« "Caution"にどう続けるか | トップページ | excreted 排泄 »

2018年12月24日 (月)

久しぶりに機械翻訳にかけてみた

先ほどの英文を機械翻訳にかけてみました。

ざっとみたところ、どちらもよくできているけど、Google翻訳の和訳のほうがちょっと上のような気がします。まぁ、このレベル以下の翻訳者は必要なくなるということかな。厳しいね。

 

■英文原稿

Caution is advised in patients with depression, seizure disorders, or   liver problems.
Caution is advised when   bisphosphonates are administered with aminoglycosides.
Caution is advised when coadministering Drug A with other CYP2C9   inhibitors.
Caution is indicated when Drug A is   used with other potentially nephrotoxic drugs.
Caution is needed in the interpretation of the efficacy results in   this small dataset.
Caution is recommended in patients   with preexisting kidney disease.
Caution must be exercised with every Drug A infusion, as there were   patients who experienced their first severe reaction during later infusions.
Caution should be exercised if   alcohol is taken in combination with Drug A, due to a possible additive   sedative effect.
Caution should be exercised in patients with compromised renal function   and a history of liver disease.
Caution should be exercised when   considering the use of Drug A in patients with a history of recurrent   infection.
Caution should be exercised when herbal medicines are taken   concomitantly with Drug A.
Caution should be exercised when   using agents that are known to impair renal function.
Caution should be exercised when using these drugs together.
Caution should be observed with   administration of Drug A to elderly patients in any situation or physical   condition where risk of hemorrhage is present.
Caution should be used in administering Drug A to patients with a   history of seizure or to patients receiving concomitant medication that may   lower the seizure threshold.
Caution should be used when   considering the use of other CYP3A4 inhibitors with Drug A.
Caution should clearly be used in administering oral hormone therapy   to women with preexisting hypertriglyceridemia.
Caution(s) in Use
Caution: habit-forming
Caution: Use only as directed by a   physician.
Caution: Use only pursuant to the prescription of a physician, etc.
Caution: Use only pursuant to the   prescription or directions of a physician, etc.
Cautions must be exercised for possible onset of CNS adverse events due   to these drugs.

 

●Google翻訳による和訳

うつ病、発作性疾患、または肝障害のある患者には注意が必要です。
ビスフォスフォネートをアミノグリコシドと一緒に投与する場合には注意が必要です。
A薬を他のCYP2C9阻害薬と併用投与する場合は注意が必要です。
薬物Aを他の腎毒性の可能性のある薬物と併用した場合には注意が必要です。
この小さなデータセットにおける有効性の結果の解釈には注意が必要です。
腎臓病の既往のある患者には注意が必要です。
後の注入中に最初の重度の反応を経験した患者がいたため、薬物Aの注入ごとに注意を払う必要があります。
アルコールを薬物Aと組み合わせて服用する場合は、相加的な鎮静作用があるため注意が必要です。
腎機能が低下し、肝疾患の既往歴がある患者には注意が必要です。
再発性感染症の既往歴のある患者に薬物Aの使用を検討する際には注意が必要です。
漢方薬をDrug Aと同時に服用する場合は注意が必要です。
腎機能を損なうことが知られている薬剤を使用するときは注意が必要です。
これらの薬を一緒に使用するときには注意が必要です。
出血の危険性が存在するあらゆる状況または体調の高齢患者への薬剤Aの投与には注意が必要です。
発作の既往歴のある患者または発作の閾値を低下させる可能性のある併用薬を服用している患者に薬物Aを投与する際には注意が必要です。
他のCYP3A4阻害剤とDrug Aの併用を検討する際には注意が必要です。
高トリグリセリド血症の既往のある女性に経口ホルモン療法を施す際には、注意を払うべきです。
使用上の注意
注意:習慣形成
注意:医師の指示に従って使用してください。
注意:医師の処方箋等に従って使用してください。
注意:医師の処方箋または指示などに従ってのみ使用してください。
これらの薬物による中枢神経系有害事象の可能性のある発症に対して注意を払わなければならない。

 

●みんなの自動翻訳による和訳

うつ病、発作性疾患、または肝臓の問題を有する患者には注意が払われるべきである。
ビスフォスフォネート剤をアミノ配糖体系で投与する場合には注意が必要である。
A剤を他のCYP2C9阻害薬と併用する場合には注意が必要である。
他の腎毒性薬物とともに薬剤Aを使用した場合には注意が必要である。
この小さなデータセットでの有効性結果の解釈には、注意が必要である。
既存の腎疾患を有する患者には注意が推奨される。
薬剤Aの輸液には、初回の重篤な反応を経験した患者がいたので注意が必要である。
薬Aと併用してアルコールを摂取する場合は、鎮静作用の可能性があるので、注意が必要である。
腎機能障害のある患者及び肝疾患の既往歴がある患者には注意すること。
再発感染歴のある患者にA剤を使用する場合には注意すること。
A剤と併用する場合は注意が必要であるが、腎機能を損なうことが知られている薬剤を使用する場合には注意すること。
これらの薬剤を併用する場合は注意が必要である。
高齢者には、出血の危険性がある場合には、A剤を投与すること。
痙攣発作の既往がある患者、または痙攣発作閾値を低下させる併用薬を投与されている患者には、薬剤Aを投与する際には注意が必要である。
他のCYP3A4阻害剤の使用を検討する際には注意が必要であるが、既存の高トリグリセリド血症を有する女性に対しては、経口ホルモン療法の投与には注意が必要である。
注意事項:居住習慣の注意:医師の指示に従って使用すること。
注意:医師等の処方せんに従って使用すること。
注意:医師等の処方せん又は指示に従って使用すること。
これらの薬剤による中枢神経系有害事象の発現に対しては注意が必要である。

 

●みんなの自動翻訳による和訳をみんなの自動翻訳で英訳したもの

Care should be taken for patients with depression, paroxysmal disease, or liver problems.
Caution should be exercised when administering bisphosphonates to aminoglycoside.
Caution should be exercised when drug A is used in combination with other CYP2C inhibitors of 2 9.
Caution should be exercised when drug A is used with other nephrotoxic drugs.
The interpretation of effectiveness results in this small data set requires attention.
Care is recommended for patients with preexisting renal disease.
It should be noted that the infusion of Drug A had experienced a patient who had experienced an initial serious reaction.
Caution should be exercised when taking alcohol in combination with drug A, because of its potential sedative effect.
Caution should be exercised for patients with impaired renal function and patients with a history of liver disease.
Caution should be exercised when drug A is used in patients who have had a history of recurrent infection.
Caution should be exercised when using this drug in combination with drug A, but caution should be exercised when using a drug that is known to impair renal function.
Caution should be exercised when using these drugs in combination.
In the elderly, A drug should be administered when there is a risk of bleeding.
Patients who have a history of seizure, or who are receiving concomitant medications that reduce seizure thresholds, should be cautioned when administering drug A.
Caution is needed when considering the use of other CYP2A4 inhibitors, but for women with preexisting hypertriglyceridemia, attention should be paid to the administration of oral hormone therapy for 3 patients.
Note : Precautions for habitation habits should be used in accordance with the instructions of the physician.
Caution : Use it according to the prescription of doctors etc.
Caution : Use the drug in accordance with the prescription or instructions given by the doctor.
It is necessary to be careful for the expression of the central nervous system adverse event by these drugs.

« "Caution"にどう続けるか | トップページ | excreted 排泄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "Caution"にどう続けるか | トップページ | excreted 排泄 »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想