« 毒を吐き出してきました | トップページ | 『ざ瘡治療薬』 コンプリート »

2019年9月 5日 (木)

月の翻訳収入300万円

某特許翻訳専門会社の当時の社長さん、H氏。

月の翻訳収入300万円だったとのこと。

Medical Translator NARITAは当時月100万円稼いでいて、若造だったから隣に座っていた年上のH氏に自慢したかったのでしょうが、そのはるか上をいかれました。w

板垣新平さんのセミナーでね。

ガツンとやられましたよ。ww

 

昔、レート60円とかの時代には

年収4000万円の人がいましたね。

特許翻訳でしたけど。

 

昔は翻訳業界にも夢があった。

部門長が公団住宅に住んでワンコインの昼飯食っているサラリーマンよりもいいんじゃね。

そんなんじゃ、部下はやる気がなくなる。

 

余裕の奥様が10~20万円を稼いで自分だけのお小遣いにするとか、趣味・道楽として知的好奇心を満足させるとか、

野心家が100万円以上稼いで、それを元手に翻訳会社を起業するとか、

それを株や不動産に投資して悠々自適に生活するとか。

いろいろできるのがフリーランス翻訳の良いところ。

 

専業なのに月に10~20万円も稼げないボンビー翻訳者。

大きなお世話だけど、どこかやり方に問題があるのかも。

 

 

« 毒を吐き出してきました | トップページ | 『ざ瘡治療薬』 コンプリート »

フォト

イートモ

  • 収録対訳数
    ★5月12日現在:67,759対訳(現行版よりも3229対訳の増量)
    医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想