« 「医薬翻訳十箇条」。 | トップページ | イートモがダウンロードされる場所 »

2019年1月30日 (水)

ロゼッタと第一三共、AI翻訳の共同開発を開始

ロゼッタと第一三共、AI翻訳の共同開発を開始
~ 製薬業界におけるグローバル事業展開を促進 ~

株式会社ロゼッタ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:五石順一、東証マザーズ:6182、以下、ロゼッタ)は、第一三共株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:眞鍋淳、東証第1部:4568、以下、第一三共)との間で、国内製薬会社では初となる、自社業務に最適化されたAI翻訳の共同開発を開始することについて合意をいたしました。

https://www.rozetta.jp/download/2019012901.pdf

 

2018年にはグラクソスミスクラインとの共同開発を発表しているし、ロゼッタ様、攻めています。

https://www.rozetta.jp/download/2018080301.pdf

 

一方、NICTはアストラゼネカと共同開発。

http://h-bank.nict.go.jp/seminars/index.html

Medical Translator NARITAはこのセミナーに行ってみます。

 

ここまできたら、医薬系も機械翻訳から離れるわけにはいかないでしょう。

でも、機械翻訳に前のめりになっているのは、大手の翻訳会社だけのような気もします。

肝心の医薬系翻訳者は消極的な印象です。

Medical Translator NARITAなんかは機械翻訳だろうが、人手翻訳だろうが、儲かればいいという奴でしたが、医薬系翻訳者の中には職人というか、訳文をじっくり作り上げたいという人が多いから、今後、どうなりますか。フォローしていきたいと思います。

« 「医薬翻訳十箇条」。 | トップページ | イートモがダウンロードされる場所 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「医薬翻訳十箇条」。 | トップページ | イートモがダウンロードされる場所 »

フォト

イートモ

  • 10月22日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想