« JTF翻訳祭2019 in 横浜 | トップページ | イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 40000件超えた »

2019年4月13日 (土)

biological product

日本全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

土曜日も医学翻訳の仕事や勉強、お疲れさまです。

Medical Translator NARITAもちょっとお疲れ気味ですが、マイペースでイートモ対訳見直しやっています。

 

さて、biological product。

実力のある人にはこれが悩ましい用語であることがわかると思います。

 

ライフサイエンス辞書に当たると、

biological product ** シソーラス コーパス PubMedScholarGoogleWikiPedia
productなのに「物質」はないだろうと。
PMDAサイトで調べると、

"生物由来物質"の検索結果 3 件

 

productなんだから、「製品」で調べると、

"生物由来製品"の検索結果 3,564 件

 

ロゼッタさんの究極の辞書で調べても、

biological productは「生物由来製品」でいいかなと。

 

biological preparationという言い方もあるけど、ライフサイエンス辞書には載っていません。

ロゼッタさんの究極の辞書では主に「生物学的製剤」。

いいね。

 

「バイオ医薬品」という言い方もあるけど、ライフサイエンス辞書では、

バイオ医薬品 ** ばいおいやくひん シソーラス PubMedScholarGoogleWikiPedia

 

でも、ロゼッタさんの究極の辞書では、

出典によって(日本薬局方、日本の薬務行政、ICHガイドライン)、

biological drug

biopharmaceutical

と様々です。

統一されていません。

 

さらに、具体的に

バイオテクノロジー応用医薬品  biotechnology-derived pharmaceutical

とあります。

いいね。

 

日本薬局方、日本の薬務行政、ICHガイドラインは専門用語が統一されていません。

特に基準となるのは日本薬局方とICHガイドラインですが、これらを全部読んでから、あるいはマスターしてから翻訳のお仕事をしようなんて考えていたら、時間ばかりかかって、いつまでも翻訳仕事に踏み込めません。

翻訳仕事の中で明らかに日本薬局方またはICHガイドラインの文言に言及している部分があったら、それを引用すればいいだけです。

データはロゼッタさんの究極の辞書が提供してくれているので、日本薬局方またはICHガイドラインの記述であることを特定できる知識があれば十分ということ!

イートモについても、「そういえばイートモに近い対訳が載っていたかも」と思い出す程度になっていれば十分です。その域に達するには一通り、翻訳トレーニングを通じて接触してみる必要はあるでしょうが。。。

 

そんなこんないろいろ書きましたが、イートモとしては訳語を統一しておく必要があるので、例によって、上記の内容を踏まえて統一しておくことにします。

いつも書いているように、イートモはあくまでも参考資料なので、ソースクライアントや翻訳会社から指示があれば、それに従ってください。

なお、時間があったらサンプルを提示します。

 

 

« JTF翻訳祭2019 in 横浜 | トップページ | イートモ対訳 見直し(修正と差し替え) 40000件超えた »

フォト

イートモ

  • 9月1日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想