« 「全例調査」 | トップページ | 「sequencing」 »

2019年12月10日 (火)

看護婦さんによるバイタルチェック

みなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

昨日は赤坂の心療内科を受診してきたのですが、寒かったせいか、混雑によるホコリせいなのか、昨日から鼻がムズムズして、鼻づまりがひどいです。

耳鼻科に行こうかと思ったけど、今日は若い看護婦さんが訪問してくれる日なので、耳鼻科は明日にしようと。

 

バイタルチェックの結果、

血圧132/60

体温36.4

胸部聴診でも問題ないとのことです。

 

体温がいつもより高いのはやはり鼻に炎症が起きているせいかもしれません。

胸部に問題のある雑音がないので、痰は鼻炎からくるものかもしれません。

呼吸はまったく苦しくないし。

 

今週は胃内視鏡検査も控えています。

既に萎縮性胃炎の状態なので、胃癌になっていないといいのですが。

 

昔バスボンなんちゃらを歌っていた松本ちえこさんという人が急死したようで、ヤフーニュースを見たら私と同じ年齢だったようです。

60歳となるといろいろガタがきます。無理できないです。

60歳すぎて生活費を稼ぐために医学翻訳の仕事をするのは身体に無理がかかります。

私は60歳になってイートモ作業を医学翻訳の現役のときよりも3倍がんばっていますが、これはライフワークと位置付けているイートモをマイペースでやっているからできるのであって、生活費を稼ぐために医学翻訳の仕事をするのは厳しいと思います。

遅くとも50代前半まで、できれば40代に経済的基盤を作っておくことが望ましいかと。

 

ブログ等を見ると、私と同じ世代の方が翻訳をがんばっているようです。

健康第一でまいりましょう。

 

« 「全例調査」 | トップページ | 「sequencing」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「全例調査」 | トップページ | 「sequencing」 »

フォト

イートモ

  • 1月16日現在の収録対訳件数
    43,485件(イートモ6.3から743件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想