« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

2月もありがとうございました

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

2月も医学翻訳ブログのご訪問、ありがとうございました。
 

お医者さんや
ナイスケアのホームヘルパーさん、訪問看護婦のみなさんに支えられて、
Medical Translator NARITAはイートモ対訳の見直しに専念することができました。


また、イートモ6.2の発売以来、イートモにしてはかなり多くのご注文をいただいています。
事務処理が面倒と思うこともありますが、
やる気がわいてくるというものです。
 

ポメラニアンのゆきちゃん。
15歳を超えたというのに、まだ元気です。
人の年齢にして80~90歳でしょうか。

 

2019年2月27日 (水)

製薬業界のホワイト企業ですとw

健康経営優良法人(通称・ホワイト500)」制度というのがあるようです。

 

●塩野義製薬

生活習慣病にならないように指導します。

禁煙を支援します。

 

●テルモ

がん検診を受診するように支援します。

 

●田辺三菱製薬

健康データをとりますからウェアラブルデバイスを装着してください。

 

●ロート製薬

スニーカーとリュックで通勤しましょう。

食事改善をマンツーマンで指導します。

 

邪魔くせーー!

余計なお世話だ。

健康管理なんか自分でやるから、その分、給料上げてくれっていいたいね。

 

Salaryman1

今の製薬会社はこういう社員向けサービス(福利厚生って言うの?)が充実していないとダメなのかな?

定年退職して、福利厚生という会社による管理を受けられなくなると、一気に不健康になりそう。

Medical Translator NARITAと同じ年齢のサラリーマンは定年退職でしょうから、ご注意ください。

2019年2月26日 (火)

SNS拡散

日本全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

たまーにですが、イートモを購入済なのに、再びイートモの注文をされる方がいらっしゃいます。

イートモユーザー様には

●イートモ最新データを更新したとき

●イートモの最新版が出たとき

にご案内メールを差し上げています。

これらのメールが届いていればイートモユーザー様です。

イートモユーザー様は以下の事項をご確認ください。

 

【問い合わせ】

 イートモを購入後、バージョンアップごとに追加の費用はかかるのですか?

【回答】

内容の修正および対訳の増量にともない、半年~1年毎にバージョンアップしています。
バージョンアップは永久的に無料です。つまり、初回購入時以外は完全無料です。追加料金は発生しません。
エクセルが利用可能な間は、エクセルマクロを利用した現在のイートモのスタイルで提供します。
ただし、もしエクセルが廃止になったら、イートモを別のスタイルで新規開発せざるを得ません。新規スタイルのイートモを開発するには大きな費用がかかると思いますが、イートモユーザー様にはなるべく追加料金が発生しないようにします。

 

また、たまーにですが、アップグレードのたびに無料で使わせてもらうのは悪いので料金を支払いたいと申される奇特な方がいらっしゃいます。大変ありがたいです。でも、イートモプロジェクトに必要な費用と生活費は別の事業からの収入でまかなっているので、今のところ大丈夫です。w

医薬系翻訳の仕事をしている人やプロを目指して勉強している人の間でも、イートモの存在を知らない人がすごく多いので、イートモプロジェクトを応援していただけるのであれば、SNSなどでイートモについて広めてくださればうれしいです。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-186f.html

イートモは医学翻訳に必要不可欠の資料と言われるように適度にがんばります。

ではでは。

2019年2月25日 (月)

診察の日

日本全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

Medical Translator NARITAはLDLコレステロール高値、尿酸高値のため、定期的に内科も受診しています。

今日がその日。

去年の年末に受けた胃内視鏡検査で気になる部位が発見されたので、病理検査の結果をききました。ま、特に問題なしとのこと。

血圧は135/88でした。自宅でナイスケアの訪問看護婦さんが測ってくれるよりもちょっと高い。

採血をして、大腸内視鏡検査の予約をしてきました。

胃内視鏡検査は1年に1回、大腸内視鏡検査は3年に1回が基本のようです。

もう前回の検査から3年も経つ。早いね。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-3450.html

60歳になるといろいろガタがきます。

定期的に診察を受けたからとって大病が予防できるかどうかわかりませんし、忙しい人には面倒かもしれません。でも、健康管理に意識が向かうという点でいいかもしれません。

皆さんも無理なさらないように。

2019年2月24日 (日)

副作用の訳出

全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

先ほど紹介したオプジーボの添付文書。

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/pi/10010017/OPD_PI.pdf

おびただしい副作用の種類ですね。

Niboadr

 

Medical Translator NARITAが現役の医学翻訳者の頃はメドラーで1つずつ検索しました。

もっと昔は医薬品副作用用語集という電話帳のようなやつをめくっていました。

https://www.jiho.co.jp/shop/list/detail/tabid/272/catid/9/pdid/21955/Default.aspx

 

機械翻訳と翻訳支援ツールが発達した今は自動的に表示されるようになっているのかな?

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/mt-1c30.html

 

機械翻訳と翻訳支援ツールが一番効果を発揮する部分だから、当然メドラー用語(PT)は登録されていると思いますが、、、

https://www.meddra.org/how-to-use/support-documentation/japanese/

副作用用語の訳出のような単純かつ事務的な作業で機械翻訳+翻訳支援ツールが活躍してくれないと意味ないしな。

 

メドラーPTは毎年変わっているというから(毎回どの程度変わっているかはわからないが)、その都度、機械翻訳と翻訳支援ツールのコンテンツも変わっていなくちゃダメでしょうね。

 

そこで、機械翻訳と翻訳支援ツールのメーカーにたずねたいこと。

●翻訳メモリにメドラー用語が収録されているのか?

●常に最新のデータに更新されるのか?

●機械翻訳+翻訳支援ツールのシステムを購入すれば、メドラー側に会費を払わなくてもよいのか?

 

まぁ、コーディネーターが暇なときに検索するか、トライアルに通ったばかりの翻訳者に安くやらせればいいだけのことではあります。

 

ちなみに、イートモにはメドラー用語は収録されていません。

"melanoma"

日本全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

日曜日も医学翻訳の仕事、お疲れさまです。

 

イートモ対訳の見直しをしているといろいろ気付くことがあります。

今回は"melanoma"。

ライフサイエンス辞書にはメラノーマ,    黒色腫と出ています。

イートモでも「メラノーマ《黒色腫》」と記載すればいいのですが、やや見づらくややなります。

そこで、いつものように、PMDAサイトで調べてみました。

黒色腫のヒットのほうがメラノーマよりも圧倒的に多い。ヒット数が多ければいいというわけではありませんが、指標にはなります。

また、"melanoma"と言えばニボルマブ。商品名オプジーボ。

添付文書を見ると、「悪性黒色腫」が使われています。

https://www.opdivo.jp/drug_info_files/drug_info/opdivo/pi/10010017/OPD_PI.pdf

さらに、ライフサイエンス辞書では、

"malignant melanoma"が 悪性黒色腫 ,    悪性メラノーマ

 

以上を総合的に考慮して、イートモでは、

"melanoma"に対応する訳語として「黒色腫」、英文に"malignant melanoma"と出ている場合には、「悪性黒色腫」、と記載します。

イートモはあくまでも参考資料です。

不良対訳もまだ多いです。

危険! 初心者はご注意ください。

実際の仕事では、いつも言っているように、クライアントからの指示や用語集に従ってください。

 

なお、必要に応じて、イートモの対訳は速攻で変更します。フットワークの軽いのがイートモの良いところ。

"melanoma"を含むイートモ対訳のうち英文の部分を以下に示します。ご参考まで。

例によって、機械翻訳にかけてみるかもしれません。

                                                                                                   
 

英文

 
 

A series of in vitro studies were conducted   with Drug A in combination with Drug B to determine the effect on cell growth   inhibition in a variety of melanoma cell   lines.

 
 

Nodular melanoma   (NM)
  Superficial spreading melanoma (SSM)
  Lentigo maligna melanoma (LMM)
  Acral-lentiginous melanoma (ALM)

 
 

Additionally, Drug A is being studied in   combination with dacarbazine, interleukin-2, and melanoma   peptide vaccines in patients with metastatic melanoma   and with taxotere or GM-CSF in patients with hormone-refractory metastatic   prostate cancer.

 
 

Adjuvant B-Raf protein (BRAF) and/or immune   checkpoint inhibition may positively affect the survival of melanoma patients diagnosed at earlier stages.

 
 

Approximately half of the tumors were from   patients who had died of metastatic malignant melanoma.

 
 

As of January 1, 2017, ongoing clinical   studies include 5 studies in melanoma,   3 studies in colorectal cancer, and 1 study in non-small cell lung   cancer.

 
 

Basal cell carcinoma accounts for approximately   80% of non-melanoma skin cancers.

 
 

BRAFV600E melanoma cell lines that have acquired resistance to BRAF   inhibitors were more sensitive to the combination of Drug A and Drug B than   to Drug B alone.

 
 

Company A is committed to improving outcomes   for advanced melanoma patients.

 
 

Data on the incidence of non-melanoma skin cancer (NMSC) in the U.S. general   population are scarce as incidence rates of NMSC are not maintained in   national cancer registries.

 
 

Drug A did not significantly extend   disease-free survival (DFS) in patients with postsurgical melanoma when compared with a placebo in a phase   III study.

 
 

Drug A is indicated for the treatment of   adult patients with unresectable or metastatic melanoma   with a BRAF V600 mutation.

 
 

Drug A monotherapy has not been compared   with a BRAF inhibitor in a clinical study in patients with BRAF V600   mutation-positive unresectable or metastatic melanoma.

 
 

Drug A should only be used to treat malignant melanoma   with a mutation in the BRAF gene.

 
 

Drug A was approved to treat patients with melanoma that has spread to other parts of the   body or cannot be removed by surgery, whose tumors express a gene mutation   called BRAF V600E.

 
 

Drug A was first approved in the United   States on January 1, 2014, and has since been approved in Japan, for the   treatment of patients with unresectable or metastatic melanoma with a BRAF V600 mutation.

 
 

Fifteen patients with primary malignant melanoma of the vulva and two with   primary malignant melanoma of the vagina   were reviewed.

 
 

Finally, Drug A inhibited tumor   vascularization in a mouse model of melanoma.

 
 

Here, we show that polo-like kinase 1 is   overexpressed in both clinical tissue specimens and cultured human melanoma cells when compared with normal skin   tissues and cultured normal melanocytes, respectively.

 
 

In addition, objective responses were   observed in melanoma and in gastric, colorectal,   and small-cell lung cancers.

 
 

In advanced melanoma,   a patient's LDH level is often predictive of prognosis and may be a predictor   of treatment response.

 
 

In contrast, the combination of Drug A and   Drug B had little additional effect on two BRAF mutant melanoma cell lines.

 
 

In Part B, patients with BRAF-mutation   positive melanoma who had not received   prior treatment with a BRAF small-molecule inhibitor were enrolled in 4   groups in a 3 + 3 design in order to determine the recommended Part C dose of   Drug A administered concomitantly with Drug B.

 
 

In this study, escalating doses of Drug A   are being administered to patients with metastatic melanoma.

 
 

Marketing Authorization Applications were   submitted for Drug A and Drug B combination therapy in patients with BRAF   V600 mutation-positive unresectable or metastatic melanoma.

 
 

Melanoma is a cancerous lesion of skin that accounts   for nearly 75% of all skin cancer-related deaths.

 
 

Melanoma is the most aggressive and dangerous form   of skin cancer.

 
 

Metastatic melanoma   is the most serious and life-threatening type of skin cancer and is   associated with low survival rates.

 
 

Nonclinical findings using Drug A and Drug B   in combination suggest benefits of combination treatment in mitigating BRAF   inhibitor-induced effects in patients with metastatic melanoma.

 
 

Nonclinical pharmacology studies conducted   in vitro have shown that the combination of Drug A and Drug B is synergistic   in BRAF mutant melanoma cell lines that   are sensitive to both single agents.

 
 

Non-melanoma   skin cancers constitute more than one third of all cancers in the United   States.

 
 

patients with BRAF V600 mutation-positive   advanced melanoma

 
 

Patients with histologically-confirmed   cutaneous melanoma that was either   unresectable or metastatic are screened for eligibility.

 
 

Patients with stage III melanoma are generally treated by surgery to   remove the skin lesions and the nearby lymph nodes.

 
 

patients with surgically unresectable malignant melanoma

 
 

Sections from the uveal melanomas were stained using the silver nitrate   stain.

 
 

Subject A reported a Grade 3 melanoma on the forehead on Study Day 100.

 
 

Surgical excision of the lesion was   performed; histopathology confirmed a diagnosis of primary melanoma.

 
 

Ten BRAF mutant melanoma   cell lines were characterized for sensitivity to the combination of Drug A   and Drug B.

 
 

The combination therapy was first approved   in the United States on January 1, 2014 and has since been approved in   Australia, for the treatment of patients with metastatic melanoma with a BRAF V600 mutation.

 
 

The FDA approved Drug A to be used in   combination with Drug B to treat advanced melanoma   that has spread to other parts of the body or cannot be removed by surgery.

 
 

The in vivo effects of Drug A in combination   with Drug B were investigated in a xenograft model of human melanoma in mice.

 
 

The majority of patients studied to date   have had metastatic melanoma.

 
 

The safety and efficacy of Drug A have not   been evaluated in patients whose melanoma   tested negative for the BRAF V600 mutation.

 
 

There are about 200,000 new cases of melanoma diagnosed worldwide each year,   approximately half of which have BRAF mutations, a key target in the   treatment of metastatic melanoma.

 
 

This is a melanocyte-specific gene that has   been identified as a prognostic biomarker of clinical outcome in patients   suffering from melanoma, a cancerous   lesion of skin that accounts for nearly 75% of all skin cancer related   deaths.

 
 

This supplemental new drug application   provides updated information about the risk of melanoma   for patients receiving PUVA therapy.

 
 

We administered Drug A intravenously at a   dose of 10 mg per kilogram of body weight every 2 or 3 weeks in patients with   advanced melanoma, both those who had   received prior treatment with the immune checkpoint inhibitor Drug B and   those who had not.

 
 

While the introduction of BRAF inhibitors   represents a significant advance in the treatment of BRAF V600   mutation-positive metastatic melanoma   patients, limitations of this novel therapy have already been identified.

 

 

2019年2月22日 (金)

イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 37000件 超えた

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の見直しが37000件を超えました。

終わりがちょっと見えてきたかな。

Img_1164

Img_1165

全体の見直しが終わったら、2019年(60歳)から再び対訳の増量に取り組みます。

1日に20件として、月に20件×20日=400件、年に5000件程度の増量になるでしょうか。オーバーワークにならないように、少なく見積もっています。

2020年(61歳) 5000件の増量

2021年(62歳) 5000件の増量

2022年(63歳) 5000件の増量

この時点で、現在の約40000件と合わせて約60000件の対訳をイートモに収録する予定です。

2023年(64歳)には60歳から63歳に増量された新規対訳20000件の見直し(修正と差し替え)を行います。翻訳仕事でも、納品したときには完璧と思っても、時間が経過してから見直すと間違いがたくさん見つかるということがあります。いくら優秀な翻訳者でも一人で最初から完璧な訳文をつくるなんて無理だと思います。イートモでも同じことが言えます。

最低でも60000件の対訳が収録された資料がイートモの完成形と今のところ考えています。

2019年から2022年の間にイートモ制作の協力者あるいは提携パートナーが現れれば、質的にも量的にもより良いものになるかもしれません。

 

2019021315260000

ま、きばらずにマイペースでやります。

 

みなさんも健康第一です。無理のない程度にまいりましょう。

翻訳会社にほだされて、おだてられて、がんばりすぎないように!

フリーランサーですから、当然ながら、体調を崩しても翻訳会社は何の支援もしてくれません。

継続的に仕事をしていると、まるでその翻訳会社の社員になったような感覚になる人もいるかもしれませんが、そういう甘い感覚は超危険です。翻訳料金以上にがんばっても翻訳会社からは何も出ません。「〇〇さんの翻訳は評判いいですよ」というおべんちゃらくらいは出るかもしれませんが。w

1つや2つの零細翻訳会社に依存しないで、医学翻訳業界全体を仕事場にするという意識が必要です。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-151d.html

ネタがないので

日本全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

ばりばり稼いでいますでしょうか?

 

Medical Translator NARITAは、イートモ対訳の見直しの一環としてCTDのイートモ用対訳化と編集を行っています。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/ctd-25ctd-27-5a.html

 

第2回 自動翻訳シンポジウム 〜自動翻訳と翻訳バンク〜

http://h-bank.nict.go.jp/seminars/index.html

などというものに申し込みました。

だいたい想像はつきますが、都合がよければ行ってみようと思います。

あっちこっちで対訳データを提供しろって言っているけど、しつこいんだよ。

苦労して作り上げたものを、どうしてタダで差し出さなくちゃいけないんだ?

 

他にネタがないので、15歳になったワンコのゆきちゃんに登場してもらいます。

2019年2月21日 (木)

FAQ

全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

ぼちぼちのイートモのご注文とご購入、ありがとうございます。

また、たまの問い合わせもありがとうございます。

そんな問い合わせとその回答を以下に示します。

 

【問い合わせ】

イートモを購入後、バージョンアップごとに追加の費用はかかるのですか?

【回答】

内容の修正および対訳の増量にともない、半年~1年毎にバージョンアップしています。
バージョンアップは永久的に無料です。つまり、初回購入時以外は完全無料です。追加料金は発生しません。
エクセルが利用可能な間は、エクセルマクロを利用した現在のイートモのスタイルで提供します。
ただし、もしエクセルが廃止になったら、イートモを別のスタイルで新規開発せざるを得ません。新規スタイルのイートモを開発するには大きな費用がかかると思いますが、イートモユーザー様にはなるべく追加料金が発生しないようにします。

 

【問い合わせ】

Macでイートモを問題なく使えますか?

【回答】

Microsoft Excel2013以降がインストールされてスムーズに動作するWindowsパソコンで使ってください。Macではイートモを使えません。

 

【問い合わせ】

登録されているすべての対訳を表示させることはできますか?

【回答】

例えば、aで検索すれば、ほぼすべての登録されている文章を表示させることはできるかもしれません。試したことはありませんので、パソコンに対する影響などは不明です。個人的に利用する限り、イートモ対訳を自由に使うことはできます。他のツールで利用するときにはユーザー様の責任で行ってください。なりた医学翻訳事務所としては、以下の理由から、他のツールで使用することは推奨しません。
http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/pdicebwin4-a2b8.html

2019年2月19日 (火)

利息がついた

日本全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

銀行の貯金に利息がつきました。

200円ちょっと 😩

これじゃ、しぶそばも食えない!

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-d2a7.html

さすがにひどいんじゃないかと思って、また株式投資しようかなどと考えるわけです。

例えば、翻訳センター株 1万株で、配当金35万円。

(本当に買うのなら、別の銘柄にするけど)

でも、あの株価変動にピリピリするのはきつい。

株式投資は面白いすぎて神経が疲れます。

利息がわずかでも、心の平安が一番。

Tagawa2

 

稼ぐことも大事だけど、年齢的にはいかに上手に金を使って、ハッピーに生活することを考えないといけないかもしれません。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/jal-2961.html

ではでは。

2019年2月17日 (日)

おっさんの日曜日

香川県のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAのおっさんでおます。

 

渋谷のNHKホールまで行ってきました。

Img_1182


Img_1183
 

有名な体育館ですね。

Img_1184_2

 

長良グループという氷川きよしさんとか、グッチゆうぞうさんがいるところのコンサート。

田川さんが近くに来てくれています。

Img_1192
 

きよし君。たいへんだな。ww

Img_1190

 
ま、コンサートが終わったら、飲み食いです。

氷川君ファンのおばちゃんたちで付近の飲食店は満席。

かに道楽で食べようと思ったら、満席。

ちょっと離れた焼き肉屋まで移動しました。

Img_1196
 

そんなこんなでおっさんの日曜は終わるのでした。

Img_1197


隣のおばさんのお口臭かった~。ww

着るものとか、化粧に金かけるんだったら、

口腔衛生にはもっと気を付けましょう。

2019年2月16日 (土)

【Google翻訳】 > 【みんなの自動翻訳】

全国の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

Meishib

 

先日、「~のうちどちらか~のほう」の意味を含むイートモ対訳を紹介しました。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-4fb7.html

 

例によって、ニューラルMTに和訳させてみました。

「機械翻訳はまだダメ」のブログのときには、【Google翻訳】と【みんなの自動翻訳】の間にそれほど大きな差は認められませんでした。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-ad2f.html

 

でも、今回、「~のうちどちらか~のほう」の意味を含む英文を和訳させたところ、大きな差が認められました。

英文の解読というか、文章構成の分析は、【Google翻訳】のほうが【みんなの自動翻訳】よりもはるかに優れている。

 

PEとなれば、【Google翻訳】も【みんなの自動翻訳】も、原文と照合しなくてはならないので、PEにかかる時間と労力はそんなに大きな違いはないかもしれません。

赤字は修正すべき部分を示します(最初の5対訳についての検証結果のみ)。

         
A dose not exceeding 1/100 of   the dose expressing pharmacological effects or a dose of 100 µg/human,   whichever is smaller, is administered once to healthy subjects.

【みんなの自動翻訳】

健康被験者には、薬理学的効果を発現する用量の1/100を超えない用量又は100μg/人の用量が投与され、健康被験者に1回投与される。  

Google翻訳】

薬理学的効果を発現する用量の100分の1またはヒトの100μg/用量のいずれか小さい方の用量を、健康な対象1回投与する。

【イートモ】  

薬理作用発現用量の1/100を超えない用量あるいは100µg/ヒトのうち、どちらか少ないほうの用量を健康被験者に単回投与する

Any subject noted to experience virologic   breakthrough that occurs after Week 12 are required to have HCV RNA testing   within 2 weeks of receipt of the initial HCV RNA   measurement or at the next scheduled visit, whichever is sooner.  

【みんなの自動翻訳】

12週以降に発生するウイルス学的ブレイクスルーを経験した被験者は、HCV RNA検査を受けてから2週間以内に、あるいは次回の予定された来院時にHCV RNA検査を受けることが必要である。

Google翻訳】  

12週後に起こるウイルス学的突破口を経験することが認められたいかなる対象も、最初のHCV RNA測定の受領後2週間以内または次の予定された訪問のどちらか早いほうで、HCV RNA検査を受ける必要がある。

【イートモ】  

12週目以降にウイルスブレークスルーを示したことが確認された被験者は、最初のHCV   RNA測定値を受領してから2週間以内あるいは次の計画来院時のどちらか早いほうの時点にHCV RNAの検査を受けることが求められる 

It is necessary to place the label about 6-8   cm away from the camera or in contact with the front of the camera, whichever   works better.

【みんなの自動翻訳】  

6-8cmのラベルはカメラから離して、カメラの正面と接触させる必要があります

Google翻訳】  

ラベルは、カメラから68   cmほど離して配置するか、カメラの前面に接触させて配置する必要があります

【イートモ】  

ラベルはカメラから約68cm離すか、カメラの前面に接触させて設置させる必要がある(どちらか作業しやすいほう) 

Patients were monitored every 4 weeks until these   levels were achieved, or for 2 years, whichever was the shorter.  

【みんなの自動翻訳】

患者は、これらのレベルが達成されるまで4週間ごとに、または2年間、より短い期間にわたってモニターされた

Google翻訳】

これらのレベルが達成されるまで、または2年間のどちらか短い方の期間、患者を4週間ごとにモニターした

【イートモ】

患者は、これらのレベルが達成されるまで、あるいは2年間のどちらか短いほうの期間にわたって4週毎に経過観察した  
Progression-free survival (PFS) was   calculated from the date of random assignment to the date of first   progression or death, whichever occurred first.  

【みんなの自動翻訳】

無増悪生存期間(PFS)は、最初に進行または死亡の日にランダムに割り付けられた日から、最初に算出された日から算出された

Google翻訳】  

無増悪生存期間(PFS)は、無作為割付けの日から最初の進行または死亡の日のいずれか早いほうから算出した。

【イートモ】  

無増悪生存期間(PFS)は、ランダム割り付けの日付から最初の進行が認められた日又は死亡日のどちらか早いほうまでの期間から算出した

さすがGoogleと言ったところです。

【Google翻訳】の文章構成の分析力はすごい。

もうMTはGoogle翻訳でいいんじゃないかという気もします。

あとは専門的な用語や表現の充実がカギかな。

2019年2月15日 (金)

不動産屋さんからの電話

こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

不動産賃貸事業をしている方ならわかると思いますが、

この時期、

不動産屋さんから電話があると、

アレだなと察しがつきます。

アレです。

特に単身者用の物件についてはこの時期しかたがありません。

リフォームしてメンテナンスができるとプラスに考えることにします。

私の場合、1部屋あたりリフォームに45万円ほどかかるから結構大変です。

Medical Translator NARITAは、東京に出てきたとき、住む場所にはかなり辛い思いをしたので、

私の物件に入る人には、

なるべく安く、かつ快適な生活がおくれるようにしてあげたいなとは思っています。

 

テレビでやっている田舎から東京に出てくる「幸せボンビーガール」とかなんとかを見ていると、いろいろアドバイスをしてあげたいと思うな~。

でも、一度は痛い目に合わないと、東京の厳しさがわからないんだよね。

アマゾン すごい

マウスが壊れたので、

わざわざ渋谷のヤマダ電機にマウスを買いに行ったのに、

実際に使ってみたら、

小さすぎて使いにくい。

これぞ時間と金の無駄。

 

今まで使っていたお気に入りのマウスをアマゾンで探したらすぐに見つかりました。

Mouse

せっかくなので、予備のために2個買ったよ。

配送料はかかるけど、超効率的!

実店舗はショウルームで、

実際に買うのはアマゾンなどのネットショッピングになるのでしょう。

 

でも久しぶりに渋谷駅のしぶそばを食えたからよかった。

冷やしちくわ揚げそばと明太おにぎりを立ち食い。

https://www.shibuyabunka.com/blog.php?id=947

新しくできたGoogle日本が入るという高層ビルの渋谷ストリームの中にオシャレなそば屋が入っていたけど、ちょっとオシャレすぎ。

https://www.suju-masayuki.com/shops/indigo.php

おっさんは似合わない。ww

「~のうちどちらか~のほう」

大阪の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

午後のひと時、いかがおすごしでしょうか。

 

「~のうちどちらか~のほう」関連のイートモ対訳を調べておきました。

例によってニューラルMTにかけてみるかもしれないので、そのときにイートモの和訳を紹介するかもです。

                                   
英文
A   dose not exceeding 1/100 of the dose expressing pharmacological effects or a   dose of 100 µg/human, whichever is smaller, is administered once to healthy subjects.
Any subject noted to experience virologic breakthrough that occurs after   Week 12 are required to have HCV RNA testing within 2 weeks of receipt of the   initial HCV RNA measurement or at the next scheduled visit, whichever is sooner.
It is necessary to place the label   about 6-8 cm away from the camera or in contact with the front of the camera, whichever works better.
Patients were monitored every 4 weeks until these levels were achieved,   or for 2 years, whichever was the shorter.
Progression-free survival (PFS) was   calculated from the date of random assignment to the date of first   progression or death, whichever occurred first.
Sexually transmitted disease medical records other than positive   syphilis tests must be kept 7 years past the last date of service or until   the patient's 21st birthday, whichever comes   later.
The director of the study site shall retain the essential documents to be   archived at the study site until the day specified in 1) or 2) below, whichever is later.
The head of the medical institution   will retain the essential documents to be retained at the medical institution   until the date given in 1) or 2) below, whichever   is later.
The head of the study site must retain study drug disposition records,   copies of CRFs, and source documents for the maximum period required by   applicable regulations and guidelines or for the period specified by the   sponsor, whichever is longer.
The   institutional review board (IRB) organizer will retain the IRB procedure   manual, IRB member list, review documents, notifications from the head of the   institution, records on the IRB meetings, and other similar documents until   the date given in 1) or 2) below, whichever is later.
The investigator must retain all study records and source documents for the   maximum period required by applicable regulations and guidelines or for the   period specified by the sponsor, whichever is   longer.
The investigator must retain study   drug disposition records for the maximum period specified by guidelines or   for the period specified by the sponsor,   whichever is longer.
The organizer of the institutional review   board (IRB) shall retain the written procedures of operating the IRB, the   list of IRB members, review documents, notifications from the director of the   study site, records of IRB meetings, etc. until the day specified in 1) or 2)   below, whichever is later.
This is a period from the date of   patent registration or the first date of the clinical study, whichever is later, to the date   of approval.
Total participation in the study for each subject will be   approximately ten weeks with long-term follow-up lasting until the next   episode of exacerbation or for up to 12 months,   whichever occurs first.
You may be granted a visa valid for   up to 5 years or until your passport expires,   whichever comes first.

 

さて、柿の木坂オフィスのパソコンで使っているマウスが壊れました。渋谷デスクに来ているので、ついでにマウスを買います。

マウスが壊れるくらいだから、肘にもガタがきますよね。

「必須文書」

金沢の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

また金沢に行って寿司を食べて兼六園をぶらつきたいと思っているMedical Translator NARITAです。

Img_0112_2

Img_0116

 

さて、イートモ対訳の見直しでの気付きシリーズ。

「文書は保存するものなのか、保管するものなのか」

こんな根幹にかかわらないこと、Medical Translator NARITAはどっちでもいいべと思うのですが、お金をとってイートモを販売している以上、ちょっと検討してみます。

現役の医学翻訳者さんは忙しいでしょうから、Medical Translator NARITAがやりましょう。

 

「保存すべき必須文書」とは言いますが、「保管すべき必須文書」とは言いません(たぶん)。

実際にPMDA先生で調べてみると、その通りでした。

↓こんな感じになりますかね。

2019215_2
 

PMDAの文書でも厳密に区別されているようではないので、文脈に応じて使い分けたらいいんじゃね。ま、念のために「保存」と「保管」の両方で検索してみてください。

気になる対訳があったら、翻訳トレーニングモードで実際に訳してみるってこと。

習うよりも慣れです。

そんな感じでいけど何とかなりますよ(たぶん)。

 

それと、

「~のうちどちらか~ほう」

開発や治験で意外とよく出てくる表現です。

そのうちまとめて紹介しましょう。

機械翻訳はまだまだダメ

福岡の医学翻訳フリーランサーのみなさん、おはようございます。

Medical Translator NARITAです。

 

機械翻訳をめぐって動きが活発になっていますけど、ちょっと皮肉を書きます。

 

ロゼッタ+グラクソスミスクラインと第一三共

NICT+アストラゼネカ(これに翻訳会社がくっついている)

Google翻訳は?

中国企業もMTを開発しているようだけど、どうなるんだろ。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-a921.html

 

MT制作と製薬会社と翻訳会社は前のめりになっています。

AI翻訳が製薬業界を変える ~現場からの報告~

https://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search

「現場」なんて言っているくせに、仕上げを担当する肝心の翻訳者(ポストエディター)が含まれていないじゃないか。

 

見た目だけは良くなっているけど、中身はボロボロ。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-ad2f.html

 

実用化は当然というような雰囲気が出ているけど、大丈夫なの?

製薬会社の翻訳外注窓口は注意してくださいよ。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-b74c.html

 

前にも書いたけど、医薬系翻訳者の中には職人というか、訳文をじっくり作り上げたいという人が多いから、肝心の翻訳者(ポストエディター)を確保できるかどうか。能書きを垂れて面倒くさい医薬系翻訳者の扱いは大変でしょ。ポストエデットとなれば、ビジネスライクに作業してくれて、売り上げが計算できる人はますます少なくなるんじゃね。

生焼けのまま客に提供して、あとはそちらで焼いてくださいというやり方もアリかな。

2019年2月14日 (木)

内資系製薬のリストラ

東京品川区の医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

日本の製薬会社、厳しいね。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-151d.html

Blog2

アステラスとか第一三共とか、合併しているくせに、スケールアップしたいのか、スリムにしたのか、ようわからん。

 

4700人が減ったということは、大手製薬が1社消えたに等しい。

医薬情報もネットで医療従事者に提供する時代なのかな。

Blog1

医薬系翻訳をフリーランスでやるという道。。。

メンタルを含め障害がある人や家庭の事情で外出やお勤めができない人には、医学翻訳の在宅フリーランスというのは適した仕事だと思います。

そういう事情がある人のために残された仕事なんだから、製薬会社やCROに勤務の人など、勤めながら小遣い稼ぎで医薬系翻訳をやらないように!

リストラされたとか、社内のハラスメントがひどいとか、うつになったとか、事情がある人はいいけど。

特に医者。国費が投入されているんだから、翻訳なんかやらずに本業をちゃんとやってくれ。

2本連続注射

川崎にお住まいのイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

寒い中、医学翻訳の仕事や勉強、お疲れさまです。

 

外側上顆炎のMedical Translator NARITAの右肘。

動かさずにいても鈍痛があるので、注射してもらってきました。

例によって、都立大の美人女医のとこ。

 

右肘にエコーを当てながら注射1本目(塩酸メピバカインの腱鞘内注射)。

間髪入れず、左首にエコーを当てながらブロック注射2本目(塩酸メピバカインの星状神経節ブロック注射)。

Photo

注射三昧です。

美人女医だから我慢できます。w

ガキの頃、予防注射があると注射の1週間ほど前から憂鬱になっていた人とは思えません。

 

皆さまも、寒いので神経痛などが出ないようにお気をつけください。

2019年2月13日 (水)

機械翻訳はまだダメ

広島にお住まい医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

2019021315260000_2

 
さて、昨日のイートモサンプル。

「同意書」。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-46d2.html

例によって、機械翻訳にかけてみました。

ほんの一部をご紹介します。

主観的には、【みんなの自動翻訳】も【Google翻訳】も同程度だと思います。

両方のシステムとも昔のルールベース機械翻訳のときと比べればかなりよくなっています。

でも、製薬会社に納品するには、原文との照合が必要不可欠です。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-b74c.html

つまり、原文と照合しなければならないうちは、ブレークスルーではない。

最終的には人間翻訳者がチェック・修正しないといけないから。

原文と照合するという作業は最初から人間翻訳者が訳すことと大して労力が違わない。

個人的には人間翻訳者の訳文よりも機械翻訳の訳文をチェック・修正するほうがやりやすいし、ストレスが少ないから好きです。

 

赤字は修正すべき部分を示します。

           

In a correspondence dated May 1, 2017,   Company A accepted the regulatory authority's recommendation and committed to   submitting an updated version of the model informed consent form when it   became available.
【みんなの自動翻訳】
201751付でA社は規制当局の勧告を受け入れ、入手可能になった型式の更新版を入手可能となったときに提出することを約束した。
Google翻訳】
201751日付けの通信で、A社は規制当局の勧告を受け入れ、入手可能になったときにモデルインフォームド・コンセント用紙の更新版を提出することを約束しました。
【イートモ】
201751日付の連絡文書において、会社Aは規制当局の提言《助言》を受け入れ、同意書のモデルが出来上がったとき、その最新版を提出することを明言した  

Informed consent form will be sent to the subject   beforehand, but will not be filled in until the screening visit.  

【みんなの自動翻訳】

インフォームドコンセントフォームは、事前に件名に送られますが、検診の受診までは記入されません。  

Google翻訳】

インフォームド・コンセント用紙は事前に被験者に送付されますが、スクリーニング来院まで記入されません。  

【イートモ】

同意書は事前に被験者に送付するが、スクリーニング来院時まで記入しない  
Once you know about the study and the tests   that will be done, you will be asked to sign this consent form to join this   study.  

【みんなの自動翻訳】

その試験となる試験と検査を知ったら、この試験に参加するためにこの同意書に署名するように求められます。  

Google翻訳】

あなたが行われる試験と行われる試験について知ると、あなたはこの試験に参加するためにこの同意書に署名するように求められます。  

【イートモ】

試験および実施される検査について理解したならば、この同意書に署名し、試験に参加するようにお願いします  
Patients who meet all of the inclusion   criteria and none of the exclusion criteria described below and who agree to   voluntarily sign the informed consent form will be considered enrolled   into the study.  

【みんなの自動翻訳】

全ての判定基準を満たし、以下に記載された除外基準のいずれも満たさずインフォームドコンセントフォームに同意することに同意した患者は、本試験に「登録」されていると考えられる。  

Google翻訳】

全ての判定基準を満たし、以下に記載された除外基準のいずれも満たさず、インフォームドコンセントフォームに同意することに同意した患者は、本試験に「登録」されていると考えられる。  

【イートモ】

以下に記載した選択基準のすべてに適合し、除外基準のいずれにも該当せず、同意書に自由意志で署名することに同意した患者が本試験に「組み入れられた」とみなされる  
Preparation of the informed consent form must   adhere to GCP and to the ethical principles that have their origin in the   Declaration of Helsinki.  

【みんなの自動翻訳】

インフォームド・コンセント様式の作成は、GCPに準拠し、ヘルシンキ宣言に由来する倫理原則に従うものとする。  

Google翻訳】

インフォームド・コンセント用紙の作成は、GCPと、ヘルシンキ宣言に由来する倫理的原則を遵守しなければなりません。  

【イートモ】

同意書の作成はGCP及びヘルシンキ宣言に基づく倫理的原則を遵守しなければならない  
Prior to performance of any study-related   activity, the informed consent form should be signed and dated by the subject   or his/her legally acceptable representative and by the person who conducted   the informed consent discussion.  

【みんなの自動翻訳】

試験に関連する活動の遂行前に、インフォームド・コンセント様式は、被験者又はその法定代理人が署名し、日付を記入するとともに、インフォームド・コンセントの議論を行った者が署名すること  

Google翻訳】

研究関連の活動を実行する前に、インフォームド・コンセント用紙に、被験者またはその法的に許容される代表者およびインフォームド・コンセントの討議を行った人が署名し、日付を記入する必要があります。  

【イートモ】

何らかの試験関連作業を実施する前に、同意書には被験者又はその法定代理人並びに同意についての説明を行った者が署名し、日付を記入する  
Proposed text for inclusion in the informed consent form   is as follows:  

【みんなの自動翻訳】

インフォームド・コンセント様式含めるための提案されたテキストは次のとおりである:  

Google翻訳】

インフォームド・コンセント用紙に含めるために提案されたテキストは以下の通りです。…  

【イートモ】

同意書への記載が想定される文章は以下の通りである  

今現在の翻訳コーパスの質がかなり悪いんでしょう。

イートモ対訳が組み入れられたら、かなり品質アップするでしょう。

今のところ、イートモ対訳を提供するつもりはないけどね。

 

MTで原文と照合する必要がなくなったら、お手上げ。

2019年2月12日 (火)

「同意書」

神戸にお住まいの医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

さて、イートモ対訳の見直しをしていると、いろいろ気付くことがあります。

今回は「同意書」をどう英訳するか。

イートモで検索すればすぐわかりますが、イートモにも不良対訳が多いので、念のため調べてみることにします。

 

思い浮かぶのは、

consent form

informed consent form

の2つ。

 

CROとか製薬会社とか、それぞれのホームページに用語集のようなものを出しているようです。

それらを参考にするのもいいですが、クライアントからの指定がなければ、役所のサイトを基準にするのがいいと思います。

「治験関係の用語はPMDAサイトに準拠しました」とコメントを記載すればばっちりです。

 

PMDA先生で調べてみます。

"consent form"の検索結果 約130 件

"informed consent form"の検索結果 約114 件

つまり、consent formのほとんどのケースにinformedがセットになっていると推察されます。

件数が多ければいいというわけではないけど、1つの指標にはなります。

個々の文書を実際に見てみると、実際にセットになっています。

よって、治験への参加同意の文脈では、イートモでも基本的に"informed consent form"を使うことにします。

 

"consent form"でイートモを検索した結果です。

84件がヒットしました。

今回は和文を提示していません。

                                                                                               
英文
A copy of any changes or renewals   of the informed consent form also must be sent promptly to the study monitor.
a copy of the IRB-approved informed   consent form and other adjunctive materials
A   parent or guardian of a minor patient must also read and initial each item   before signing the informed consent form.
A sample case report form (CRF) is provided in Appendix 1, while   Appendix 2 contains a sample informed consent   form.
Additional reference is made to the   above IND777, and to the model Informed Consent   Form for Study A sent to the regulatory authority   for review on May 1, 2017.
After having been informed that participation is voluntary and that   the participants may withdraw from the study at any time, without prejudice,   the patient must sign the IRB- and sponsor-approved informed consent form in the   presence of a witness.
After the informed consent form is read to   the subject and signed by the subject, the witness should also sign the consent form, attesting the subject   freely gave that informed consent.
After the patient has signed the informed   consent form to participate in the study, a   registration sheet will be completed and faxed or emailed to the sponsor for   approval of entry of the patient onto the study.
All concomitant therapies must be recorded throughout the study beginning with   signing of the informed consent form until the end-of-study visit.
Anticipated benefits of the study drug and anticipated disadvantage to the   subjects must be described in the informed   consent form and explained to the subjects prior   to enrollment in this study.
Any changes to the informed consent form suggested by   the investigator must be approved by the sponsor before submission to the   IRB, and a copy of the approved version must be provided to the sponsor's   monitor.
Any changes to the informed consent   form suggested by the investigator must be   approved by the sponsor before submission to the IRB/IEC.
Any updates to the informed consent form will be   provided to the subject.
Appendix 1 contains a copy of a sample informed consent form.
Before implementing this study, the   protocol, the informed consent form, and other information to subjects must be reviewed by a   properly constituted institutional review board.
Before study initiation, the Investigator must have approval from the   IRB/IEC for the protocol, informed consent form, subject recruitment materials, and any other written   information to be provided to subjects.
By signing this consent form, you agree to follow   your doctor's instructions, attend all study-related visits, and perform all   study specific assessments.
By signing this consent form, you give the Sponsor permission to use material obtained from   your blood sample for the research described above.
Company A has made the change to   the informed consent form for Study A, taking into account the available data.
During a subject's participation in the study, any updates to the informed consent form and any   updates to the written information will be provided to the subject.
Each subject   must sign the informed consent form after the nature of the study has been fully explained.
Entries in the Case Report Forms are verified   using subject files, informed consent forms signed by subjects, drug accountability forms, and original   recordings from automated instruments, X-ray films, laboratory notes, etc.
explanatory   materials and consent form used   for obtaining informed consent
For the conduct of the phase III clinical studies, specific   language will be included in the informed consent   form to address the potential for impairment of   fertility.
I will receive a signed copy of   this informed consent form.
If an amendment substantially alters the study design or   increases the potential risk to the subject, the informed   consent form must be revised and submitted to the   IRB/IEC via the head of the study site for review and approval/favorable   opinion.
If the original signed informed consent form will be   filed with the subject's source documents, a memo, describing that the   original informed consent form has been filed with the subject's source documents, should be   displayed in the Regulatory Binder.
If the subject had no prior medical history or current conditions   at the time of signing informed consent form, select “No” and leave the rest of the CRF blank.
If the subject is unable to read   the informed consent form, an impartial witness should be present during the entire   informed consent discussion.
If written informed consent was obtained, enter the date informed consent form was signed by   the guardian or subject.
If you decide that you do not want   to participate in this research, you may still participate in the clinical   study and receive the study drug if you have signed the informed consent form for the   clinical study and continue to qualify for the clinical study.
If you decide to participate, you will be   asked to sign this informed consent form.
In   a correspondence dated May 1, 2017, Company A accepted the regulatory   authority's recommendation and committed to submitting an updated version of   the model informed consent form   when it became available.
Informed consent form will be sent to the subject beforehand, but will not be filled   in until the screening visit.
Once you know about the study and   the tests that will be done, you will be asked to sign this consent form to join this study.
Patients who meet all of the inclusion criteria and none of the exclusion   criteria described below and who agree to voluntarily sign the informed consent form will be   considered “enrolled” into the study.
Preparation of the informed consent form must adhere   to GCP and to the ethical principles that have their origin in the   Declaration of Helsinki.
Prior to performance of any study-related activity, the informed consent form should be   signed and dated by the subject or his/her legally acceptable representative   and by the person who conducted the informed consent discussion.
Proposed   text for inclusion in the informed consent form is as follows: …
Samples collected for exploratory pharmacogenetic analysis will be   retained for up to 15 years, as indicated in the informed   consent form.
Signing   this consent form does not   take away all of your legal rights. You still have rights as a participant in   a study.
Subjects and legally acceptable   representatives must sign an informed consent form after the nature of the study has been fully explained and all   questions have been answered to the subject's satisfaction.
The "Track Changes"   mechanism in Microsoft Word should be used when making changes to the informed consent form.
The contract research organization (CRO) must   approve all informed consent forms used in the study prior to submission to the IRB.
The   date the first subject signs a study-specific informed   consent form will be defined as the start of the   study.
The document should include the date the subject signed the informed consent form and that a   signed copy was given to the subject.
The   impartial witness should sign and date the informed   consent form attesting that the information is   accurate.
The informed consent form and any other written information provided to the subject should   be revised whenever important new information becomes available that is   relevant to the subject’s consent.
The informed consent form must include a statement that the sponsor and regulatory   authorities have direct access to subject records.
The informed consent form must be dated   and signed prior to any screening procedures.
The informed consent form must have been approved by the sponsor and the investigator's   institutional review board.
The informed consent form should also   provide an explanation of the potential risk associated with QT interval   prolongation in language that can be understood by the patients.
The informed consent form should be updated or amended whenever new information becomes   available that may be relevant to the subject.
The informed consent form should   include all requirements according to local law.
The   institutional review board or ethics committee must review this protocol and   the informed consent form prior   to initiating this study.
The investigator making the explanation must date and sign or seal the informed consent form to make the   consent effective.
The investigator must keep a copy   of the signed informed consent form.
The investigator must obtain the Institutional Review Board's written approval   of the informed consent form and any other written information to be provided to the   subjects via the head of the study site, prior to the beginning of the study.
The investigator must provide the   subject or legally acceptable representative with a copy of the informed consent form and written   information about the study.
The investigator must provide the subject or legally acceptable representative   with the informed consent form and written information about the study in language that is   non-technical and easily understood.
The investigator must provide the   subject with a copy of the informed consent form and written information about the study in language that is   non-technical and easily understood.
The investigator must revise the informed consent   form whenever important new information becomes   available that is relevant to the subject's consent.
The investigator should allow time   necessary for the subject to inquire about the details of the study, then the   informed consent form   must be signed and dated by the subject and the person who conducted the   informed consent discussion.
The medical expert will assist in creating and reviewing all study-related   documents, including the sample informed consent   form and the investigator's brochure.
The protocol and the informed consent form were reviewed   and approved by the investigator's IRB before initiation of the study.
The protocol and the informed consent form will receive Institutional Review Board (IRB)/Independent   Ethics Committee (IEC) approval/favorable opinion prior to initiation of the   study.
The   purpose of this informed consent form is to give you information so that you can decide whether you   want to provide an additional blood sample(s) in conjunction with the   clinical study of Drug A in which you may participate.
The required topics to be included in the informed consent form are listed in   Appendix 1.
The   revised informed consent form   must be used to obtain consent from subjects currently enrolled in the study.
The sample informed consent form will adhere to the ethical principles that have their origin   in the Declaration of Helsinki.
The sponsor must have a copy of   written and dated approval from the Institutional Review Board for the   protocol, informed consent form, subject recruitment materials (e.g., advertisements), and any   other written information to be provided to subjects.
The sponsor will provide the investigator with an appropriate sample informed consent form which will   include all elements required by ICH, GCP, and regulatory requirements.
The study drug will not be   distributed to an investigator until the institutional review board (IRB) or   ethics committee has provided written approval of the study and informed consent form to the   investigator.
The subject agrees, when signing the informed   consent form, that they will not be provided with   the results from the research, nor will the results be available at any time.
The   subject must sign an informed consent form documenting this discussion.
The subjects will be asked to read and understand an informed consent form designed   specifically for the purpose of collecting a blood sample for genetic   research.
This   consent form tells you about   the study that you may wish to join.
This consent form may contain words that you do not understand.
This   informed consent form should   only be modified to the extent necessary to meet applicable legal   requirements.
This page is   used to collect all prior psoriasis therapies up to the point when the   subject signed the informed consent form.
Upon signing the informed consent form, the patient   is assigned the sequential number by the Investigator.
When the patient has signed the informed   consent form, the investigator or his/her staff   will telephone the Committee and provide the identifying information for the   patient.
You will be asked to sign a   separate consent form   for the extension study.
You will be asked to sign an informed consent form at screening.

ではでは。

2019年2月10日 (日)

多少復活

東京港区にお住いのイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

右肘の状態が悪かったMedical Translator NARITAのおっさんですが、昨日1日湿布を貼って休んでいたら、だいぶ良くなりました。

湿布を貼ったら患部を動かさずに安静にしていると、効果が高まるような気がします。湿布を貼っても患部を動かしたらダメというか、使いすぎたら休ませるというのが基本なのでしょう。

 

医療翻訳の基本・独学勉強法

https://iwadai.xsrv.jp/medical-translation-tips/critical-tool-for-medical-translator-iitomo/

 

バイオ特許翻訳者のこれから

http://tnk54.com/%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a2%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%e6%84%9f%e6%83%b3/

 

イートモをご紹介いただいています。ありがとうございます。

良いところも、悪いところも、率直な意見は歓迎します。

他のイートモユーザー様もブログやFacebookをお持ちでしたら、どんどん感想を書いてください。

 

 

さて、

「留意・免責事項」と「動作環境」のページの一部を以下のように若干変更しました。

 

●「イートモ」の不正コピーはできません。

⇒ 不正コピーされたら、イートモプロジェクトが崩壊しますので、みなさんの良心を信じるしかありません。イートモユーザー様の中には、PDICやEBwin4のような辞書検索ソフトにイートモ対訳データを入れて使っている人もいるかもしれません。このような辞書検索ソフトでユーザー様がご自身のためだけに、ご自身の責任で使用することは自由です。その範囲で利用するのはOKです。

ただし・・・

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/pdicebwin4-a2b8.html

 

 

現在、

イートモ対訳の修正を続けながら、

CTDの対訳化

OTC医薬品添加文書の対訳化

審査報告書の対訳化

を行っています。

2019年2月 9日 (土)

テニス肘

医学翻訳フリーランサーのみなさん、おはようございます。

Medical Translator NARITAです。

 

東京は雪がうっすら積もっています。

寒いけど、仙台出身のMedical Translator NARITAにはたいしたことありません。

こういうときは外出せずに柿の木坂オフィスでイートモ作業するのがいいのですが、今日は休養日にします。

右肘の状態がよくないから。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)というやつです。

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/lateral_epicondylitis.html

右腕1本で分厚い辞書や医学書を持ち上げたり、持ち歩いたりしていたことが原因だと思います。

パソコン作業、特にマウスを動かすことも肘の筋によくないそうです。

そのために整形外科などを受診しています。

来週は美人女医に右肘に注射してもらうことになるかもしれません。

https://toritsudai-pc.com/clinicguide.html

Arai_2

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-5e64.html

だましだましやってきましたが、今日はパソコン作業など一切の作業をせずに右肘を動かさずにいようかと。

そのためには寝ているしかありません。他の体調はいいんですが、じっとしているしかありません。w

紙の辞書を使うことはなくなったとはいえ、パソコン作業は目や腕、肩に負担があるので、注意しましょう。

2019年2月 8日 (金)

イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 36000件 突破

イートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の見直しが36000件を超えました。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/35000-d7a5.html

先日、イートモ6.2をリリースしました。

その後も見直しを続けていますが、次から次へと修正すべき部分が出てきます。

多くの対訳の差し替えも行っています。

見直しは永遠に続くのだろうと思います。

20190208_3

Medical Translator NARITA 60歳、

身体障害者だけど、

イートモの完成を目指して、

ますますジャンジャンバリバリ行きますよ!

 

気温の変動が大きいので、体調に気を付けて、医学翻訳の仕事や勉強をがんばってください。

翻訳センター 第3四半期決算

翻訳センター 第3四半期決算でました。

まずまずのようです。

https://www.honyakuctr.com/corporate/ir/library/earning/result_2019_3Q.pdf

気になる医薬系については以下のとおり。

Honyakuctr


特許 15.7億円

医薬 21.4億円

工業 19.1億円

 

医薬が一番多い。通期で28億円程度になりますか。

つまり、まだまだ稼げるってことです。

いつも書いていますが、機械翻訳がどうのこうのとか、貴重な時間をかけてセミナーに行くとか、仲良くお勉強しましょうとか言っている暇があったら、稼げるうちに稼ぎましょうということですよ。

「非日常空間で刺激的な出会い」

https://itranslate-jpn.weebly.com/

『翻訳者の皆様は、各社の考え方を知り、各翻訳会社とのネットワーキングを実現できます。』

どの翻訳会社も同じ考え方だと思うけど、フリーランス翻訳者を救ってくれる翻訳会社もあるのか?

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-266b.html

興味ある方はどうぞ。

Arando_2

確かに「非日常的な地域」ではある。

イートモの明るい未来

イートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAのおっさんだす。

 

久々に東横線に乗って渋谷デスクに来ています。

20190208_2

イートモの明るい未来を見つめるというイメージで写真を撮ったつもりですが、

鼻の穴を見せつけることになってしまいました。すみません。

 

午前10時だというのに東横線、混んでました。

3~4本を飛ばしました。

時間通りに通勤する人たちは大変だ~。

 

イートモユーザー様専用のclosedなサイトを作って、

医学翻訳の指導や対訳の募集のようなことをやろうかとぼんやり考えています。

他にも医学翻訳業界について情報交換できればと。ムフフ。

まずはイートモ対訳の見直しを終わらせないと。

2019年2月 7日 (木)

医学翻訳業界全体を仕事場にする

イートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

製薬業界ではリストラが盛んに行われているようです。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-a25c.html

就職したら定年まで行けると思っていたのに、40~50歳の一番金がかかる時期にリストラの話が来るとは社員さんは驚いているかもね。

しかも、製薬会社や電力会社は昔から安定していて、株もディフェンシブ銘柄と言われるほどですから。

他の業界はどれだけ大変なんだということです。

 

翻訳会社、特に医薬系の翻訳会社なんてちっぽけな会社です。個人商店に毛が生えた程度のものもあります。

Medical Translator NARITAはこれまで翻訳会社数社とビジネスをしてきました。そんな零細翻訳会社がいつまでも続くとは思ったことがないので、順調に仕事の依頼が来ていても、ワーストシナリオを思いながら仕事をしてきました。

今付き合っている翻訳会社がいつ消えても大丈夫なように、常に危機感を持って、常に準備していました。

その準備作業の1つがイートモの前身となる対訳データの作成でした。もう1つが入ってくる金を無計画に使うのではなく、投資にまわして不労所得を得ることでした。医学翻訳などという過酷な労働をいつまでもやりたくないからね。w

1つや2つの零細翻訳会社に依存しないで、医学翻訳業界全体を仕事場にするという意識が必要なのではないかと思います。

医学翻訳フリーランサーが医学翻訳業界で通用する地力をつけるのに役立つように、もっともっとイートモのクオリティを上げていきましょう

2019年2月 6日 (水)

鳥居薬品 希望退職者を募集 新卒採用も見合わせ

鳥居薬品は2月6日、希望退職者を募集すると発表した。

対象は▽コーポレート部門・営業部門は今年4月1日時点で勤続2年以上の社員▽技術部門は同日時点で勤続2年以上かつ来年3月末時点で50歳以上の社員(製造・物流部門は除く)――で、人数に上限は定めていない。募集期間は今年4月15日~5月31日で、退職日は9月30日。

同社は米ギリアド・サイエンシズとの契約終了で抗HIV薬6製品の販売権を失い、厳しい経営状況に置かれている。2月6日に発表した21年までの中期経営計画では、同年の営業利益黒字化を目標に事業構造改革を施策の柱に掲げた。

希望退職者の募集とあわせて、20年4月の新卒採用を見合わせるほか、定年退職後再雇用社員や契約社員についても契約の調整を行う予定。

https://www.torii.co.jp/release/2019/20190206_4.pdf

Torii

 

大正製薬

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/w-bee3.html

 

エーザイ

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/300-d2f0.html

 

協和発酵

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-9a90.html

 

就職すれば定年までのんびり勤められる時代は完全に終わっている。

就職した企業に依存して生活する時代は終わった。

就職した企業に自分の人生を捧げる時代は終わった。

今日は一服

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

Medical Translator NARITAは医学翻訳をリタイアして、不動産事業で稼いだ金をイートモの制作にぶち込んで、今後の死ぬまでの10数年を楽しもうかと思っています。

そんなMedical Translator NARITAでも、週に1日は気分転換をします。

横浜にぶらっと行こうかと思ったけど、

雨降りなので、

地元の学大で一服。

 

パチンコで負けた後、いつものそば屋さんで飲み食い。

ギンギラパラダイス、一度も当たったことない。

2019020615210000

2019020615200000_2

Ishioka

確かに蕎麦前、最高です。

呑んべえにはたまりません。

生ガキやら、鴨スモークやら、2名で1.1万円。

美味いし、安いし、Good!

2019年2月 5日 (火)

協和発酵キリン 希望退職者を募集、上限定めず

協和発酵キリンは2月5日、希望退職者の募集を行うと発表した。対象は今年4月1日現在で同社に在籍する45歳以上かつ勤続5年以上の社員(2月5時点で生産本部に所属する社員は除く)。募集人数に上限は定めていない。募集期間は3月11~28日で、応募者は6月30日に退職する。

https://file.swcms.net/file/kyowa-kirin/ja/news/auto_20190204469857/pdfFile.pdf

Kyowa_2

自分から動かない社員はいらないよ、ってこと? w

たいした給料をもらえず、45歳過ぎて切られるとは厳しいね。

会社に残って出世しても厳しいし。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-8ad6.html

5年間ほど製薬会社に勤務したけど、毎日出社して、指示され、管理され、息が詰まる思いだった。

みなさんよく我慢してお勤めしてますね。

製薬会社なんかとっとと辞めて、医学翻訳フリーランサーになってよかったよ。

post-marketingか、postmarketingか

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

どっちでもいいんでしょうが、

イートモ対訳の見直しをしていると、

post-marketingとpostmarketingのどちらかに統一したほうがいいのかどうか、

と考えることがあります。

 

そこで、PMDAサイトとFDAサイトで調べてみました。

結果は両方ともほぼ半々。

やはりどっちでもいいということでしょうか。

 

当面、イートモではどちらかに統一することはせず、

今後の状況を見ながら、必要に応じて修正していくことにします。

フットワークが軽いことがイートモのいいところ。

 

せっかくなので、イートモ対訳を紹介しておきます。

イートモの収録用ファイルの画面です。

 

【post-marketingを含む対訳】

Shihango11

Shihango12

Shihango13

Shihango14

Shihango15

 

【postmarketingを含む対訳】

Shihango21

Shihango22

 

なお、post-marketing clinical studyは「製造販売後臨床試験」としました。これについても今後の情勢変化に応じて、必要ならば速攻で修正していきます。

 

ではでは。

2019年2月 4日 (月)

サンバイオ

大日本住友製薬 株価暴落

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-5ca0.html

の原因は、

サンバイオというバイオベンチャーの関係のようです。

https://diamond.jp/articles/-/192947

最近は抗癌薬に注目が行っていたけど、

慢性期脳梗塞の夢の薬ですと。

治験成績が期待したほどではなかったとのこと。

 

データを解析しなおすと打開のめどが立つものなんですかね。

大日本住友製薬のバックアップ次第なのかな。

Sunbio

Medical Translator NARITAのまわりにも脳卒中の人がいます。

脳卒中になると、生き延びてもQOLが悪い状態が長期間続くから、癌よりも生活に対する影響は大きいよね。

 

再生医療とか、再生細胞薬とか

Regenerative medicine // Regenerative cell medicine

新しい技術や難しい技術が増えて、医学翻訳者は大変だ!

 

フリーランスの医学翻訳者も知識を仕入れなくてはいけない。

そのための勉強に時間もかかる。

製薬会社に事情を説明して、説得して、翻訳レートを上げていく翻訳会社の経営者はいないもんかね。

翻訳レートを下げて、製薬会社からくる仕事を翻訳者に割り振るだけだったら、誰でもできる。

昔、自分のところの翻訳品質に自信を持っていて、他の翻訳会社よりも1.5倍くらい高い翻訳レートを設定していた会社があったけど、消えてなくなりました。原因は翻訳レートよりも後継者がいないことだったけどね。

経営者も大変だな。

2019年2月 3日 (日)

CTD 2.5とCTD 2.7をイートモ用に対訳化・編集します

イートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

抗炎症薬の添付文書をイートモ用に対訳化していたところ、なんとなくイートモで見かけた文章のような気がして、イートモで確認したら、既にイートモに収録していた添付文書でした。

危ない!

ま、添付文書はかなり収録されているので、ここで大物に取り掛かろうと思います。

みなさんご存知のCTD。

Common Technical Document(コモン・テクニカル・ドキュメント)

https://journal.jtf.jp/eventreport/id=356

これを知らなかったらヤバいです。

 

CTDについては、確認したところ、これまでに6件を対訳化・編集し、イートモに収録済です。

でも、6件のうち3件は非臨床系なので、この辺で臨床系をぶち込んでおこうというわけです。

つまり、CTD 2.5とCTD 2.7をイートモ用に対訳化・編集します。

かなりの対訳件数になります。

次は何を対訳化しようか

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

今日、私の知人のお孫さんが中学受験だったそうです。

小学生の段階から受験とは大変ですね。

仙台の田舎で百姓の家に育ったMedical Translator NARITAには無縁の世界です。

でも、今の世の中、階層化されつつあるような気がします。社会に出てから、一発逆転というのは難しくなっている様子。下の階層に落ちると浮上するのが大変そうだから、子供の頃にたくさん勉強して上の階層に入るほうが楽なのかもしれません。

医学翻訳で一発逆転するよりも、子供の頃から勉強したほうが楽で確実でしょう。

 

いつから始めたのか不明ですが、やせ薬の治験薬概要書のイートモ対訳化と編集が終わりました。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-7535.html

トータルで890件の対訳を作成し、対訳の見直しのプロセスで不良対訳と差し替えました。

不良対訳がまだたくさんあります。

少しずつ改良していきますので長い目で見てくださいね。

次は何を素材にしようか。

資料はたくさんあるのですが、時間と体力がありません。w

抗炎症薬の添付文書か、抗癌薬の審査報告書(審査結果報告書)のどちらかの対訳化しようと思っています。

2019年2月 2日 (土)

Standard Operating Procedure

寒い中、医学翻訳の仕事や勉強、お疲れさまです。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の見直しをしていると、いろいろ気付くことがあります。

皆さんご存知、Standard Operating Procedure。

SOP。

英訳では問題ないのですが、和訳の場合とか、イートモ対訳を作成する場合には対応する日本語をどうするか。

標準業務手順書

標準作業手順書

標準操作手順書

三通り出てきます。

 

迷ったときはPMDAサイトか、Google先生で調べます。

 

標準業務手順書と標準作業手順書が多い様子。

標準操作手順書もあるけど、実験とか機械操作の文脈で使われることが多いようです。 

治験関係では、

標準業務手順書

標準作業手順書

が多い様子。

 

とりあえず、イートモでは、

標準業務手順書《標準作業手順書》

と掲載しておきます。

必要に応じて修正、変更します。フットワークが軽いのがイートモのいいところ。

 

念のためですが、いつも書いているように、迷ったときはクライアントの指示や資料に従ってください。あるいは、翻訳会社に判断させてください。イートモはあくまでも参考資料です

 

Standard Operating Procedureで検索したときのイートモデータベースの画面です(イートモで検索した結果ではありません)。ご参考まで。

Sop1

Sop2

英文だけというけち臭いことをしないで、英文と和文の両方を提示しています。w

2019年2月 1日 (金)

2月もよろしくお願いします

医学翻訳フリーランサーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

2月もよろしくお願いします。

 

イートモ6.2のリリースもしたし、2月に入ったので、イートモ作業を少しのんびりやろうかと思っているのですが、いつもと同じペースでやっております。

イートモ6.2についてはダウンロード用メールを昨日一斉送信しました。サーバーの関係かどうか、メールが届いていない人もいたようです。イートモユーザーなのに届いていない人は以下のフォームからお知らせください。

http://i-honyaku.life.coocan.jp/iitomosite/user.htm

 

さて、のんびりしようとテレビをつけても、つまらない番組ばかりで、嫌な事件の報道ばかりだし。

結局、パソコンに向かってイートモ作業をすることになります。

面白いわけではないけど、やりがいはあります。

旅行というか観光はあまり好きじゃないし、面倒くさい。

海外には興味ないし、行きたくない。

羽田から飛行機で宮崎に行って、宮崎空港で寿司食って、マンゴージュースを飲んで、日帰りで羽田に帰るというのもいいかなと、ぼんやり思っています。

Img_0681

結局は、やりがいのあるイートモ作業をやることになるのでしょう。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想