« Cross-Transer | トップページ | 「くりんご」ですと »

2019年8月24日 (土)

富士通アトラス

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

Med-Transerで思い出しました。

 

富士通アトラス

 

まだ販売しているようです。

 

ATLAS(アトラス)は業界最高水準の翻訳精度を誇る翻訳ソフトです。高品質翻訳ソフトの定番として、発売以来数多くのお客様に支持され、No.1のシェアを維持してきました。

 

へー、そうなんですね。

かなり前ですが、Medical Translator NARITAは富士通アトラスを買ったのです。

15~20年ほど前だったと思います。

翻訳スピードには驚きましたけど、結局、使わないままでした。

アトラスに辞書登録(今でいう翻訳メモリの作成)をして鍛えれば、翻訳作業がかなり軽減されるかと思いましたが、忙しさのためやらずじまい。

当時のアトラスでは、単語の登録は簡単だったけど、センテンスやフレーズの登録は厄介だったことをおぼえています。

その後、翻訳メモリの作成はイートモとして独自に進むことになったのです。

 

今の富士通アトラスには、翻訳メモリの作成機能やマッチ率の表示機能などが当たり前のようにあるようです。

トラドスやメムソースなどと同じか~。

当時からこの機能があったら楽だったのに。

機械翻訳の精度や翻訳メモリ機能の精度がどれが高いかによって、どのツールを使うかということになるのでしょうか。

 

翻訳メモリを活用する



toggle-list翻訳メモリを使用した翻訳例

翻訳メモリを収録した辞書を使って翻訳したとき、対訳エディタでは、翻訳メモリの適用状況が青・赤・黒の三色でわかります。

  • 青い文字(100%マッチ) は、100%マッチする翻訳メモリを示します。
  • 赤い文字(ファジーマッチ) は、指定したマッチ率以上の翻訳メモリを示します。
  • 黒い文字(機械翻訳) は、指定したマッチ率以上の翻訳メモリがなく、機械翻訳エンジンが翻訳した結果です。
辞書共有の説明
 
 
昔、イートモの前身をパソコンで使えるようにシステム開発してくれませんかと富士通に依頼したことがあったけど、簡単に断られたよ。w
金をちゃんと払ってくれるかどうか疑ったんだろうな。

« Cross-Transer | トップページ | 「くりんご」ですと »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想