« 九州縦断 | トップページ | イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 39000件 超えた »

2019年3月22日 (金)

『用量依存』

医学翻訳のプロを目指しているみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。


さて、「用量依存」ときたら、dose-dependent // dose-dependency。

これが反射的に出てこないとまずいです。


さて、イートモはこのような準専門的な表現や専門用語の前後を主に英訳するのに役立つ資料です。
イートモが欲しいけど、高いので躊躇している方も多いと思います。

Medical Translator NARITAも学習期は超ビンボーだったので、自分で買わずに会社においてある資料や図書館で医学書などを読んでいました。



「用量依存」で検索すると、115件がヒットしました。
特別にそのうち1/4ほどを提示します。
参考にしてください。


イートモ以外では、


A dose-dependent acute toxic reaction, probably secondary to vasoconstriction, is most common.

血管収縮による二次的なものと考えられる用量依存的な急性毒性反応が最も多くみられる

A dose-dependent increase in diaphragmatic hernias was observed when rats were treated with Drug A at oral doses ≥ 30 mg/kg/day throughout organogenesis.

ラットに器官形成期を通じて薬剤Aを30mg/kg/日以上で経口投与したとき、横隔膜ヘルニアの用量依存的な悪化が認められた

Administration of Drug A to cynomolgus monkeys at doses of 400, 1500, and 4000 mg/kg, given by 24-hour intravenous infusion, produced a dose-independent moderate decrease in mean arterial pressure, accompanied by a compensatory increase in heart rate.

薬剤Aをカニクイザルに400、1500、4000mg/kgの用量で24時間にわたって点滴静注したところ、平均動脈圧に用量非依存的なわずかな低下が起こるとともに、心拍数の代償的な増加が認められた

After Drug A administration, the pupil diameter, a surrogate marker for µ-opioid receptor agonistic activity, changed in a dose-dependent manner.

薬剤Aの投与後、µオピオイド受容体刺激作用の代替マーカーである瞳孔径が用量依存的に変化した

Although minor changes in heart rate, QRS, and QT were noted, these changes were small and overall not dose-dependent.

心拍数、QRS、QTに軽微な変化が認められたが、これらの変化は小さく、全体として用量依存的ではなかった

Apoptosis was shown to increase in a dose-dependent manner in patients treated with Drug A.

アポトーシスは薬剤Aが投与された患者において用量依存的に増加することが示された

As expected, heart rate dropped as early as the first hour after administration of Drug A in a dose-dependent manner.

予想通り、心拍数は薬剤Aの投与1時間後という早期に用量依存的に下がった

Bilateral intravitreal administration of Drug A to cynomolgus monkeys at doses between 0.25 mg/eye and 2.0 mg/eye once every two weeks for up to 26 weeks resulted in dose‑dependent ocular effects.

薬剤Aをカニクイザルに0.25mg/眼~2mg/眼の用量で2週間に1回最長26週間にわたって両眼に硝子体内投与した結果、眼に対する用量依存的な影響が現れた

Both deoxycytidine kinase and cytosolic thymidine kinase are responsible for the dose-dependent conversion of Drug A in human hepatocytes to its 5'-monophosphate derivative.

薬剤Aはヒト肝細胞で用量依存的に5'-一リン酸化体に変換されるが、これにはデオキシシチジンキナーゼ及びサイトゾルチミジンキナーゼの両方が関与している

Chronic nephrotoxicity is dose-dependent, with the risk increasing as the daily dose exceeds 10 mg/kg.

慢性腎毒性は用量依存的で、そのリスクは1日用量が10mg/kgを越えると高まる

Clinical observations initially appeared during the first week of dosing and progressed in severity and duration throughout the dosing and post-dose periods in a dose-dependent manner.

臨床所見は投与1週目に最初に現れ、投与期間中及び投与後の期間中に重症度及び持続期間が用量依存的に進行した《悪化した》

Compound A produced a dose-dependent inhibition of platelet aggregation when incubated with Compound B for 1 minute.

化合物Aは、化合物Bと1分間インキュベートしたとき、血小板凝集を用量依存的に阻害した

Compound A produced dose-dependent hypothermia that peaked 60 to 180 minutes postinjection.

化合物Aにより用量依存的な低体温がもたらされ、注射の60~180分後にピークとなった

Compound A prolongs the oxidation lag time of LDL in a dose-dependent manner.

化合物AはLDLの酸化ラグタイムを用量依存的に延長させる

Convulsions are a dose-dependent toxic effect of Drug A given at doses above the therapeutic range in animals.

動物では、薬剤Aを治療域よりも高用量で投与したとき、痙攣が用量依存性の毒性作用である

Dose-dependent increases in prothrombin time were easily discerned after the first dose of Drug A.

用量依存的なプロトロンビン時間の延長は薬剤Aの初回投与後に容易に確認された

Dose-dependent increases in trabecular bone in the femur and tibia were observed at doses ≥ 5 mg/kg/day.

大腿骨及び脛骨における用量依存的な海綿骨の増加が5mg/kg/日以上の用量で認められた

Dose-dependent liver changes were observed in mice (vacuolation with secondary compression necrosis), rats (minimal to slight hepatocyte cytoplasmic rarefaction attributed to glycogen accumulation and liver weight increases), and dogs (moderate glycogen depletion).

用量依存的な肝臓の変化が、マウス(二次的な圧迫壊死を伴う空胞化)、ラット(グリコーゲン蓄積に起因する軽微ないしわずかな肝細胞細胞質粗鬆化《希薄化》)、イヌ(中等度のグリコーゲン減少)で認められた

Dose-dependent relationships were observed for half-life (t1/2) and CL, predominantly at lower doses.

半減期(t1/2)及びCLについては、主に低用量で用量依存的な関係が認められた

Dose-dependent skin lesions of mild to severe intensity included scale formation at extremities, inguinal region and whole body, hair thinning or hair loss, and exanthema.

軽度ないし重度の用量依存的な皮膚病変には、四肢、鼠径部、全身における鱗屑形成、さらに被毛の菲薄化又は脱毛、そして発疹があった

Dose-dependent, statistically significant reductions in ABC and DEF were also observed in Drug A-treated patients at all post-baseline visits.

薬剤A投与患者ではベースライン以降のすべての来院時に用量依存的かつ統計学的に有意なABC及びDEFの低下も認められた

Drug A and Drug B showed dose-dependent antidiarrheal activity with ED50 values of 10.0 and 1.5 mg/kg, respectively.

薬剤A及び薬剤Bは用量依存的な止痢作用《止瀉作用》を示し、ED50値はそれぞれ10.0mg/kg及び1.5mg/kgであった

Drug A appeared to exert a dose-dependent anticonvulsant effect in mice as determined by the electroshock test, but this effect was most likely due to the vehicle.

薬剤Aは、電気ショック試験で測定したとき、マウスにおいて用量依存的な抗痙攣作用を発揮すると思われたが、この作用は溶媒に起因する可能性が非常に高かった

Drug A blocks endogenous ABC action and produces a dose-dependent reduction in DEF levels, without evidence of reaction with other cytokine receptors.

薬剤Aは内因性ABCの作用を阻止し、DEFレベルを用量依存的に下げるが、他のサイトカイン受容体との反応を示すエビデンスはない

Drug A can block endogenous ABC action and produce a dose-dependent reduction in DEF levels in healthy subjects.

薬剤Aは健康被験者において内因性ABCの作用を阻止し、DEFレベルを用量依存的に低下させる

Drug A caused a dose-dependent amelioration of pyrexia with a maximum effect seen at 10 µg/kg.

薬剤Aは発熱を用量依存的に回復させ、最大の効果は10µg/kgでみられた

Drug A caused dose-dependent inhibition of thrombosis in AV shunts and in injured arteries and veins, and prevented the growth of thrombus on a preexisting clot.

薬剤AはAVシャント及び損傷を受けた動脈と静脈における血栓症を用量依存的に阻害し、既存の血餅における血栓の成長を阻止した

Drug A concentrations increased in a dose-dependent manner.

薬剤Aの濃度は用量依存的に上昇した

Drug A decreases dose-dependently systemic vascular resistance when administered intravenously to anesthetized dogs, and increases local blood flow when administered intra-arterially to anesthetized dogs.

薬剤Aを麻酔イヌに静脈内投与したときには全身血管抵抗が用量依存的に低下し、麻酔イヌに動脈内投与したときには局所血流が増加する

Drug A demonstrated dose-dependent analgesic activities in models of visceral pain, colorectal distension, and mustard oil induced visceral inflammatory pain.

薬剤Aは、内臓痛モデル、結腸直腸伸展モデル、マスタードオイル誘発内臓炎症性疼痛モデルにおいて用量依存的な鎮痛作用を示した

Drug A demonstrated potent and dose-dependent inhibition of tumor growth in mouse and rat models of anaplastic large cell lymphoma (ALCL).

薬剤Aは、未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)のマウスモデル及びラットモデルで腫瘍増殖に対する強力かつ用量依存的な阻害を示した

Drug A dose-dependently decreased the elevated left ventricular end-diastolic pressure.

薬剤Aはこの上昇した左室拡張末期圧《左室拡張終期圧》を用量依存的に下げた

Drug A dose-dependently inhibited behavioral changes such as excitement and stereotyped behavior induced by amphetamine or apomorphine in rats.

薬剤Aは、アンフェタミン又はアポモルフィンによってラットに誘発される興奮や常同行動《紋切り型行動》のような行動変化を用量依存的に抑制した

Drug A elicited a dose-dependent increase in extracellular levels of noradrenaline in the ventral hippocampus and, to a much lesser extent, of 5-HT.

薬剤Aは腹側海馬におけるノルアドレナリンの細胞外レベルの用量依存的な上昇を誘発し、それよりも程度ははるかに小さいが、5-HTのレベルも上げた

Drug A elicited a dose-dependent increase in noradrenaline levels in the rat ventral hippocampus, an effect not observed with the classical opioid morphine.

薬剤Aはラット腹側海馬におけるノルアドレナリンレベルの用量依存的な上昇を誘発したが、これは従来型オピオイドであるモルヒネでは認められていない作用であった

Drug A evoked hypothermia in a dose-dependent manner, suggesting that endogenous glutamate exerts a hyperthermic tone on body temperature.

薬剤Aは低体温を用量依存的に惹起したことから、内因性グルタミン酸は体温上昇作用を発揮すると考えられた

Drug A increases cyclic guanosine monophosphate in a dose-dependent manner in Chinese hamster ovary cells expressing the receptor for BNP.

薬剤Aは、BNPの受容体を発現するチャイニーズハムスター卵巣細胞において環状グアノシン一リン酸《サイクリックGMP》を用量依存的に増加させる


« 九州縦断 | トップページ | イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 39000件 超えた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州縦断 | トップページ | イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 39000件 超えた »

フォト

医学翻訳の友

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想