« 医学翻訳 終わった? | トップページ | 25000まで到達 »

2019年10月10日 (木)

弱いAI 強いAI

日本全国のイートモファンのみなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

先日の秋田に行ったときもそうだったし、

昨日のパチからのそば屋コースもそうだけど、

最近は少し多めに酒を飲むと、あとでぐったりします。

 

肝機能や腎機能の検査値に問題はないんですけど、

やはり加齢とともに着実に身体機能は弱っているようです。

 

注意しよう。

 

さて、昨日書いたように、

大規模翻訳データによる製薬業界向けAI自動翻訳システムの最適化
~情報通信研究機構(NICT)とR&D Head Clubの共同開発~

とのことです。

 

少しはマシになるのかな?

使えるチャンスがあれば実力のほどを見てみたい。


AIには弱いAIと強いAIがあるそうです。

今の機械翻訳はどーみても弱いAIにしか思えない。

 

Ai

 

ニューラル翻訳と言えども、機械が鉄腕アトムのようになってポストエデットもやれるほどまで進化するのはまだ先でしょうから、

当面は人間がポストエデットをする、つまり翻訳の仕上げをすることになるのでしょう。

 

機械翻訳に製薬会社や翻訳会社が期待するのはよーくわかります。

機械から出力された翻訳を最終的に誰かが納品できるレベルに仕上げなければならないのですから(たぶん医学翻訳フリーランサーがやることに?)、

翻訳仕上げ職人報酬など待遇をよくしてもらいたいものです。

 

 

 

« 医学翻訳 終わった? | トップページ | 25000まで到達 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想