« 「腫瘍溶解性ウイルス」 | トップページ | 上京ガール »

2019年8月20日 (火)

「海外における医療機器の添付文書の規制等についての調査」

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

今日も朝から柿の木坂オフィスに引きこもってイートモ作業をしました。

明日は気分転換のため出かけようかと。

 

さて、標題の「海外における医療機器の添付文書の規制等についての調査」

 

医療機器についての調査だから、医薬品にも当てはまるのかどうか、それはわかりません。

 

labelとlabeling

 

厳密には異なるものであることは知っていました。

イートモでも、この文脈で用いられている場合には、

label 「ラベル」

labeling 「表示物」(文脈によって「医薬品表示物」)

としています。

 

要は、labelingを「ラベリング」とするのに抵抗があったので、苦肉の策で「表示物」(「医薬品表示物」)としてきたわけです。

 

でも、上記の文書の中に以下の記述があるので、 

 

ラベル:医療機器自体、あるいは、各ユニ
ットの包装または複数の機器の包
装のいずれかに表示される文字情
報、印刷された情報、または図形
による情報。
ラベリング:ラベル、取扱説明書、および
医療機器の識別情報、技術的詳細、
使用目的および適切な使用法に関
する、その他の全ての情報。ただ
し発送書類は除く。

 

labelingは「ラベリング」でいいのか~と思ったのです。

まぁ、英訳では問題になりませんが、和訳の際にはクライアントからの指示・用語集に従ってください。

 

少し調べたところ、PMDA Updatesで「ラベリング」という言い方が使われているので、イートモでも「ラベリング」に変えようと思います。

変更が必要になったときフットワークが軽いのがイートモのいいところ。

コロコロと内容が変わるので、常に最新のイートモを使ってくださいね

 

« 「腫瘍溶解性ウイルス」 | トップページ | 上京ガール »

フォト

イートモ

  • 9月1日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想