« 『医療英語及び多言語マッチングサイト』 | トップページ | 富士通ケータイ、買っちまった »

2019年8月26日 (月)

『生理食塩液』

全国のイートモユーザーのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の作成並びに見直しをしていると、いろいろと気づきや疑問が出てきます。

今日は「生理食塩水」と「生理食塩液」。

英語ではphysiological saline、saline。

pmdaのサイトでは「生理食塩液」が圧倒的に多く使われています。

しかも日本薬局方(Japanese Pharmacopoeia)でも「生理食塩液」。

で、医薬品各条(monograph)を念のため見てみます。

 

生理食塩液
Isotonic Sodium Chloride Solution
0.9%塩化ナトリウム注射液
等張塩化ナトリウム注射液
等張食塩液
本品は水性の注射剤である.
本品は定量するとき,塩化ナトリウム(NaCl:58.44) 0.85
~ 0.95 w/v%を含む.
製法
塩化ナトリウム 9 g
注射用水又は注射用水(容器入り) 適量
全量 1000 mL
以上をとり,注射剤の製法により製する.
本品には保存剤を加えない.
性状 本品は無色澄明の液で,弱い塩味がある.
確認試験 本品はナトリウム塩及び塩化物の定性反応〈1.09〉
を呈する.
pH〈2.54〉 4.5 ~ 8.0
純度試験
(1) 重金属〈1.07〉 本品100 mLを水浴上で濃縮して約40
mLとし,希酢酸2 mL及び水を加えて50 mLとする.これを
検液とし,試験を行う.比較液は鉛標準液3.0 mLに希酢酸2
mL及び水を加えて50 mLとする(0.3 ppm以下).
(2) ヒ素〈1.11〉 本品20 mLをとり,これを検液とし,
試験を行う(0.1 ppm以下).
エンドトキシン〈4.01〉 0.50 EU/mL未満.
採取容量〈6.05〉 試験を行うとき,適合する.
不溶性異物〈6.06〉 第1法により試験を行うとき,適合する.
不溶性微粒子〈6.07〉 試験を行うとき,適合する.
無菌〈4.06〉 メンブランフィルター法により試験を行うとき,
適合する.
定量法 本品20 mLを正確に量り,水30 mLを加え,強く振り
混ぜながら0.1 mol/L硝酸銀液で滴定〈2.50〉する(指示薬:フ
ルオレセインナトリウム試液3滴).
0.1 mol/L硝酸銀液1 mL=5.844 mg NaCl
貯法 容器 密封容器.本品は,プラスチック製水性注射剤容
器を使用することができる.
Isotonic Sodium Chloride Solution
0.9z Sodium Chloride Injection
Isotonic Salt Solution
Isotonic Sodium Chloride Injection
生理食塩液
Isotonic Sodium Chloride Solution is an aqueous injection.
It contains not less than 0.85 w/vz and not more
than 0.95 w/vz of sodium chloride (NaCl: 58.44).
Method of preparation
Sodium Chloride 9 g
Water for Injection or Sterile Water
for Injection in Containers a sufficient quantity
To make 1000 mL
Prepare as directed under Injections, with the above ingredients.
No preservative is added.
Description Isotonic Sodium Chloride Solution is a clear,
colorless liquid. It has a slightly saline taste.
Identification Isotonic Sodium Chloride Solution responds
to the Qualitative Tests <1.09> for sodium salt and for chloride.
pH <2.54> 4.5 – 8.0
Purity (1) Heavy metals <1.07>—Concentrate 100 mL of
Isotonic Sodium Chloride Solution to about 40 mL on a
water bath, and add 2 mL of dilute acetic acid and water to
make 50 mL. Perform the test using this solution as the test
solution. Prepare the control solution with 3.0 mL of Standard Lead Solution and 2 mL of dilute acetic acid, and add
water to make 50 mL (not more than 0.3 ppm).
(2) Arsenic <1.11>—Prepare the test solution with 20 mL
of Isotonic Sodium Chloride Solution, and perform the test
(not more than 0.1 ppm).
Bacterial endotoxins <4.01> Less than 0.50 EU/mL.
Extractable volume <6.05> It meets the requirement.
Foreign insoluble matter <6.06> Perform the test according
to Method 1: it meets the requirement.
Insoluble particulate matter <6.07> It meets the requirement.
Sterility <4.06> Perform the test according to the Membrane filtration method: it meets the requirement.
Assay Measure exactly 20 mL of Isotonic Sodium Chloride
Solution, add 30 mL of water, and titrate <2.50> with 0.1
mol/L silver nitrate VS with vigorous shaking (indicator: 3
drops of fluorescein sodium TS).
Each mL of 0.1 mol/L silver nitrate VS
= 5.844 mg of NaCl
Containers and storage Containers—Hermetic containers.
Plastic containers for aqueous injections may be used.


physiological salineまたはsalineを使っていないんですよ。

さらに、試薬の項目には以下のようにあります。

 

ホスファターゼ,アルカリ性 ウシ小腸から得たもので,白色
~灰白色又は黄褐色の凍結乾燥した粉末である.
本品1 mgは1単位以上を含み,塩類は含まない.ただし,
本品の1単位とは,4-ニトロフェニルリン酸エステルを基
質にして,pH 9.8で37℃,1分間に1 μmolの4-ニトロフェ
ノールを生成する酵素量とする.
Phosphatase, alkaline Obtained from bovine small intestine. A white to grayish white or yellowish brown, lyophilized powder.
It contains not less than 1 unit per mg, not containing any
saline. One unit indicates an amount of the enzyme which
produces 1 mmol of 4-nitrophenol at 379C and pH 9.8 in 1
minute from 4-nitrophenyl phosphate used as the substrate.

 

時間のある人は他の公定書でさらに詳しく調べてください。

とりあえず、イートモでは「生理食塩液」でいきます。

状況が変われば、またその都度、イートモも変わるということで。

 

医学翻訳フリーランサーとしては、いつも言うように、翻訳会社やクライアントの指示・用語集に従うというスタンスででしょうか?

このレベルのことで貴重な時間と労力を使わず、どんどん前に進めましょう。

 

イートモ対訳については基本的に「生理食塩液」に統一しました。

どうも日本薬局方の記述が昔の版から変わったような気がします。

今はだれでも容易に日本薬局方の和文も英文も見ることができるので、もう少し調べた上で、日本薬局方の対訳をイートモから削除するかもしれません。

 

英文 和文
a 50 micromolar (µM) solution of Drug A in normal saline 生理食塩液で調製した薬剤Aの50µM溶液
A method for studying the renal action of AVP in the saline-infused conscious unrestrained rat is described. 生理食塩液が点滴静注された意識のある非拘束ラットを対象に、AVPの腎臓に対する作用を検討するための方法について記載する。
After 3 hours, the dressing was removed, excess cream was cleaned off gently with saline solution, and illumination performed immediately. 3時間後、包帯をはずし、余分なクリームを生理食塩液で穏やかに取り除き、すぐに光照射を行った。
All drugs were prepared daily in saline and kept on ice during the course of the experiments. いずれの薬剤も生理食塩液で毎日調製し、これらの実験の期間中、氷冷保管した。
Compound A was dissolved in ethanol/emulphor/saline (1:1:10). 化合物Aはエタノール・エマルフォー・生理食塩液(1:1:10)に溶解させた。
Control animals received intravenous saline at the same volume as Drug A-treated animals. 対照動物には、薬剤A投与動物と同じ容量で生理食塩液を静脈内投与した。
Drug A elicited a response similar to that elicited by the injection of saline. 薬剤Aは生理食塩液の注射によって誘発される反応と同様の反応を誘発した。
Drug A should be diluted in 0.9% saline to a concentration specified in the protocol and should be administered using a 1.2 µM in-line filter and an infusion pump. 薬剤Aは0.9%生理食塩液で治験実施計画書に規定された濃度に希釈し、1.2µMインラインフィルター及びインフュージョンポンプを用いて投与する。
Drug A was made into a stock solution at 25 mg/ml in sterile phosphate-buffered saline. 薬剤Aは、無菌のリン酸緩衝生理食塩液で25mg/mlの原液とした。
Following dilution in 0.9% saline to concentrations of 0.2 to 3.0 mg/mL, the solution can be stored in i.v. bags for several hours at room temperature or refrigerated overnight at 2 to 8 deg C without loss of protein concentration or product stability. 0.9%生理食塩液で0.2~3.0mg/mLの濃度に希釈した後、当該溶液は輸液バッグに入れたとき、タンパク質濃度の低下や製品安定性の低下を示すことなく、室温では数時間、2~8℃の冷蔵では一晩保管することができる。
For administration to the patient, this solution must be infused into a running stream of 0.9% Sodium Chloride Injection USP (normal saline) through the Y site of an IV line. 患者に投与する際、この溶液を点滴ラインのYサイト《Y字型混注口》から米国薬局方0.9%塩化ナトリウム注射液(生理食塩液)の流れに合流させる。
Four hours after permanent middle cerebral artery occlusion, marmosets received a bolus of saline or Drug A. 中大脳動脈の永久閉塞から4時間後、マーモセットに生理食塩液又は薬剤Aをボーラス投与《急速投与》した。
Half of these animals were treated with Drug A at a dose of 10 mg/kg, and the remaining animals were treated with saline. これらの動物のうち半数には薬剤Aを10mg/kgの用量で投与し、残りの動物には生理食塩液を投与した。
Hemoglobin was dissolved in phosphate buffered saline, bubbled with oxygen for 3 minutes, reduced with 10 M sodium dithionite, and subsequently bubbled with oxygen for an additional 10 minutes. ヘモグロビンをリン酸緩衝生理食塩液に溶解し、酸素を3分間通気し、10M亜ジチオン酸ナトリウムで還元処理し、その後、酸素をさらに10分間通気した。
Immediately after decapitation, the brain was removed, rinsed with saline, and weighed. 断頭の直後、脳を取り出し《摘出し》、生理食塩液で洗浄後、重量を測定した。
Immediately flush the excised blood vessel with physiological saline or Ringer's solution and immediately submerge the blood vessel in 10% neutral, buffered formalin. 摘出した血管はすぐに生理食塩液又はリンゲル液で洗い流し、すぐに血管を10%中性緩衝ホルマリンに浸す。
In the present study, the effect of bupropion was examined in rats trained to discriminate the stimulus effect of nicotine from saline in a two-lever drug discrimination task. 本試験では、2レバー型薬物弁別課題でニコチンの刺激作用を生理食塩液と弁別するように訓練されたラットを用いてブプロピオンの作用を検討した。
It is advisable to administer the epirubicin hydrochloride solution via the tubing of an intravenous saline infusion after checking that the needle is properly placed in the vein. この塩酸エピルビシン溶液は、注射針が静脈に適切に入っていることをチェックした後、生理食塩液の点滴チューブを介して投与するのが賢明である。
Livers were surgically removed, rinsed in phosphate-buffered saline, and homogenized using a tissue homogenizer. 肝臓を外科的に摘出し、リン酸緩衝生理食塩液で洗い流した後、組織ホモジナイザーを用いてホモジナイズした。
Osmotic minipumps were implanted, providing 48-hour saline or drug infusion. 浸透圧ミニポンプを植込み、生理食塩液又は薬剤を48時間点滴静注した。
Osmotic pressure ratio (to physiological saline) 浸透圧比(対生理食塩液)
Other tissues were rinsed with saline, weighed and placed into individual sample tubes containing 2 ml of ice-cold phosphate buffer. 他の組織は生理食塩液で洗い流し、重量測定後《秤量後》、氷冷リン酸緩衝液2mlの入ったサンプルチューブに入れた。
Perfusion with physiological saline and topical application of dimethyl sulphoxide are used with varying success. 生理食塩液の灌流及びジメチルスルホキシドの局所投与が用いられているが、成果にはばらつきはある。
Platelet-rich plasma (PRP) was added to each cuvette and made up to a final volume of 0.5 ml with phosphate buffered saline (PBS). 多血小板血漿(PRP)を各キュベットに加え、リン酸緩衝生理食塩液(PBS)で最終容量を0.5mlとした。
Saline should be used to flush the IV line or extension set at the end of the infusion. 点滴静注の終了時、生理食塩液を用いて輸液ライン又はエクステンションセット《延長セット》を洗い流す。
Saline-treated animals had a debilitating spatial neglect at 3 weeks with residual signs evident at 10 weeks. 生理食塩液が投与された動物は3週後に空間無視の悪化を示し、10週後にも徴候が残っていた。
Set the rate of the normal saline to at least 50 mL/hour and begin the flow. 生理食塩液の流速《流量》を50mL/時間以上に設定し、フローを開始する。
Stability studies indicate that following dilution in 0.9% saline to concentrations of 0.2 to 3.0 mg/mL, the solution can be stored in i.v. bags for several hours at room temperature or refrigerated overnight at 2 to 8 deg C without loss of protein concentration or product stability. 安定性試験が示すように、0.9%生理食塩液で希釈して0.2~3.0mg/mLの濃度とした後、当該溶液を輸液バッグに入れ、室温で保管したときには数時間あるいは2~8℃で冷蔵保管したときには一晩、タンパク質濃度の低下や製品安定性の低下は認められない。
Ten subjects received a single subcutaneous injection of Drug A plus an intravenous infusion of saline. 被験者10例は、薬剤Aの単回皮下注射及び生理食塩液の点滴静注を受けた。
The 6 subjects in the treatment group each received 0.1 mg of Drug A per kilogram of body weight, infused at a rate of 2 mg per minute; the remaining 2 subjects received a similar volume of saline. この投与群の被験者6例のそれぞれには、体重1kgあたり薬剤A 0.1mgが2mg/分の速度で点滴静注され、残りの被験者2例には同等の容量の生理食塩液が投与された。
The benzyl alcohol in the bacteriostatic saline acts as a local anesthetic which may ameliorate SC injection site discomfort. 静菌的生理食塩液に溶解したベンジルアルコールは局所麻酔薬として作用し、皮下注射時の不快感を和らげる《軽減する》。
The dosing solution was composed of unlabeled Drug A and 33P-labeled Drug A formulated in phosphate-buffered saline to a final concentration of 1 mg/ml. この投与液は非標識薬剤Aと33P標識薬剤Aで構成され、リン酸緩衝生理食塩液で最終濃度が1mg/mlになるように調製した。
The funnel was rinsed with 1 ml of heparinized saline, which was collected into the same centrifuge tube. 漏斗をヘパリン加生理食塩液1mlで洗い流し、その液を同じ遠心分離管《遠心管》に集めた。
The gastric perfusion was then implemented with physiological saline at 0.5 mL/min. 次に、生理食塩液を用い0.5mL/minで胃灌流を実施した。
The high dose of Drug A did not induce more abstinence-like signs than saline alone. 薬剤Aの高用量投与が生理食塩液の単独投与よりも多くの禁断様症状を誘発することはなかった。
The IV bag and line must be flushed with 30 mL of saline at the end of the infusion. 輸液バッグと輸液ラインは点滴静注の終了時に30mLの生理食塩液で洗い流すこととする。
The osmotic pressure ratio (to physiological saline) is approx. 3. 浸透圧比(対生理食塩液)は約3である。
The patient was diagnosed with Grade 2 dehydration and treated with intravenous saline in addition to interruption of glyburide and insulin. 当患者はグレード2の脱水症と診断され、グリブリド及びインスリンを投与中断することに加えて、生理食塩液の静脈内投与で治療された。
The recommended dose is 50 mg/50 ml physiological saline, administered through a sterile catheter. 推奨用量は生理食塩液50mlにつき50mgで、無菌カテーテルを通して投与する。
The removed plasma is replaced with albumin and saline. 取り除いた血漿の代わりにアルブミン及び生理食塩液を補充する。
The six subjects in the treatment group each received 0.1 mg of Drug A per kilogram of body weight, infused at a rate of 2 mg per minute; the remaining two subjects received a similar volume of saline. 各投与群の被験者6例には体重1kgあたり薬剤A 0.1mgが2mg/分の速度で点滴静注され、残りの被験者2例には同じ容量の生理食塩液が投与された。
The solution was diluted up to a volume of 1.0 mL with saline. この溶液は生理食塩液で1.0mLの容量まで希釈した。
This product is a sterile, clear, biocompatible, viscoelastic fluid composed of cross-linked sodium hyaluronate in phosphate buffered saline. 本品は、リン酸緩衝生理食塩液で調製した架橋ヒアルロン酸ナトリウムを成分とする無菌かつ透明で、生体適合性がある粘弾性の液体である。
To investigate whether leptin enhances the anorexic effects of Compound A, rats received either saline or leptin before intraperitoneal injection of Compound A. レプチンが化合物Aの食欲抑制作用を強化するかどうかを検討するため、化合物Aの腹腔内注射の前にラットに対して生理食塩液又はレプチンのどちらかを投与した。
To make sure that the vein is properly flushed after drug administration, it is advisable to give the drug via tubing of a freely running saline infusion after checking that the needle is properly placed in the vein. 薬剤の投与後に静脈が十分に洗い流されるように、注射針が静脈内に正しく入っていることをチェックした上で、生理食塩液が自由に流れる点滴チューブから本剤を投与することが望ましい。
Twenty nicotine-dependent rats were injected in the third ventricle with Drug A in saline or with saline alone and observed for abstinence signs over a 30-minute period. ニコチン依存のラット20匹に対して生理食塩液で調製した薬剤Aあるいは生理食塩液を単独で第3脳室に注射し、30分間にわたって禁断症状の有無を観察した。
Use 0.9% saline solution to flush IV line at the end of infusion. 点滴静注の終了時、0.9%生理食塩液を用いて輸液ラインを洗い流す。
Usually for adults, Drug A is undiluted or diluted with isotonic sodium chloride solution, glucose injection or other diluent, and administered intravenously at a dose of 10 µg/kg, gradually over 5 min, and then drip-infused intravenously at a rate of 0.1-0.5 µg/kg/min. 通常、成人には、薬剤Aを希釈せずに、あるいは生理食塩液、ブドウ糖注射液、その他の希釈液で希釈し、10µg/kgの用量で5分間かけてゆっくりと静脈内投与し、その後、0.1~0.5µg/kg/分の速度で点滴静注する。
In the second stage of the study, a single dose of normal saline or 10 mg/kg Drug A was intravenously administered to animals surviving the first stage. 本試験の第2段階では、第1段階の生存動物に対して生理食塩液又は薬剤A 10mg/kgを単回静脈内投与した。
Male rhesus monkeys were allowed to self-administer cocaine (≥ 4 days), and saline was substituted for cocaine (≥ 4 days). 雄アカゲザルにコカインを自己投与させ(4日間以上)、コカインに代わって生理食塩液を与えた(4日間以上)。
To evaluate delayed type hypersensitivity (DTH), vaccine antigens or normal saline was subcutaneously administered on Day 30 or Days 35 and 60. 遅延型過敏反応(DTH)を評価するため、ワクチン抗原又は生理食塩液を30日目又は35日目及び60日目に皮下投与した。
When necessary, the product should be diluted with normal saline or 5% glucose solution for injection. 必要に応じて、本品は生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液で希釈する。
Male rats were trained to discriminate morphine hydrochloride from saline and then given a single oral dose of Drug A 0.1 or 0.3 mg/kg/day. 塩酸モルヒネと生理食塩液を弁別するように雄ラットを訓練し、その後、薬剤A 0.1又は0.3mg/kg/日を単回経口投与した。
The affected area was incised and washed with normal saline. 患部を切開し《開創し》、生理食塩液で洗浄した。
The mean difference in the distance traveled by Evans blue between the vehicle group and the vehicle + saline group was taken as 100%. 溶媒群と溶媒+生理食塩液群におけるエバンスブルー移動距離の群間差の平均値を100%とした。
Five days after the first dose, phosphate-buffered saline containing [3H]-Drug A was administered via the tail vein, and radioactivity in the auricular lymph nodes was determined. 初回投与の5日後、[3H]標識薬剤Aを含むリン酸緩衝生理食塩液を尾静脈から投与し、耳介リンパ節の放射能を測定した。

 

 

« 『医療英語及び多言語マッチングサイト』 | トップページ | 富士通ケータイ、買っちまった »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想