« 「術後」 | トップページ | 機械翻訳の粗探し »

2018年11月 2日 (金)

機械翻訳の粗探し

MT和訳の検証、、、、

材料は例によって抗炎症薬の安全性概要です。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/memsource-0b16.html

みんなの自動翻訳(メムソース版)

Mt11021_2

一見、よく和訳されているように見えるけど、致命的なエラーが2つ。

「platelet, kidney, and others,」が訳抜け

「薬物反応を誘発する」というどこから持ってきたのかわからないけど、原文にない情報が加わっている

こういうのが一番困る。

医薬の知識はあるけど、自信過剰で、訳出を手抜きする翻訳者って感じ。いるよね。

対訳コーパスに問題があるのかな?

 

 
一方、Google翻訳(トランスゲート版)

Mt11021transgate

和訳に多少のぎこちなさがあるけど、英文原稿の情報がしっかり和文に反映されています。

このレベルの和訳が安定的に出力されるなら、ポストエデットして納品につなげられます。

« 「術後」 | トップページ | 機械翻訳の粗探し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「術後」 | トップページ | 機械翻訳の粗探し »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想