« 9月30日は翻訳の日 | トップページ | 専門外のことは専門家に任せたほうがいい »

2019年7月28日 (日)

『アゴニスト』 『作動薬』 『作働薬』

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

和訳の厄介なところは漢字にするか、カタカナにするかで迷うところ。

たとえば、『アゴニスト』か『作動薬』か、『作働薬』か。

昔は『アゴニスト』の選択はなかったのですが、PMDAで半数は「アゴニスト」が占めています。

製薬協でも「アゴニスト」が「作動薬」よりも前に出ています

全体的にはカタカナ表記が主流になるのかなと。

 

こんなことで迷うのは嫌ですね。

時間のロスです。

要は、面倒で、難して、稼げなくて、競争相手が多い和訳は避けて、英訳で稼ぎましょうということです。

 

agonistでイートモ検索した結果です。

現在のところ55件がヒットします。

ご利用は自己責任で!

[ agonist]とagonistの前に半角スペースを入れると、antagonistのヒットを避けることができます。

 

英文

和文

A series of morphinans closely related in structure to morphine, namely, codeine, heroin, hydrocodone, hydromorphone, oxymorphone, and oxycodone, were examined for their antinociceptive activity in male and female Sprague-Dawley rats and compared with the structurally unrelated µ-opioid agonists methadone and fentanyl.

構造的にモルヒネとの関連性が高い一連のモルフィナン系物質、すなわちコデイン、ヘロイン、ヒドロコドン、ヒドロモルフォン、オキシモルフォン、オキシコドンは、その抗侵害受容作用について雌雄のSprague-Dawleyラットで検討し、構造的に関連性のないµオピオイドアゴニストであるメタドン及びフェンタニルと比較した。

After Drug A administration, the pupil diameter, a surrogate marker for µ-opioid receptor agonistic activity, changed in a dose-dependent manner.

薬剤Aの投与後、µオピオイド受容体刺激作用の代替マーカーである瞳孔径が用量依存的に変化した。

All non-selective dopamine agonists bind to the ABC and DEF receptors with similar affinity.

すべての非選択的ドパミンアゴニストはABC受容体及びDEF受容体に同等の親和性で結合する。

angiotensin II receptor agonists

アンジオテンシンII受容体アゴニスト

Cannabinoid receptor agonists were unable to evoke hypothermia in mice that lacked the ABC receptor.

カンナビノイド受容体アゴニストは、ABC受容体が欠損しているマウスで低体温を惹起することができなかった。

Compound A exhibits agonistic activity on all three receptor subtypes, whereas Compound B has a potent agonistic effect only on the X receptor.

化合物Aは3種すべての受容体サブタイプに刺激作用を示すのに対して、化合物BはX受容体にのみ強力な刺激作用を有する。

Current treatment options for Disease A are surgical removal of the adenoma, radiotherapy, and pharmacological reduction of ABC levels by dopamine agonists.

疾患Aに対する現在の治療選択肢には、腺腫の外科的切除、放射線療法、ドパミンアゴニストにより薬理学的にABCレベルを下げる方法がある。

Data on ABC levels during treatment with dopamine agonists before entry into the Drug A studies were not collected routinely.

薬剤Aのこれらの試験に組み入れる前のドパミンアゴニスト投与時におけるABCレベルのデータは常時収集しなかった。

Dopamine agonists reduce ABC levels to normal in less than 10% of patients compared to about 50% with Drug A.

ドパミンアゴニストは患者の10%未満でABCレベルを正常値まで下げるのに対して、薬剤Aでは約50%である。

Dopamine receptor agonists derived from ergot alkaloids were developed.

麦角アルカロイド由来のドパミン受容体アゴニストが開発された。

Drug A acts as a dopamine receptor agonist.

薬剤Aはドパミン受容体アゴニストとして作用する。

Drug A acts as an agonist at sphingosine-1-phosphate receptors.

薬剤Aはスフィンゴシン1リン酸受容体でアゴニストとして作用する。

Drug A concentrations exerting its action should depend on the concentration of an adenosine receptor agonist used in the experimental system (1 µmol/L).

薬剤Aがその作用を発揮する濃度は、この実験系で使用するアデノシン受容体アゴニストの濃度(1µmol/L)によって左右される。

Drug A has agonistic activity at the µ–opioid receptor and inhibits noradrenaline reuptake.

薬剤Aはµオピオイド受容体に対する刺激作用を有し、ノルアドレナリン再取込みを阻害する。

Drug A has been shown to be a selective adenosine A2A receptor antagonist since it exhibited a high binding affinity for the adenosine A2A receptor, did not affect other neurotransmitter receptors, transporters, or MAO or COMT involved in the metabolism of dopamine, and inhibited an adenosine A2A receptor agonist-induced intracellular cAMP accumulation.

薬剤Aは、アデノシンA2A受容体に対して高い結合親和性を示したこと、他の神経伝達物質受容体やトランスポーターあるいはドパミンの代謝に関与するMAO又はCOMTに影響を及ぼさなかったこと、アデノシンA2A受容体アゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積を阻害したことから、選択的なアデノシンA2A受容体アンタゴニストであることが示されている。

Drug A inhibited the agonist-induced intracellular cAMP accumulation in a concentration-dependent manner.

薬剤Aはこのアゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積を濃度依存的に阻害した。

Drug A inhibited the agonist-induced intracellular cAMP accumulation with a binding constant (KB) of 0.7 ± 0.2 nmol/L.

薬剤Aはこのアゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積を阻害し、結合定数(KB)は0.7±0.2nmol/Lであった。

Drug A is a glucagon-like peptide-1 (GLP-1) receptor agonist.

薬剤Aはグルカゴン様ペプチド1(GLP-1)受容体アゴニストである。

Drug A is a novel, highly selective agonist of GPR40 that is expressed in pancreatic islet cells.

薬剤Aは、膵島細胞に発現するGPR40に対する選択性の高い新規のアゴニストである。

Drug A is a selective dopamine receptor agonist without activity at other  receptors.

薬剤Aは選択的なドパミン受容体アゴニストで、他の受容体に対して作用しない。

Drug A is an adrenergic agonist that acts predominantly at alpha adrenergic receptors and also stimulates the release of norepinephrine.

薬剤Aは主にαアドレナリン受容体で作用するアドレナリン受容体アゴニストで、ノルエピネフリンの放出も刺激する。

Drug A is an agonist at the serotonin 5-HT1A receptor and has no appreciable affinity for histamine or muscarinic receptors.

薬剤Aはセロトニン5-HT1A受容体に対するアゴニストであるが、ヒスタミン受容体又はムスカリン受容体に対する明らかな親和性はない。

Drug A is an ultra long acting beta-adrenoceptor agonist currently approved in Europe, marketed by Company A.

薬剤Aは超長時間作用型βアドレナリン受容体アゴニストで、現在、ヨーロッパで承認されており、会社Aが販売している。

Drug A is expected to exhibit both anti-diabetic and anti-dyslipidemic activities and, in marked contrast to existing PPAR-γ agonists, to have a favorable impact on food intake and body weight without causing edema.

薬剤Aは、糖尿病治療効果及び脂質異常症治療効果の両方を示すことが期待されており、既存のPPAR-γアゴニストとは全く対照的に、浮腫を引き起こすことなく食物摂取及び体重に好ましい影響を与えることが期待されている。

Drug A possesses opioid receptor agonistic activity as well as non-opioid activity.

薬剤Aは非オピオイド作用に加えてオピオイド受容体刺激作用も有している。

Drug A thus proved to be a full agonist at the human receptors.

このように、薬剤Aはヒト受容体に対する完全アゴニストであることが判明した。

Drugs with µ–opioid receptor agonistic activity may cause spasm of the sphincter of Oddi.

µオピオイド受容体刺激作用を有する薬剤はオディ括約筋の痙攣を引き起こすことがある。

Due to the µ-opioid receptor agonistic activity of Drug A, neonates whose mothers have been taking Drug A should be monitored for respiratory depression.

薬剤Aにはµオピオイド受容体刺激作用があるため、薬剤Aを服薬している母親から生まれた新生児は呼吸抑制の有無について経過観察することとする。

Early studies demonstrated the ability of metoclopramide, a weak 5-HT4 receptor agonist, to prevent dicyclomine-induced amnesia in the mouse passive avoidance test.

初期の試験により、弱い5-HT4受容体アゴニストであるメトクロプラミドにマウス受動的回避試験においてジシクロミン誘発記憶喪失を阻止する作用のあることが証明された。

For the treatment of wearing-off, if no improvement is noted despite optimized dopaminergic treatment with levodopa-containing preparations or dopamine agonists, treatment with entacapone, selegiline, or zonisamide should be initiated.

ウェアリング・オフの治療に際しては、レボドパ含有製剤又はドパミンアゴニストによる最適化ドパミン系治療でも改善が認められなければ、エンタカポン、セレギリン、ゾニサミドによる治療を開始することとする。

In this case, impulse control disorder was strongly suspected of being related to concomitant use of a dopamine agonist.

この症例では、衝動制御障害がドパミンアゴニストの併用投与と関連していることが強く疑われた。

nonergot dopamine receptor agonists

非麦角型ドパミン受容体アゴニスト

Normalization or resynchronization of circadian rhythms with exogenous melatonin agonists is expected to prevent recurrence.

外因性メラトニンアゴニストによるサーカディアンリズムの正常化又は再同期化は再発を予防することが期待される。

Patients who had taken levodopa/DCI, centrally acting dopamine agonists, anticholinergics, droxidopa, amantadine, or promethazine within 4 weeks before the baseline visit, patients who had taken selegiline within 3 months before the baseline visit, and patients who had previously been treated with levodopa/DCI for ≥ 4 weeks were excluded from the study.

レボドパ・DCI合剤、中枢作用性ドパミンアゴニスト、抗コリン薬、ドロキシドパ、アマンタジン、プロメタジンをベースライン来院前の4週間以内に服用していた患者、セレギリンをベースライン来院前の3ヵ月以内に服用していた患者、以前にレボドパ・DCI合剤を4週間以上服用していた患者は本試験から除外した。

Platelet activation is induced by the interaction of several agonists with receptors expressed on the platelet surface.

血小板の活性化は、血小板表面に発現した受容体といくつかのアゴニストが相互作用することによって誘発される。

Since Drug A exhibits a preference for PPAR-α activity over PPAR-γ activity, it lacks the weight gain, edema, and cardiac effects that have been associated with existing PPAR-γ agonists such as thiazolidinediones.

薬剤AはPPAR-γ活性よりもPPAR-α活性に対して高い嗜好性を示すため、チアゾリジンジオン系薬剤のような既存のPPAR-γアゴニストで認められている体重増加、浮腫、心臓に対する影響がない。

Sympathetic nervous system agonists bind to adrenergic receptors that are known to activate protein kinase A.

交感神経系アゴニストは、プロテインキナーゼAを活性化することが知られるアドレナリン受容体に結合する。

The current was recorded from isolated rat dorsal root ganglion neurons using the whole cell patch clamp technique before, during, and after application of the opioid agonist fentanyl.

電流は、オピオイドアゴニストであるフェンタニルの投与前、投与中、投与後に、ホールセルパッチクランプ法を用いて、単離ラット後根神経節ニューロンで記録した。

The development of synthetic cannabinoid receptor agonists has provided remarkable advances in cannabis research.

合成カンナビノイド受容体アゴニストの開発により、カンナビスの研究が大幅に進歩した。

The effect of Drug A on an adenosine A2A receptor agonist-induced intracellular cAMP accumulation in PC-12 cells expressing adenosine A2A receptors was studied.

アデノシンA2A受容体を発現しているPC-12細胞において、アデノシンA2A受容体アゴニストにより誘発される細胞内cAMP蓄積に対する薬剤Aの影響を検討した。

The goal of this program is to identify an anti-diabetic agent lacking weight gain and edema typically associated with existing PPAR-γ agonists.

この事業の目標は、既存のPPAR-γアゴニストで特徴的にみられる体重増加及び浮腫がない糖尿病治療薬を特定することである。

The immobility-reducing effects of these drugs were antagonized by a 5-HT2A/2C receptor agonist.

これらの薬剤の無動時間短縮作用は5-HT2A/2C受容体アゴニストによって弱められた。

The investigator commented that “the event is presumably related to a dopamine agonist, but an involvement of Drug A cannot be denied.”

治験責任医師は、「当該事象はドパミンアゴニストに関連したものと推定されるが、薬剤Aの関与を否定できない」との見解を示した。

The phosphorylated metabolite of Drug A acts as an agonist at dopamine receptors to modulate endothelial barrier function.

薬剤Aのリン酸化代謝物はドパミン受容体に対してアゴニストとして作用し、内皮のバリア機能を調節している。

The shorter duration of action of Drug A could be explained by the dissimilarities in metabolism of the two cannabinoid receptor agonists.

薬剤Aのほうが作用持続時間が短いのは、これら2つのカンナビノイド受容体アゴニストの代謝の違いによって説明できるかもしれない。

The toxicologic profile of Drug A is similar to other PPAR agonists with the liver and bone marrow being the primary target organs.

薬剤Aの毒性プロファイルは他のPPARアゴニストと類似しており、肝臓及び骨髄が主な標的臓器である。

Therapy with adrenergic receptor agonists or with adrenergic receptor blockers may need to be adjusted according to changes in smoking status.

アドレナリン受容体作動薬又はアドレナリン受容体遮断薬による治療は、喫煙状況の変化に応じて調節する必要があると考えられる。

These agonists may be able to potentiate immune activation.

これらのアゴニストには免疫活性化を強める作用があると考えられる。

These may lead to reduction or elimination of the psychiatric adverse events common to direct-acting agonists.

これらは、直接作用型のアゴニストに共通してみられる精神系の有害事象を軽減又は防止することにつながると考えられる。

These receptors are the prime mediators of the anorexic and orexigenic effects reported for melanocortin agonists and antagonists, respectively.

これらの受容体は、メラノコルチンのアゴニスト及びアンタゴニストでそれぞれ報告されている食欲抑制作用及び食欲促進作用の主要なメディエーターである。

These two different cannabinoid receptor agonists are metabolized through different biochemical pathways.

これら2つのカンナビノイド受容体アゴニストは別々の生化学的経路を介して代謝される。

Transgenic mice thus provide an excellent model for evaluating the effect of PPAR-α agonists on apo A-I expression and plasma HDL concentrations.

このように、トランスジェニックマウスはアポA-I発現及び血漿中HDL濃度に対するPPAR-αアゴニストの影響を評価するのに優れたモデルとなっている。

Treatment with gonadotropin-releasing hormone agonists offers the psychological advantage of avoiding castration.

ゴナドトロピン放出ホルモンアゴニストによる治療には、去勢が避けられるという心理的な優位性がある。

Usefulness of these agonists is considered an already answered question, as the availability and widespread use of Drug A in most countries testifies.

ほとんどの国で薬剤Aが利用可能で、広く普及していることから証明されているように、これらのアゴニストの有用性については既に答えが出ていると考えられる。

When delivered directly to the lung, Drug A prevented agonist-induced bronchoconstriction.

肺に直接投与したとき、薬剤Aはアゴニストにより誘発される気管支収縮を阻止した。

« 9月30日は翻訳の日 | トップページ | 専門外のことは専門家に任せたほうがいい »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想