« イートモ対訳はセンテンスベースで主観を除いて作成しています。 | トップページ | 最終観察時の副作用/有害事象の転帰 »

2019年9月12日 (木)

イートモ対訳はセンテンスベースで主観を除いて作成しています。その二

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

今日、書いたブログ。

イートモ対訳はセンテンスベースで主観を除いて作成しています。

 

キイトルーダという有名な抗癌薬の対訳資料

のほんの一部。

 

英語原文 和訳

1.2 Non-Small Cell Lung Cancer

KEYTRUDA is indicated for the treatment of patients with metastatic non-small cell lung cancer (NSCLC) whose tumors express PD-L1 as determined by an FDA-approved test with disease progression on or after platinum-containing chemotherapy. Patients with EGFR or ALK genomic tumor aberrations should have disease progression on FDA-approved therapy for these aberrations prior to receiving KEYTRUDA [see Clinical Studies (14.2)].

This indication is approved under accelerated approval based on tumor response rate and durability of response. An improvement in survival or disease-related symptoms has not yet been established. Continued approval for this indication may be contingent upon verification and description of clinical benefit in the confirmatory trials.

1.2 非小細胞肺癌

KEYTRUDAは、白金製剤を含む化学療法後に疾患が進行した、FDAが承認した診断薬により腫瘍細胞がPD-L1陽性と判定された転移性の非小細胞肺癌の治療を適応とする。EGFR遺伝子変異又はALK遺伝子変異を有する患者については、KEYTRUDAの投与前にこれらの変異に対するFDAが承認した治療後に疾患が進行した患者とする[臨床試験(14.2)参照]。

本適応は、抗腫瘍効果及び効果の持続性に基づき、迅速承認を取得した。生存期間及び疾患に関連する症状の改善は確立されていない。本適応の継続的な承認は、検証試験での臨床効果の確認及び記述を条件とする可能性がある。

 

"be indicated for the treatment of"

医薬系文書でよく見かけるスタイルです。

 

上記のように「~の治療を適応とする」は医学翻訳(和訳)の影響によるのかもしれませんが、定着しつつある日本語表現のようです。

「治療を適応とする」でGoogle検索すると、外国語の文書を和訳したと思われる文書が多くヒットするから、医学翻訳(和訳)が関係しているのでしょう。

でも、「この病気を適応症とする」は自然だけど、「~の治療を適応とする」は日本語としてちょっと不自然。

 

「適応」をライフサイエンス辞書で調べてみてください。

 

また、ウィズダム辞典。

Tekio

 

indication(適応症) → indicated(適応とする)

医学翻訳者が発明したのかなw

 

でも、定番の表現が変わるのは医薬系分野でよくあることです。

「~の治療を適応とする」は不自然であるけど、「~の治療を適応とする」 を定番の表現とするクライアント(製薬会社等)もいることを知った上で、クライアント(製薬会社等)の好みやレベルに合わせて仕上げましょう。

そのためにクライアント(製薬会社等)のホームページを見ましょうと何度も言っているでしょ。

 

以下、参考です。

 

イートモでは、

"be indicated for the treatment of"の場合には以下のように対訳化・編集しています。

 

英文 和文
Drug A is indicated for the treatment of patients with: … 薬剤Aの効能・効果は以下の患者の治療である。
Drug A either in combination with Drug B or as single agent is indicated for the treatment of patients with Receptor X-expressing metastatic colorectal cancer after failure of Drug B-including cytotoxic therapy. 薬剤Aは、受容体Xを発現する転移性結腸直腸癌の患者の治療用に、薬剤Bを含む細胞傷害性治療が無効の場合に、薬剤Bと併用投与されるか、単独投与される。
Drug A in combination with Drug B or alone is indicated for the treatment of patients who have no further accepted chemotherapy options. 薬剤Aの薬剤Bとの併用投与あるいは薬剤Aの単独投与の効能・効果は、他に承認されている化学療法がない患者の治療である。
Drug A is a tetracycline prescription antibiotic indicated for the treatment of a variety of bacterial infections. 薬剤Aはテトラサイクリン系抗生物質の処方箋医薬品で、様々な細菌感染症の治療が効能・効果である。
Drug A is also indicated for the treatment of growth retardation in prepubertal children with chronic renal insufficiency. 薬剤Aは、慢性腎不全がある思春期前の小児における発達遅滞の治療も効能・効果である。
Drug A is also indicated for the treatment of short stature in children with Turner syndrome, confirmed by chromosome analysis. 薬剤Aは、染色体検査によってターナー症候群と確認された小児における低身長の治療も効能・効果である。
Drug A is an angiotensin II receptor blocker, indicated for the treatment of hypertension, either alone or in combination with other antihypertensive agents. 薬剤AはアンジオテンシンII受容体遮断薬で、単独投与あるいは他の降圧薬との併用投与による高血圧症の治療が効能・効果である。
Drug A is contraindicated for the treatment of peri-operative pain in the setting of coronary artery bypass graft (CABG) surgery. 薬剤Aは冠動脈バイパス術(CABG)における周術期疼痛の治療に使用してはならない《禁忌》。
Drug A is indicated for the treatment of acromegaly in patients who have had an inadequate response to surgery or radiation therapy, or for whom these therapies are not appropriate. 薬剤Aの効能・効果は、手術又は放射線治療で効果不十分の患者あるいはこれらの治療が適していない患者における先端巨大症《末端肥大症》の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of adult patients with unresectable or metastatic melanoma with a BRAF V600 mutation. 薬剤Aの効能・効果は、BRAF V600変異を有する切除不能黒色腫又は転移性黒色腫の成人患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of anemic patients scheduled to undergo elective, noncardiac, nonvascular surgery. 薬剤Aの効能・効果は、非心臓性・非血管性の選択的手術を受ける予定がある貧血患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of moderately to severely active ulcerative colitis in adult patients who have had an inadequate response to conventional therapy including corticosteroids. 薬剤Aの効能・効果は、副腎皮質ステロイドなど従来型の治療で効果不十分の成人患者における中等度ないし重度の活動性潰瘍性大腸炎の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of patients with acute coronary syndrome including patients who are to be managed medically and those undergoing percutaneous coronary intervention (PCI). 薬剤Aの効能・効果は、内科的治療を受ける患者及び経皮的冠動脈形成術(PCI)を受ける患者を含む急性冠動脈症候群の患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of patients with the following: ….  薬剤Aの効能・効果は以下の患者の治療である。
Drug A is indicated for the treatment of primary dysmenorrhea. 薬剤Aの効能・効果は原発性月経困難の治療である。
Drug A is not indicated for the treatment of anemia due to other factors such as iron or folate deficiencies, hemolysis, or gastrointestinal bleeding. 薬剤Aは、鉄分又は葉酸の欠乏、溶血、消化管出血のような他の要因による貧血の治療に適していない。
drugs indicated for the treatment of intractable diseases 難病治療用の医薬品
In Japan, Drug A is indicated for the treatment of unresectable, advanced or recurrent colorectal cancer with wild-type KRAS. 日本における薬剤Aの効能・効果は、野生型KRASで、切除不能な進行又は再発性の結腸直腸癌の治療である。

 

"be indicated for 病気"の場合には以下のように対訳化・編集しています。

 

英文 和文
Drug A is indicated for major depression, panic disorder, and obsessive-compulsive disorder (OCD) in both children and adults. 薬剤Aの適応症は小児及び成人における大うつ病、パニック障害、強迫神経症(OCD)である。
Drug A is indicated for postsurgical inflammation and uveitis. 薬剤Aの適応症は術後炎症及びぶどう膜炎である。
Drug A is the first and only treatment indicated for posttraumatic stress disorder (PTSD). 薬剤Aは心的外傷後ストレス障害(PTSD)を適応症とする最初で唯一の治療薬である。
Drug A oral formulation is indicated for severe drooling in patients 3-16 years of age with neurologic conditions. 薬剤A経口製剤の適応症は、神経疾患がある3~16歳の患者における重度の流涎《よだれ》である。
Drug A will be the first drug indicated for Disease A in Japan that is associated with a relatively low incidence of dry mouth and CNS adverse effects in the elderly as described above. 薬剤Aは日本でおいて疾患Aを適応症とする最初の薬剤になると予想され、上述したように口渇及び高齢者のCNSに対する有害な影響の発現率が比較的低い。

 

ご参考まで。

 

ま、いつも言っているけど、医学翻訳は文学でも芸術でもないので、

情報が伝わればいいんだろうし、

時間経過とともに定番の表現も変わるのでしょう。

 

« イートモ対訳はセンテンスベースで主観を除いて作成しています。 | トップページ | 最終観察時の副作用/有害事象の転帰 »

フォト

イートモ

  • 11月10日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想