粗探し

抗炎症薬の安全性概要の和訳、続きます。

 

みんなの自動翻訳

Mt11111

概ね良い出来です。

このくらいシンプルな英文構造だとMTが力を発揮するようです。

 

Nor were there marked differences between the studies.

the studiesは、その上のセンテンス・・・

Demographic characteristics in the low back pain studies were not markedly different between the aspirin group (100-200 mg BID) and the acetylsalicylic acid or placebo group.

the low back pain studiesを指していると思います。the studiesが何を指しているのかを読み取って、然るべく和訳するには人間による読解が必要になるのでしょう。

 

治験関係の文書でstudyを研究と和訳することはまれなので、カスタマイズすれば改善するのかな?

 

Google翻訳

Mt11111transgate


みんなの自動翻訳と同程度の出来でした。

冠詞については、やはり人間による読解と然るべき訳出が必要なのでしょう。

 

ただ、

Demographic characteristics

の訳が

「人口統計学的特徴」となっていたり、「人口学的特徴」となっていたり。これはどういうことなのだろう。

« イートモの粗探し | トップページ | 今後の医薬翻訳業界はどうなるの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イートモの粗探し | トップページ | 今後の医薬翻訳業界はどうなるの? »

フォト

イートモ

  • 10月22日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想