« イートモちゃん | トップページ | 九州から帰ってきました »

2019年8月 5日 (月)

「未変化体」

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の作成や見直しをしているといろいろな気付きがあります。

今日は「未変化体」。

医薬系翻訳をしている人にとっては「未変化体」という日本語もその英訳のしかたも簡単すぎることです。

初歩中の初歩。

 

ライフサイエンス辞書で調べると、

Mihenkatai

正しいのですが、名詞形でしか載っていない。

しかも、コーパスには1例のみ。

医療従事者とか研究者に向けたものなんでしょう。

 

Google先生で調べると、対訳形式になっていると言えば、

Mihenkatai1

こんな感じ。

医学翻訳フリーランサーの役には立たないですね。

勝手に提示しておいてなんだけど、参考にしたらアウト。

 

英辞郎さんのほうがマシ。

Mihenkatai21

 

有名なこちらのサイトやウィキペディアなどでていねいに説明してくれるけど、正直言って医学翻訳フリーランサーとしては、理論などを詳しく知ることは大事なんですが、それよりも「ちゃちゃっと訳して、とっとと金にしたい」というのが本音では?

少なくともMedical Translator NARITAは現役時代そんな奴でした。そんな奴が作成しているのがイートモ。

Kenshoen_20190804122401

 

イートモで「未変化体」を検索してみました。

98件のセンテンスベース対訳がヒットしました。

 

推敲が終わったので、以下に紹介します。

 

参考にする場合には自己責任で。

実際のイートモの表示画面のサンプルはこちら

 

英文

和文

(Dose-normalized AUC of unchanged Drug A after oral administration/dose-normalized AUC of unchanged Drug A after intravenous administration) × 100

(経口投与後における薬剤A未変化体の用量補正AUC/静脈内投与後における薬剤A未変化体の用量補正AUC)×100

After a single oral dose of 10 mg of Drug A to 5 healthy adults while fasting, very small amount of the unchanged drug was excreted in the urine up to 24 hours after administration, with less than 1.0% of the given dose being excreted in all cases.

健康成人5例に薬剤A 10mgを空腹時に単回経口投与後、この未変化体は投与24時間後までに非常に少量が尿中に排泄され、すべての症例で投与量の1.0%未満が排泄された。

After oral administration of Drug A, systemic exposure to Metabolite A was on average about 10-fold higher than the exposure to the unchanged drug (on the basis of molar concentrations).

薬剤Aの経口投与後、代謝物Aの全身曝露量は未変化体の曝露量よりも平均で約10倍大きかった(モル濃度基準《換算》)。

All of these metabolites possess retinoid activity that is more than that of the unchanged drug.

これらの代謝物のすべてがレチノイド作用を持っており、未変化体のものよりも強い。

Although substantial exposure was achieved in all animal species used in toxicity studies, based on dose-normalized Cmax and AUC values, humans were exposed to higher levels of unchanged Drug A per unit dose than animals.

毒性試験に用いたすべての動物種で大きな曝露量となったが、用量補正したCmax値及びAUC値を基準にすると、単位用量あたりの薬剤A未変化体の曝露量はヒトのほうが動物よりも大きかった。

Although the extent of absorption varied in different animal species, it was of little clinical significance as the oral bioavailability of Drug A in humans is estimated to be 70%, based on the urinary recovery of unchanged Drug A.

吸収の程度には動物種によってばらつきがあったが、ヒトにおける薬剤Aの経口バイオアベイラビリティは薬剤A未変化体の尿中回収量に基づき70%と推定されるので、このばらつきは臨床的にほとんど問題になるものではなかった。

Approximately 35% to 50% of Drug A is excreted unchanged in the urine.

薬剤Aの約35~50%が尿中に未変化体として排泄される。

Approximately 50% of the dose was recovered as unchanged penicillin in the urine during the first 6 hours after administration.

投与量の約50%が投与後の最初の6時間にペニシリン未変化体として尿中に排泄された《回収率》。

Approximately 70% of Drug A was excreted as unchanged drug in the urine.

薬剤Aの約70%は未変化体として尿中に排泄された。

Approximately 80% of the dose is excreted in the urine either as glucuronides of Drug A or as unchanged Drug A.

投与量の約80%が薬剤Aのグルクロン酸抱合体又は薬剤A未変化体として尿中に排泄される。

Biliary excretion of unchanged Drug A was not observed in rat and was less than 5% in human.

薬剤A未変化体の胆汁中排泄はラットでは認められず、ヒトでは5%未満であった。

Both renal and non-renal mechanisms are involved in Drug A elimination, with renal elimination of unchanged drug as the primary pathway.

腎性及び非腎性の両方の機序が薬剤Aの排出に関与しており、未変化体の腎排出が主要な経路である。

changes in plasma concentration of the unchanged drug after single intravenous administration of Drug A to healthy adult male subjects

健康成人男性被験者に対する薬剤Aの単回静脈内投与後における血漿中未変化体濃度の推移

Cmax and AUC0-24h of unchanged Drug A increased as the number of repeated doses increased and reached a steady state at Week 10.

薬剤A未変化体のCmax及びAUC0-24hは反復投与の回数が増加するにつれて上昇し、10週目に定常状態に達した。

Coadministration with cyclosporine increased the Cmax and AUC0-inf of unchanged Drug A by 1.5-fold and 2.0-fold, respectively, compared with oral administration of Drug A alone, whereas there were no major differences in the incidence of adverse events between Drug A with and without cyclosporine.

シクロスポリンとの併用投与により、薬剤A未変化体のCmax及びAUC0-infは薬剤Aの単独経口投与と比較してそれぞれ1.5倍及び2.0倍高かったのに対して、有害事象の発現率には薬剤Aとシクロスポリンの併用及び非併用の間で大きな差がなかった。

Collection of plasma samples near the time of the ECG measurement is encouraged to permit an exploration of the relationship between unchanged drug and active metabolite concentrations and any resulting ECG changes.

未変化体及び活性代謝物の濃度と心電図変化の関係について探求できるように、心電図測定時点の近くで血漿試料の採取を積極的に行うこととする。

Compound A shows little toxicity and is eliminated from the body intact by either the kidneys or in the faces.

化合物Aは毒性をほとんど示さず、腎臓を介してあるいは糞中に未変化体として体内から排出される。

Drug A activity is primarily due to the unchanged drug.

薬剤Aの作用は主に未変化体に由来する《作用の本体》。

Drug A is both excreted in the urine intact and extensively metabolized to four major metabolites.

薬剤Aは尿中に未変化体としても排泄されるし、著しく代謝されて4種類の主要代謝物にもなる。

Drug A is eliminated predominantly by hepatic metabolism with little unchanged drug recovered in the urine and feces.

薬剤Aは主に肝代謝によって排出され、未変化体は尿中及び糞中にほとんど排泄されない《回収されない》。

Drug A is predominantly eliminated by the kidney, with urinary recovery of unchanged drug at steady state ranging from 60% to 80% of the administered dose.

薬剤Aは主に腎臓によって排出され、定常状態における未変化体の尿中回収率は投与量の60~80%の範囲であった。

Drug A is primarily eliminated through the kidneys as unchanged drug in the urine in all species, including humans.

薬剤Aは、ヒトを含むすべての動物種において主に腎臓から未変化体として尿中に排出される。

Drug A is well absorbed and is extensively metabolized in humans, with less than 5% of the dose excreted unchanged in urine and feces.

薬剤Aはヒトにおいて吸収が良好で、大幅に代謝され、尿中及び糞中に未変化体として排泄されるのは投与量の5%未満である《排泄率》。

Excretion of intact Drug A represents only a few percent of the dose.

薬剤A未変化体の排泄は投与量の数パーセントにすぎない。

Excretion of the unchanged drug in the urine accounted for 70% to 80% of the dose within 48 hours after administration.

この未変化体の尿中排泄は投与後48時間以内に投与量の70~80%を占めた。

Excretion of unchanged Drug A in urine or bile was minor in rats, accounting for ≤ 15% of either intravenous or oral doses.

薬剤A未変化体の尿中排泄又は胆汁中排泄はラットにおいて少なく、その割合は静脈内投与量又は経口投与量の15%以下であった。

Figure 1 shows the counts per minute per band of unchanged Drug A in the kidney and others at 48 hour after administration.

図1には投与48時間後の腎臓等における薬剤A未変化体の各バンドのカウント毎分《cpm》を示す。

Following a single oral dose (2 mg/kg) or intravenous dose (0.5 mg/kg) of 14C-Drug A to rats, the absolute bioavailability of unchanged Drug A was 10.0% and the absorption rate of the radioactivity was 90.0%.

ラットに14C標識薬剤Aを単回経口投与(2mg/kg)又は単回静脈内投与(0.5mg/kg)したとき、薬剤A未変化体の絶対バイオアベイラビリティは10.0%、放射能の吸収率は90.0%であった。

Following a single oral dose of 14C-labeled Drug A to lactating rats, 14C radioactivity was rapidly and extensively transferred into the milk and essentially consisted of unchanged Drug A.

授乳中のラットに14C標識薬剤Aを単回経口投与したとき、14C放射能は速やかかつ大量に乳汁中に移行し、ほとんどが薬剤A未変化体に由来するものであった。

Following a single oral dose of 2 mg/kg of 14C-Drug A to rats, the percentage of AUC of unchanged Drug A to that of the radioactivity in the plasma and gastric wall was 1.0% and 60.0%, respectively.

ラットに14C標識薬剤A 2mg/kgを単回経口投与したとき、薬剤A未変化体のAUCの血漿中及び胃壁中の放射能AUCに対する割合はそれぞれ1.0%及び60.0%であった。

Following administration of 14C-labeled Drug A, plasma radioactivity, expressed as a percent of the administered dose, was present primarily as intact Drug A.

14C標識薬剤Aの投与後、血漿中放射能を投与量に対する割合として表したところ、主に薬剤A未変化体として存在していた。

Following intravenous administration of 14C-Drug A, approximately 75% of the dose was excreted unchanged in the feces while less than 20% was recovered in the urine.

14C標識薬剤Aの静脈内投与後、投与量の約75%が未変化体として糞中に排泄され、20%未満が尿中に排泄された。

Following single doses of Drug A to healthy Japanese subjects, 3.5% to 6.0% of dose was excreted as unchanged Drug A in urine.

薬剤Aを健康な日本人被験者に単回投与したとき、投与量の3.5~6.0%が未変化体として尿中に排泄された。

Gel electrophoresis of radioactivity in the spleen showed that approximately 90% of the radioactivity represented intact drug.

脾臓の放射能のゲル電気泳動により、その放射能の約90%は未変化体のものであることが示された。

In man, less than 1% of the dose administered is excreted unchanged in the urine.

ヒトでは、投与量の1%未満が未変化体として尿中に排泄される《尿中排泄率》。

In plasma, [14C]-Drug A predominantly existed unchanged.

血漿中において[14C]標識薬剤Aは主に未変化体として存在した。

In rats, unchanged Drug A and its metabolites are mainly excreted in feces through the bile.

ラットでは、薬剤A未変化体及びその代謝物は主に胆汁を介して糞中に排泄される。

In the 30-day repeated oral dose study, the AUC0-24h and Cmax of unchanged Drug A increased in a dose-proportional manner over the dose range of 1 to 3 mg/kg/day and increased more than dose-proportionally over the dose range of 3 to 30 mg/kg/day.

この30日間反復経口投与試験において、薬剤A未変化体のAUC0-24h及びCmaxは1~3mg/kg/日の用量範囲で用量比例性に上昇し、3~30mg/kg/の用量範囲で用量比を上回る上昇を示した。

In the bile duct cannulated rat, unchanged drug was the major component in bile and feces after intravenous administration, suggesting the possible presence of enterohepatic circulation.

胆管カニューレ挿入ラットでは、未変化体が静脈内投与後の胆汁中及び糞中における主要成分であったことから、腸肝循環の存在が示唆された。

In the rat blood after intravenous and oral dosing, Compound A was the main metabolite amounting to 50% of the AUC, followed by unchanged Drug A, Metabolite A, and numerous minor metabolites.

静脈内投与後及び経口投与後のラット血液中において、化合物AがAUCの50%に達する主要代謝物で、次いで薬剤A未変化体、代謝物A、多数の微量代謝物の順であった。

Integration of the peak from the liver sample indicated that it represented 95% to 100% intact 33P-Drug A.

この肝臓試料に由来するピークを合計したところ、その値は33P標識薬剤A未変化体の95~100%に相当することが示された。

It could not be determined whether the radioactivity represented intact Drug A in the brain and skeletal muscle, because of the low concentration of radioactivity.

脳及び骨格筋では放射能濃度が低かったため、その放射能が薬剤A未変化体を反映するものかどうかを確認することができなかった。

Less than 10% of the dose is excreted in the urine as either unchanged drug or metabolites.

投与量の10%未満が未変化体又は代謝物として尿中に排泄される《尿中排泄率》。

Less than 10% of the radiolabeled dose was recovered as unchanged drug in urine.

放射能標識した投与量の10%未満が尿中に未変化体として排泄された《尿中回収率》。

Little or no unchanged Drug A was excreted in urine in any species including human, which suggested that renal clearance of Drug A was insignificant.

ヒトを含むいずれの動物種でも尿中に薬剤A未変化体はほとんど排泄されないか、まったく排泄されなかったことから、薬剤Aの腎クリアランスは大きくないと考えられた。

Mean concentrations of unchanged Drug A were maximal at 30 minutes post-dose and accounted at that time for approximately 90% of plasma total radioactivity.

薬剤A未変化体の平均濃度は投与30分後に最高値となり、その時点で血漿中の総放射能量の約90%を占めた。

Metabolite A accumulated more in plasma than the unchanged drug as was expected from its flat plasma concentration-time profile observed after single administration.

代謝物Aは、単回投与後の平坦な血漿中濃度・時間プロファイルから予想されたとおり、血漿中に未変化体よりも多く蓄積した。

No unchanged Drug A was recovered in the urine, but its metabolite represented 70% of total radioactivity excreted in the urine.

薬剤Aの未変化体は尿中に排泄されなかったが、その代謝物は尿中に排泄された総放射能の70%に相当した。

On the mass chromatograms, in addition to the unchanged Drug A, its desmethyl metabolite, and N-methyl derivative and glucuronide conjugates of the desmethyl metabolite were detected.

マスクロマトグラム上では、薬剤A未変化体に加えて、その脱メチル代謝物、さらに脱メチル代謝物のN-メチル体及びグルクロン酸抱合体が検出された。

On the other hand, AUC was 3-fold higher for Metabolite A than for the parent drug in mice and similar or slightly lower in dogs and monkeys.

一方、AUCはマウスにおいて代謝物Aのほうが未変化体よりも3倍高く、イヌ及びサルにおいて同程度又はわずかに低かった。

Over the same period, only 10% to 15% of the dose is excreted in the urine as unchanged drug or metabolites.

同じ期間に、投与量の10~15%だけが未変化体又は代謝物として尿中に排泄される。

Pharmacological activity resides in the parent drug.

薬理作用は未変化体に存在する《薬理作用の本体は未変化体である》。

Plasma concentrations of Drug A were determined with a validated HPLC with fluorescence detection method specific for unchanged drug.

薬剤Aの血漿中濃度は、バリデーション済み《検証済み》のHPLC及び未変化体に特異的な蛍光検出法で測定した。

Plasma concentrations of unchanged Drug A and its metabolites were determined by high performance liquid chromatography/tandem mass spectrometry (LC/MS/MS).

薬剤A未変化体及びその代謝物の血漿中濃度は高速液体クロマトグラフィー・タンデム質量分析(LC/MS/MS)で測定した。

Plasma concentrations of unchanged Drug A reached a steady-state within 2 days, and the AUC0-inf and Cmax increased in an almost dose-proportional manner.

薬剤A未変化体の血漿中濃度は2日間以内に定常状態に到達し、AUC0-inf及びCmaxはほぼ用量比例性に上昇した。

Regardless of the route of administration, exposure to the parent drug and its major metabolites should be similar to or greater than that achieved in humans.

投与経路に関係なく、未変化体及びその主要代謝物の曝露量はヒトの場合と同等であるか、それ以上でなければならない。

Relative to unchanged Drug A, all metabolites showed less potent binding affinities and antagonistic activities against opioid receptors.

薬剤A未変化体と比較して、いずれの代謝物もオピオイド受容体に対する結合親和性は弱く、拮抗作用も弱かった。

Renal clearance was negligible, since less than 1% of the administered dose was excreted in the urine as unchanged Drug A.

薬剤A未変化体として尿中に排泄されたのは投与量の1%未満であったことから、腎クリアランスは無視できる程度であった。

Sixty-five percent of the dose is excreted in the urine as unchanged drug.

投与量の65%は尿中に未変化体として排泄される。

Subsequently, the conjugates and possibly unchanged Drug A are eliminated with the bile, most probably by active canalicular transport.

その後、これらの抱合体だけではなくおそらく薬剤Aの未変化体も胆汁とともに排出されるが、これは能動的な毛細胆管輸送によるものと考えられる。

Table 1 and Table 2 show the plasma pharmacokinetic parameters of unchanged Drug A and its metabolites following once-daily oral administration of Drug A for 30 days or 9 months in male and female dogs.

表1及び表2には、雌雄イヌに対して薬剤Aを1日1回で30日間又は9ヵ月間経口投与したときの薬剤A未変化体及びその代謝物の血漿中薬物動態パラメータを示す。

The activity of the major metabolite was almost the same as or weaker than that of parent drug.

この主要代謝物の活性は未変化体とほぼ同じあるいは未変化体よりも弱かった。

The amount of Drug A excreted as unchanged drug into the feces ranged from 60% of the dose in the monkey to 80% of the dose in the rat.

糞中に未変化体として排泄された薬剤Aの量は、サルにおける投与量の60%からラットにおける投与量の80%までの範囲に及んだ。

The amounts of Drug A that remained unchanged in the reaction mixture containing the microsomes expressing CYP1A1, 3A4, and 3A5 were 3.0%, 40.0%, and 60.0%, respectively, of those with control microsomes expressing no CYP.

CYP1A1、3A4、3A5発現ミクロソームを含む反応混合液に薬剤Aが未変化体のまま残った量は、CYPを発現していない対照ミクロソームにおける量のそれぞれ3.0%、40.0%、60.0%であった。

The applicant explained that the inhibitory effect of M-I and M-II was ≤ 1/100 of that of unchanged Drug A and that the metabolites were unlikely to contribute to the clinical efficacy.

申請者は、M-I及びM-IIの阻害作用は薬剤A未変化体の1/100以下であること、これらの代謝物が臨床的有効性に寄与する可能性は低いことを説明した。

The applicant explained that unchanged Drug A and its metabolites crossed the placenta and were transferred to the fetus.

申請者は、薬剤A未変化体及びその代謝物は胎盤を通過し、胎児に移行することを説明した。

The applicant explained that unchanged Drug A or its metabolites have melanin affinity.

申請者は、薬剤A未変化体又はその代謝物はメラニン親和性を有することを説明した。

The bioavailability, calculated as the oral vs. intravenous ratio of the AUC values of unchanged Drug A, was 50%.

薬剤A未変化体のAUC値の経口投与/静脈内投与比として算出したバイオアベイラビリティは50%であった。

The clearance of the unchanged drug from plasma was calculated by dividing the dose by the AUC.

この未変化体の血漿からのクリアランスは投与量をAUCで割って算出した。

The concentrations of Metabolite A in the systemic circulation following single oral doses of Drug A were comparable to those of the unchanged drug.

薬剤Aの単回経口投与後、体循環における代謝物Aの濃度は未変化体の濃度と同等であった。

The conjugates of Drug A and its metabolites may be transferred via bile into the intestine, where they may be hydrolyzed by intestinal enzymes to their hydroxy metabolites and reabsorbed or excreted in feces as parent Drug A or hydroxylated metabolites of Drug A.

薬剤Aとその代謝物の抱合体は胆汁を介して腸内に輸送され、そこで腸内酵素によって加水分解されてヒドロキシ代謝物となり、再吸収されるか、あるいは薬剤Aの未変化体又はヒドロキシ化代謝物として糞中に排泄されると考えられる。

The elimination of the unchanged drug from the plasma after intravenous injection occurred in 2 phases with half-lives of 10 minutes at α phase and 60 minutes at β phase.

静注後の血漿中からの未変化体の排出は2相性を示し、半減期はα相で10分、β相で60分であった。

The lower limit of quantification (LLOQ) in rat plasma was 0.5 ng/mL for unchanged Drug A and 0.1 ng/mL for Metabolite A.

ラット血漿中における定量下限値(LLOQ)は、薬剤A未変化体が0.5ng/mL、代謝物Aが0.1ng/mLであった。

The lower limit of quantitation of unchanged Drug A was 0.1 ng/mL.

薬剤A未変化体の定量下限は0.1ng/mLであった。

The majority of the fecal recovery was unchanged Drug A (about 25% for either an oral or intravenous dose).

糞中回収量の大半は薬剤A未変化体であった(経口投与及び静脈内投与のどちらも投与量の約25%)。

The measurements in dialysate of the unchanged drug and most metabolites were below the expected MICs.

透析液中における未変化体及びほとんどの代謝物の測定値は予想MIC値よりも低かった。

The multiphasic elimination pattern in dogs is not presumed to be caused by enterohepatic circulation because the unchanged drug was not detected in the bile in a rat study.

イヌにおけるこの多相性消失パターンは、ラット試験で未変化体が胆汁中に検出されなかったことから、腸肝循環に起因するものではないと推察される。

The predominant circulating component after intravenous and oral administration of [3H]-Drug A was the unchanged Drug A, accounting for 90% and 95% of the total AUC.

[3H]標識薬剤Aの静脈内投与後及び経口投与後、循環血液中の主な成分は薬剤A未変化体で、総AUCの90%及び95%を占めた

The radioactivity concentrations (unchanged Drug A equivalent) in the plasma and gastric wall at 5 hours post-dose were 1 ng eq./mL and 1000 ng eq./g, respectively.

投与5時間後における血漿中及び胃壁中の放射能濃度(薬剤A未変化体換算)はそれぞれ1ng eq./mL及び1000ng eq./gであった。

the time course of QT interval prolongation in relation to plasma concentrations of the parent drug and any active metabolites

QT間隔延長の経過と未変化体及び活性代謝物の血漿中濃度の関係

The total urinary recovery was 35% with unchanged Drug A accounting for 20% of the dose.

総尿中排泄率《回収率》は35%で、薬剤A未変化体が投与量の20%を占めた。

The unchanged drug is present only in low amounts.

この未変化体は少量が存在するにすぎない。

Total recovery in urine and feces of unchanged Drug A accounted for 96% to 98% of oral and intravenous doses.

薬剤A未変化体の尿中及び糞中における総排泄量《回収量》は、経口投与量及び静脈内投与量の96~98%を占めた。

Unchanged Drug A accounted for 10.0% and 20.0% of the radioactivity in plasma and milk, respectively, at 1 to 24 hours post-dose.

投与1~24時間後における血漿中及び乳汁中の放射能に占める薬剤A未変化体の割合はそれぞれ10.0%及び20.0%であった。

Unchanged Drug A accounted for 35% of total radioactivity excreted in the urine, and its main metabolite, a cysteine conjugate, accounted for 40%.

薬剤A未変化体は尿中に排泄された総放射能の35%を占め、その主要代謝物であるシステイン抱合体は40%を占めた。

Unchanged Drug A accounted for 5% of the dose, the remainder being metabolites.

薬剤A未変化体が投与量の5%を占め、残りは代謝物であった。

Unchanged Drug A accounts for 90% of the recovered radioactivity from plasma and for 70% of the area under the curve.

薬剤A未変化体は、血漿から回収された放射能の90%、曲線下面積の70%を占めた。

Unchanged Drug A is the major molecular species present in feces.

薬剤A未変化体が糞中に存在する主要な分子種である。

Unchanged Drug A was the major component of tissue radioactivity at all sampling times after oral and intravenous administration.

薬剤A未変化体が、経口投与後及び静脈内投与後のすべての試料採取時点における組織中放射能の主要な成分であった。

Unchanged Drug A was the major molecular species in feces, accounting for a mean of 70% of the administered dose, followed by Metabolite A and Metabolite B.

薬剤A未変化体が糞中の主要な分子種で、投与量の平均70%を占め、代謝物A及び代謝物Bが続いた。

Unchanged drug concentrations in plasma were determined by liquid chromatography tandem mass spectrometry (LC-MS/MS).

血漿中の未変化体濃度は液体クロマトグラフィー・タンデム質量分析法(LC-MS/MS)で測定した。

Urinary excretion was the predominant route of elimination with unchanged Drug A representing 50.0% of the dose.

尿中排泄が主な排出経路で、薬剤A未変化体が投与量の50.0%を占めた。

Virtually no unchanged Drug A was detected in the urine of these species, indicating no contribution by renal clearance to the total body clearance of the drug.

薬剤A未変化体はこれらの動物種の尿中にほとんど検出されなかったことから、本剤の全身クリアランスに腎クリアランスは寄与《関与》していないことが示された。

When 3H-Drug A was given to patients with normal renal function, urinary excretion rate was 10%, and the unchanged drug accounted for 0.1% of the dose.

3H標識薬剤Aを正常腎機能の患者に投与したとき、尿中排泄率は10%で、未変化体は投与量の0.1%を占めた。

When an oral dose of 10 mg of Drug A was administered once a day after breakfast for 7 days to 5 healthy adults, the elimination rates of the unchanged drug 24 hours after administration on the 1st and 7th days were less than 1.0% as in the single administration.

健康成人5例に薬剤A 10mgを1日1回で7日間朝食後に経口投与したとき、1日目及び7日目の投与24時間後における未変化体の排出率は単回投与時と同じく1.0%未満であった。

When Drug A 25 or 50 mg was administered as a single dose to healthy adult males, the absorption was rapid, and the time to reach maximum plasma concentration of unchanged drug was 1.5-2.5 hours.

薬剤A 25mg又は50mgを健康成人男性に単回投与したとき、吸収は速く、未変化体の最高血漿中濃度到達時間は1.5~2.5時間であった。

When female rabbit hepatocytes were incubated with 10 µmol/L of 14C-Drug A at 37 deg C for 4 hours, 90.0% remained as unchanged drug.

雌ウサギの肝細胞を14C標識剤A 10µmol/Lと37℃で4時間インキュベートしたとき、90.0%は未変化体のままであった。

« イートモちゃん | トップページ | 九州から帰ってきました »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想