« 医学翻訳で年間2000万円 | トップページ | マイルって何? »

2019年11月19日 (火)

田辺三菱製薬 上場廃止

田辺三菱製薬と言えば、その翻訳・学術情報支援部門がアイエム翻訳サービスとして"独立"

 

まぁ、2010円で買い取ってくれるならいいよね。

他に、大日本住友とか、協和キリンも連想で上げている様子。

 

Tanabe

 

以前に、成長性に期待して携帯ゲーム会社の株を高値で買ったのに、MBOで上場廃止になって数百万円損した苦い経験を思い出したわい。w

 

それよりも気になったのがその下の記事、

富士フイルム、新規リポソーム製剤「FF-10850」のP1試験を米国で開始
富士フイルムは11月18日、抗がん剤トポテカンを内包したリポソーム製剤「FF-10850」について、進行性の固形がんを対象に米国で臨床第1相(P1)試験を開始したと発表した。リポソームに内包することで、骨髄抑制などの重篤な副作用の低減を狙っている。富士フイルムは、リポソーム製剤としてすでにゲムシタビンを内包した「FF-10832」のP1試験を2017年に米国で始めている。

 

内包:encapsulated

 

と記憶していたけど、念のため調べてみました。

 

いつものように、イートモ用に対訳化・編集します。

 


がん組織に薬剤を選択的に送達し、薬効を高める新規リポソーム製剤の臨床開発

抗がん剤「FF-10850」
進行性の固形がんを対象とする臨床第I相試験を米国で開始



2019年11月18日

富士フイルム株式会社


富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、このたび、米国において、進行性の固形がんを対象とする抗がん剤「FF-10850」の臨床第I相試験を開始いたしましたのでお知らせいたします。「FF-10850」は、既存の抗がん剤「トポテカン」(*1)を新規開発のリポソームに内包したリポソーム製剤です。

リポソームは、細胞膜や生体膜の構成成分である有機物のリン脂質などをカプセル状にした微粒子のことで、体内で必要な量の薬剤を必要な部位に必要なタイミングで送達する技術であるドラッグ・デリバリー・システム技術の一種です。抗がん剤には、がん組織以外の正常組織に対しても作用し、強い副作用を引き起こすケースがありますが、薬剤をリポソームに内包することで、がん組織にのみ薬剤を選択的に送達し、副作用を抑制して、薬効を高めることができると期待されています。

富士フイルムは、幅広い製品開発で培い進化させてきた、高度なナノ分散技術や解析技術、プロセス技術などを活用して、リポソーム製剤の研究開発を積極的に推進。2017年には、既存の抗がん剤「ゲムシタビン」(*2)を内包したリポソーム製剤「FF-10832」の臨床第I相試験を米国で開始しました。

今回、臨床試験を開始した「FF-10850」は、卵巣がんなどを適応症とする抗がん剤「トポテカン」の重篤な骨髄抑制(*3)などの副作用を低減し、薬効を高めることを目指したリポソーム製剤です。「FF-10850」は、リポソーム成分に新規素材を配合しリポソーム膜の強度を高めることで、「トポテカン」を安定的に内包。がん組織に届く前に血液中で漏れてしまう、という「トポテカン」の課題を解消しました。

すでにマウス実験では、血中での薬剤の安定性向上および骨髄抑制の低減が確認されています。また同実験で、「トポテカン」の1/10の投与量3㎎/m2で「トポテカン」と同等以上の有効性、さらには同8mg/m2で腫瘍縮小効果が示されています。

今後、富士フイルムは、進行性の固形がんを対象とする米国臨床第I相試験において、「FF-10850」の安全性と忍容性、薬物の体内動態、初期の有効性を確認していきます。

富士フイルムは、「FF-10850」「FF-10832」のマウス実験で免疫チェックポイント阻害剤(*4)との併用投与による生存期間延長を確認し、リポソームを用いた新規がん免疫療法の研究を開始するとともに、次世代医薬品である核酸医薬品や遺伝子治療薬へのリポソームの応用展開を推進しています。また、高品質なリポソーム製剤の安定供給体制の構築に向けて、富士フイルム富山化学の生産拠点に治験薬製造および商業生産を行う工場を建設しており、2020年2月に稼働させる計画です。

富士フイルムは、独自の技術を活かして、「がん」などの重点領域で新薬開発に取り組むとともに、新規ドラッグ・デリバリー・システムを開発することで、新たな価値を創出し、社会課題の解決に貢献していきます。


*1 英国グラクソ・スミスクライン社が開発した抗がん剤(一般名:トポテカン、製品名:ハイカムチン)。現在は、スイスのノバルティス社が販売。卵巣がん、小細胞肺がん、子宮頚がんなどに用いられている。

*2 米国イーライリリー社が開発した抗がん剤(一般名:ゲムシタビン、製品名:ジェムザール)。膵臓がんの第一選択薬として用いられ、その他にも幅広いがん(肺がんや卵巣がんなど)に用いられている。

*3 抗がん剤の副作用により、骨髄機能が抑制され、白血球や血小板、赤血球の産生が低下した状態。感染・出血リスクの上昇や貧血等の症状がおこる。「トポテカン」では、80 %以上の患者さんで重篤な骨髄抑制がみられる。

*4 免疫細胞の働きを弱める機構(免疫チェックポイント)を阻害することで、活性化された免疫細胞が、がん細胞を攻撃して効果を示す薬剤の総称。悪性黒色腫、肺がん、胃がん、腎がんなどに幅広く用いられる。



Fujifilm Starts a U.S. Phase I Clinical Trial of Anti-Cancer Agent “FF-10850” on Advanced Solid Tumors

Clinical Development of a Novel Liposome Drug with Mechanism of Selective Delivery of Anti-Cancer Agent to Tumors

Tokyo, November 18, 2019 — FUJIFILM Corporation (President: Kenji Sukeno) announced the start of a U.S. Phase I clinical trial of FF-10850, an anti-cancer agent targeting advanced solid tumors. FF-10850 is a liposome-based agent in which topotecan*, an approved anti-cancer agent, has been encapsulated in the newly developed liposome. The study will evaluate the safety, tolerability, pharmacokinetics, and preliminary efficacy of FF-10850.

As a drug delivery system (DDS), liposomes are artificially constructed vesicles made from the organic phospholipids which make up cellular membranes and biomembranes. Liposomes can deliver the required amount of a drug to the specific area of the body on predetermined schedule. Anti-cancer agents can act on normal cells, in addition to cancer which can induce strong adverse reactions. By encapsulating a drug in liposomes it is expected to selectively deliver the drug to cancer cells, suppress adverse reactions, and improve pharmacological efficacy.

FF-10850 is a liposome formulation with the purpose of delivering anti-cancer agent to cancerous cells, with the aim of reducing bone marrow suppression** and other adverse reactions of topotecan indicated for the treatment of ovarian cancer, etc., and to improve pharmacological efficacy. In the past, liposome encapsulation of topotecan was ineffective because the drug would leak from the liposome prior to reaching the cancerous area. By adding new materials to liposome ingredients and enhancing the strength of the liposome membrane, Fujifilm solved the challenges associated with drug delivery and in preclinical studies it successfully encapsulated topotecan in a stable manner for FF-10850.

Preclinical studies of FF-10850 in mice have shown stable encapsulation of Topotecan in the blood and reduced bone marrow suppression when compared with using Topotecan alone. The study also showed improved efficacy of FF-10850 (3mg/m2) when compared to Topotecan (30mg/m2) alone – demonstrating that FF-10850 can have the equivalent effect of Topetcan at just 1/10th the dose. Furthermore, the study showed that FF-10850 (8mg/m2) demonstrated tumor regression.

Fujifilm has actively promoted the research and development of liposome formulations by harnessing its advanced nano-dispersion technology, analysis technology, and process technology cultivated and evolved through its wide range of product development. In 2017, the company began a U.S. Phase I clinical trial of FF-10832, a liposome-based agent that encapsulates the approved anti-cancer agent gemcitabine***.

In the preclinical mice studies on FF-10850 and FF-10832*4 Fujifilm has observed the extension of the survival period as a result of immune checkpoint inhibitor*5 combination therapy. In addition, Fujifilm has been promoting the application of liposome for use with next-generation drugs such as nucleic acid drugs and gene therapy drugs. Looking towards future growth, in order to ensure a stable supply of high-quality liposome formulations, Fujifilm is developing a manufacturing facility for producing investigational and commercial drugs through its subsidiary, FUJIFILM Toyama Chemical Co., Ltd. The facility is planned to begin operations in February 2020.

Fujifilm is harnessing its unique technologies to undertake the development of new drugs in the priority areas including oncology. The company is also focusing on developing DDS technologies to create new value and contributing to the resolution of social issues.






  • *An anti-cancer agent (generic name: topotecan, product name: Hycamtin) developed by GlaxoSmithKline plc. Currently, the drug is being sold by Novartis. It is used as a treatment for ovarian cancer, small-cell lung cancer, cervical cancer, etc.
  • **Because of the adverse reaction of anti-cancer agents, the functions of bone marrow are suppressed, and the production of white blood cells, platelets, and red blood cells is reduced, leading to increased risk of infection, bleeding and anemia. With topotecan, severe bone marrow suppression is seen in over 80% of the patients.
  • ***An anti-cancer drug (generic name: gemcitabine, product name: Gemzar) developed by Eli Lilly and Company. It is used as the first-line drug for the treatment of pancreatic cancer, and is also indicated for the treatment of a wide range of other cancers (such as lung cancer and ovarian cancer).
  • *4The results on preclinical studies on FF-10850 and FF-10832 were presented at 30th EORTC-NCI-AACR SYMPOSIUM




  • *5A general term for drugs that demonstrate an efficacy by enabling immune cells to attack cancer cells by inhibiting the immune suppressive mechanisms (immune checkpoints). They are widely used in the treatment of malignant melanomas, lung cancer, stomach cancer, kidney cancer, etc.

« 医学翻訳で年間2000万円 | トップページ | マイルって何? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 医学翻訳で年間2000万円 | トップページ | マイルって何? »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想