« 「previously untreated BRAF V600 mutation-positive advanced melanoma」に対する治療効果 | トップページ | DHA&EPA+セサミンEX »

2020年1月12日 (日)

とりあえず機械

Medical Translator NARITAです。

 

先ほどの抗癌薬治験のプレスリリース。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-d2c56b.html

 

とりあえず機械にかけてみました。

今後の医学翻訳は「とりあえず機械」になるんじゃないですかね。

後日、吟味してみます。

 

赤字が要修正部分です。

優秀です。

翻訳スクールでたらたら勉強している場合じゃないよ。

はっきり言って、「医学翻訳者の卵」という中途半端な人はもう必要なしです。

 

英文原稿 みらいトランスレーターによる和訳

Roche announces positive Phase III study results for Tecentriq plus Cotellic and Zelboraf in people with previously untreated BRAF V600 mutation-positive advanced melanoma

Basel, 13 December 2019

 

Roche (SIX: RO, ROG; OTCQX: RHHBY) today announced the Phase III IMspire150 study, in people with previously untreated BRAF V600 mutation-positive advanced melanoma, met its primary endpoint of progression-free survival (PFS). The study showed adding Tecentriq® (atezolizumab) to Cotellic® (cobimetinib) and Zelboraf® (vemurafenib) helped to reduce the risk of disease worsening or death, compared to placebo plus Cotellic and Zelboraf.

 

A significant and clinically meaningful improvement in PFS was demonstrated in the study. The safety profile observed in IMspire150 was consistent with the known safety profiles of the individual medicines. Results from the study will be presented at an upcoming medical meeting and discussed with health authorities, including the U.S. Food and Drug Administration (FDA) and European Medicines Agency (EMA).

 

“By combining a cancer immunotherapy with targeted therapies, we hope to offer a new approach that improves outcomes for people with advanced, BRAF-mutant melanoma." said Levi Garraway, M.D., Ph.D., Chief Medical Officer and Head of Global Product Development. "We look forward to discussing the results with health authorities around the world.”

 

Roche has an extensive clinical trial development programme for Tecentriq, with more than 50 ongoing studies, including multiple Phase III studies across lung, kidney, skin, breast, colorectal, prostate, ovarian, bladder, blood, liver and head and neck cancers. Studies are evaluating Tecentriq alone and in combination with other medicines.

未治療のBRAF V600突然変異陽性進行メラノーマ患者を対象としたテセントリク+コテルリックおよびゼルボラフの第3相試験の陽性結果をロシュが発表
2019年12月13日にバーゼルで

ロシュ(PFS)は本日、未治療のBRAF V600変異陽性進行メラノーマ患者を対象としたIMspire150試験の第III相試験が無増悪生存期間(6:RO、ROG;OTCQX:RHHBY (RHHBY))という主要エンドポイントを満たしたと発表した。この研究では、Tecentriq®(アテゾリズマブ)をCotellic®(コビメチニブ)およびZelboraf®(ベムラフェニブ)に追加することにより、プラセボ+CotellicおよびZelborafと比較して、疾患の悪化または死亡のリスクが低下することが示された。

この研究では、PFSの有意かつ臨床的に意義のある改善が実証された。IMspire150で観察された安全性プロファイルは、個々の薬剤の既知の安全性プロファイルと一致した。本試験の結果は次回の医学会議で発表され、米国食品医薬品局(FDA)および欧州医薬品庁(EMA)を含む保健当局と協議される予定である。

「癌免疫療法と標的療法を組み合わせることで、進行したBRAF変異メラノーマ患者の転帰を改善する新しいアプローチを提供したいと考えていますと、チーフメディカルオフィサー兼グローバル製品開発責任者であるLevi Garraway医学博士は述べた。我々は、世界中の保健当局と結果について議論することを楽しみにしている。」

ロシュは、Tecentriqの大規模な臨床試験開発プログラムを実施しており、肺癌、腎臓癌、皮膚癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌、卵巣癌、膀胱癌、血液癌、肝臓癌および頭頸部癌を対象とした複数の第III相試験を含む50以上の試験が進行中である。テセントリク単独または他の薬剤との併用を評価している研究がある。
   

 

イートモ用に和訳・編集した対訳を以下に示します。

 

Company A today announced the phase III study, in patients with previously untreated BRAF V600 mutation-positive advanced melanoma, met its primary endpoint of progression-free survival (PFS).

会社Aは本日、未治療でBRAF V600変異陽性の進行黒色腫の患者を対象とした第III相試験が主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の目標を達成したと発表した。

 

The study showed adding Drug A to Drug B and Drug C helped to reduce the risk of disease worsening or death, compared to placebo plus Drug B and Drug C.

本試験では、薬剤B及び薬剤Cに薬剤Aを追加すると、薬剤B及び薬剤Cにプラセボを併用するよりも疾患悪化又は死亡のリスクが下がりやすくなることが示された。

 

A significant and clinically meaningful improvement in progression-free survival (PFS) was demonstrated in the study.

本試験では無増悪生存期間(PFS)に有意かつ臨床的に意味のある改善が認められた。

 

The safety profile observed in this study was consistent with the known safety profiles of the individual medicines.

本試験で認められた安全性プロファイルは、個々の薬剤で確認されている安全性プロファイルと一致した。

 

Results from the study will be presented at an upcoming medical meeting and discussed with health authorities, including the U.S. Food and Drug Administration (FDA) and European Medicines Agency (EMA).

本試験の結果は近々学会で発表され、米国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)などの保健当局と協議される予定である。

 

Company A has an extensive clinical development program for Drug A, with more than 50 ongoing studies.

薬剤Aについての会社Aの大規模臨床開発計画では50超の試験が進行中である。

« 「previously untreated BRAF V600 mutation-positive advanced melanoma」に対する治療効果 | トップページ | DHA&EPA+セサミンEX »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「previously untreated BRAF V600 mutation-positive advanced melanoma」に対する治療効果 | トップページ | DHA&EPA+セサミンEX »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    9月26日現在:55,525件(イートモ7.1から2866件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想