« 遺伝子治療 | トップページ | 初年金 »

2019年12月13日 (金)

十二指腸だけは健康

みなさん、こんにちは。

Medical Translator NARITAのおっさんです。

 

今日は毎年師走恒例の胃内視鏡検査を受けてきました。

これを受けると師走だなと実感します。

ピロリ菌のせいで既に萎縮性胃炎なので、毎年の検査が欠かせません。

癌が見つかったら、すぐ近くにある東京医療センターに紹介という手はずになっています。

 

結果は悪性所見なし。

 

胃の出口付近にあいかわらず萎縮あり。

これは治らないそうです。

これまで通り経過観察となります。

 

去年と同様、胃の入口付近に逆流性食道炎の徴候あり。

軽微で、症状もないので、これも経過観察。

 

胃の荒れがあるので、念のため組織を病理検査にまわされました。

おそらく問題ないらしいです。

 

十二指腸だけは非常に良好な状態らしいです。

いつもそう言われます。

十二指腸だけはすこぶる健康。w

 

そんなわけで、Medical Translator NARITAのおっさんはもうしばらく大丈夫なようです。

 

イートモユーザーやブロガーの中にも体調を崩している方が多いようです。

医学翻訳で稼ぐにもまずは健康が大事です。

体調と相談しながら医学翻訳の仕事と勉強、がんばりましょう。

 

 

« 遺伝子治療 | トップページ | 初年金 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遺伝子治療 | トップページ | 初年金 »