« ニューラルMTは和文原稿の読み替え練習に使える! | トップページ | プリエディットしないと無理 »

2019年12月 1日 (日)

「みらい翻訳」の性能がダントツ

みなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の見直し、ちょっとくたびれてきたので、またまた休憩です。

 

同じ和文原稿をGoogle翻訳にも英訳させてみました。

今回の結果はボロボロ。

Google翻訳では、ときどき、すごく質のいい訳が出ることもあるのですが、今回はダメでした。

この和文原稿は医薬文書の中でも英訳しやすい、わかりやすい文書ですが、この程度の出来では実用化は難しいでしょう。

和文原稿をどう読み替えればいいのか、迷います。

 

和文原稿 「Google翻訳」による英訳

有効性評価項目
経口血糖降下薬の臨床評価方法に関するガイドライン(薬食審査発0709第1号、平成22年7月9日)[資料5.4: 23]では、HbA1c 値は血糖コントロールの指標として推奨され、本邦の糖尿病治療ガイドでは、患者の糖代謝状態を総合的に判断する際に HbA1c 値を重要な血糖コントロール指標とし、食後2時間血糖値及び空腹時血糖値で補完するとしている。そこで、MK-3102の有効性評価を主要目的とした臨床試験では本ガイドラインを基に、有効性の主要評価項目は HbA1c 値のベースラインからの変化量とし、有効性の副次評価項目を食後2時間血糖値及び空腹時血糖値のベースラインからの変化量とした。また、主要評価項目の測定時点は、国際共同後期第Ⅱ相試験では治療期12週時、第Ⅲ相試験は治療期24週時とした。

MK-3102の単剤療法の有効性を評価した臨床試験(P006-00及び P020)では、HbA1c 値変化量を主要評価項目とし、食後2時間血糖値及び空腹時血糖値の変化量を副次評価項目とした。基礎治療薬への MK-3102の追加投与試験である P015試験は安全性を主要評価項目とし、HbA1c 値のベースラインからの変化量を副次評価項目、空腹時血糖値のベースラインからの変化量を探索的評価項目とした。P015試験では食後2時間血糖値は評価していない。なお、HbA1c 値7.0%未満又は6.5%未満達成率を各試験のその他の評価項目として評価した。



Effectiveness evaluation items
In the guidelines on clinical evaluation methods for oral hypoglycemic drugs (Pharmaceutical Review No. 0709 No. 1, July 9, 2010) [Ref. 5.4: 23], HbA1c level is recommended as an indicator of blood glucose control. In the treatment guide, the HbA1c level is used as an important blood glucose control index when comprehensively determining the patient's glucose metabolism state, and supplemented with the 2-hour postprandial blood glucose level and the fasting blood glucose level. Therefore, based on this guideline, in the clinical trials with the primary objective of evaluating the efficacy of MK-3102, the primary efficacy endpoint is the amount of change from baseline in the HbA1c value, and the secondary efficacy endpoint is postprandial. The amount of change from baseline in 2-hour blood glucose level and fasting blood glucose level was used. The primary endpoint was measured at 12 weeks of treatment in the international phase II study and 24 weeks of treatment in the phase III study.

In clinical trials (P006-00 and P020) that evaluated the effectiveness of MK-3102 monotherapy, changes in HbA1c levels were the primary endpoint, and changes in 2-hour postprandial blood glucose levels and fasting blood glucose levels were secondary. Evaluation items were used. Study P015, an additional administration study of MK-3102 as a basic treatment, has safety as the primary endpoint, changes in HbA1c levels from baseline as secondary endpoints, and changes in fasting blood glucose levels from baseline The quantity was an exploratory endpoint. The P015 study did not evaluate blood glucose levels for 2 hours after meals. In addition, HbA1c value less than 7.0% or less than 6.5% achievement rate was evaluated as other evaluation items of each test.


そこで、試しに、「みらい翻訳」で読み替えた和文原稿を「Google翻訳」に英訳させてみました。

赤字が要修正の部分です。

 

読み替えた和文原稿(下線部) 「Google翻訳」による英訳

Efficacy Endpoints
経口血糖降下薬の臨床評価方法に関するガイドライン(薬食審査発0709第1号、平成22年7月9日)[資料5.4: 23]は、HbA1c 値血糖コントロールの指標として設定することを推奨し、本邦の糖尿病治療ガイドは、患者の糖代謝状態の総合的な評価にとってHbA1c 値は重要な血糖コントロール指標でありその評価を食後2時間血糖値及び空腹時血糖値で補足することとしている。そこで、本ガイドラインに準拠して、 MK-3102の有効性を評価することを主に目指した臨床試験では、有効性の主要評価項目は HbA1c 値のベースラインからの変化量とし、有効性の副次評価項目を食後2時間血糖値及び空腹時血糖値のベースラインからの変化量とした。また、主要評価項目の測定時点は、国際共同後期第Ⅱ相試験では治療期12週時、第Ⅲ相試験は治療期24週時とした。

MK-3102の単剤療法の有効性を評価した臨床試験(P006-00及び P020)では、HbA1c 値変化量を主要評価項目とし、食後2時間血糖値及び空腹時血糖値の変化量を副次評価項目とした。Study P015はbasic treatmentに MK-3102を追加投与した試験である。Study P015では、安全性を主要評価項目とし、HbA1c 値のベースラインからの変化量を副次評価項目、空腹時血糖値のベースラインからの変化量を探索的評価項目とした。Study P015では食後2時間血糖値は評価していない。なお、HbA1c 値7.0%未満又は6.5%未満が達成された患者の割合を各試験のその他の評価項目と設定した

 


Efficacy Endpoints
Guidelines for the clinical evaluation of oral hypoglycemic drugs (Pharmaceutical Diet Examination No. 0709 No. 1, July 9, 2010) [Document 5.4: 23] recommend that HbA1c levels be set as an index for glycemic control. According to the diabetes treatment guide in Japan, HbA1c level is an important glycemic control index for comprehensive evaluation of glucose metabolism in patients, and the evaluation is supplemented with 2-hour postprandial blood glucose level and fasting blood glucose level. Therefore, in clinical trials aimed mainly at evaluating the efficacy of MK-3102 in accordance with this guideline, the primary endpoint of efficacy is the amount of change from baseline in the HbA1c value, and a secondary effectivity. The next evaluation item was the amount of change from baseline in 2-hour postprandial blood glucose level and fasting blood glucose level. The primary endpoint was measured at 12 weeks of treatment in the international phase II study and 24 weeks of treatment in the phase III study.

In clinical trials (P006-00 and P020) that evaluated the effectiveness of MK-3102 monotherapy, changes in HbA1c levels were the primary endpoint, and changes in 2-hour postprandial blood glucose levels and fasting blood glucose levels were secondary. Evaluation items were used. Study P015 is a study in which MK-3102 was added to basic treatment. In Study P015, safety was the primary endpoint, the amount of change from baseline in HbA1c was the secondary endpoint, and the amount of change in fasting blood glucose from baseline was the exploratory endpoint. Study P015 does not evaluate blood glucose levels for 2 hours after meals. The percentage of patients who achieved an HbA1c value of less than 7.0% or less than 6.5% was set as the other endpoint in each study.

 

「みらい翻訳」ほどではありませんが、だいぶ英訳の質が改善されました。

 

今回の一連の機械による英訳の実験では、「みらい翻訳」の他に「みんなの自動翻訳」でも試してみました。

和文原稿の中には「みんなの自動翻訳」で高品質な英訳が出るものもあるのですが、常に一定レベル以上の質の英訳を出力するという点では「みらい翻訳」のほうが安定している気がします。

ロゼッタのT-4OOの性能は試していませんが、現在のところ、医学翻訳に限っては「みらい翻訳」の性能がダントツです。

というか、「みらい翻訳」だけがかろうじて実用レベルに達しているということです。

実際の医学翻訳仕事の現場で機械翻訳の効果を引き出すには相当な地力がある人をそろえないと難しいかもよ。

 

 

« ニューラルMTは和文原稿の読み替え練習に使える! | トップページ | プリエディットしないと無理 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューラルMTは和文原稿の読み替え練習に使える! | トップページ | プリエディットしないと無理 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想