« 「医学翻訳者の大多数が仕事にあぶれる理由」 | トップページ | 男は金づる »

2019年12月31日 (火)

「primary efficacy endpoint」

Medical Translator NARITAです。

 

イートモ対訳の見直しをしていると、いろいろ気付きがあります。

 

今回は、治験関係で必出の

"primary efficacy endpoint"

 

endpointとend point

厳密には意味が違うようですが、その違いを認識して英文を書いているライターは少ないご様子。

 

問題はそこではなく、和訳の際の"primary efficacy endpoint"の訳しかたです。

 

例によってPMDAに頼ります。

 

主要有効性評価項目 約605件
主要な有効性評価項目 約435 件
有効性の主要評価項目 約2,573 件
有効性主要評価項目 約1,223 件

 

まー、そんなわけでイートモでは「有効性の主要評価項目」としておきます。

和訳は面倒だし、儲からんし、英訳がおすすめです。

 

英訳の参考として、"primary efficacy endpoint"のイートモ対訳。

19件がヒットしました。

イートモ対訳収録用ファイルの画面です。

Primary

 

 

« 「医学翻訳者の大多数が仕事にあぶれる理由」 | トップページ | 男は金づる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「医学翻訳者の大多数が仕事にあぶれる理由」 | トップページ | 男は金づる »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想