« 機械翻訳の粗探し | トップページ | 機械翻訳の粗探し »

2018年11月 7日 (水)

機械翻訳の粗探し

今度こそ、MTが使い物になるんじゃないかと、少しだけ期待しているMedical Translator NARITAです。

 

みんなの自動翻訳

Mt11071

 
one of the ongoing prophylaxis studies overseas at that time

現在進行中の海外で進行中の予防試験の一つである

 

NICTさん、この程度のおふざけにはもう慣れましたよ。

でもね、

 

serious cardiovascular events with aspirin

アスピリンによる重篤な心血管イベント

 

この文脈でwithを「による」と和訳するのは超まずいっすよ。

医薬系の文書で薬剤等とeventの因果関係があるかどうか、つまり、そのeventが薬剤等が原因であるのか、それとも薬剤等の使用時にたまたま起こったものなのか、を区別するのは非常に大切。

医薬系翻訳者にとって基本中の基本。

このことの認識がなかったら、プロの医薬系翻訳者には絶対になれない。

製薬会社にとって最もセンシティブな部分です。会社の存立にかかわる部分ですよ。

某外資系製薬がサポートについているんだから、関連する対訳コーパスは十分に組み込まれているはずなんだけど、違うの?

http://h-bank.nict.go.jp/seminars/index.html

対訳コーパスの質がよっぽど悪いのか?

医薬系翻訳から引退したMedical Translator NARITAにはどうでもいいことだけどさ。

 

Google翻訳

Mt11071transgate

他にも問題があるけど、

やはり、

 

アスピリンによる重大な心血管事象

 

PEが修正入れなかったら、社会的問題になるし、研究開発が一旦止まりますよ

« 機械翻訳の粗探し | トップページ | 機械翻訳の粗探し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 機械翻訳の粗探し | トップページ | 機械翻訳の粗探し »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想