« 「馴化期間」 | トップページ | 機械翻訳の普及はまだまだ »

2020年1月 6日 (月)

またまた機械による論文抄録英訳をレビューした

Medical Translator NARITAです。

 

前回の論文抄録のレビューが好評(?)でした。

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-3ac414.html

 

そこで、またまた機械に論文抄録を英訳させ、Medical Translator NARITAがレビューしてみました。

題材は同じく日本感染症雑誌のこちらの論文です。

http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0920020103.pdf

 

前回の論文にはスポンサーに製薬企業がついていました。

今回の論文にも製薬企業が関与しています。

したがって、英訳の仕事依頼が来る可能性は十分にあります。

力入れてやりましょう。

 

仕事の依頼が来ないものを勉強してもしゃーないよ。

 

今回もバックエディットでレビューしました。

(ざっと短時間のレビューなので精密ではないです)

 

英文の赤字は要修正部分を示します。

和文の赤字は英文の要修正部分に対応する箇所です。

和文原稿 みらいトランスレーターによる英訳

新規アジュバント添加帯状疱疹サブユニットワクチンの日本人における50歳以上及び70歳以上の有効性,安全性及び免疫原性

要旨
水痘帯状疱疹ウイルス糖タンパクEとAS01Bアジュバントを含む新規帯状疱疹サブユニット候補ワクチン(以下HZ/su)は,2つの大規模国際共同試験(ZOE-50及びZOE-70)で帯状疱疹(Herpes Zoster,以下HZ)及び帯状疱疹後神経痛(Post Herpetic Neuralgia,以下PHN)の発症を90%以上減少させることが報告されている.今回これら2試験において,日本で組み入れられた被験者(日本人集団)での記述的サブ解析を行い,その成績を検討した.

被験者にHZ/su又はプラセボ(1対1)を2カ月間隔で2回筋肉内に接種した.ZOE-50の解析データから50歳以上でのHZに対する有効性を検討し,ZOE-50及びZOE-70の併合解析データから70歳以上でのHZ及びPHNに対する有効性を検討した.安全性は全ての被験者で検討し,副反応副反応部分集団で検討した.一部の被験者から血液を採取し,ワクチンにより誘導される液性及び細胞性免疫について検討した.

日本で組み入れられた被験者はZOE-50では577例,ZOE-70では511例で,有効性の解析対象となったのは1,042例であった(それぞれ561例及び481例).50歳以上全体でのHZに対する有効率はZOE-50の561例で81.4%(95%CI:14.9~98.0%),70歳以上でのHZに対する有効率はZOE-50及びZOE-70を併合した608例で92.4%(95%CI:69.4~99.1%)であった.PHNはHZ/su群での発症者はみられず,有効率100%(95%CI:-58.7~100%)であった.4年間の試験期間を通じて,HZ及びPHNに対する有効率は高く維持された.HZ/su群では強力な細胞性及び液性免疫が誘導され,試験期間中維持された.HZ/su群での接種後7日間における局所性及び全身性特定有害事象の発症頻度は,プラセボ群より高かった.重篤な有害事象,免疫の関与が疑われる疾患,死亡の発生率は,プラセボ群と同程度であった.
以上の成績より,HZ/suは日本人集団でもHZ及びPHNの予防にグローバル試験と同様の高い有効性が示され,50歳以上の全ての年齢層での免疫誘導能が示された.また,安全性においてもグローバル全体の集団と比べ明らかな相違はみられなかった.以上の結果から,HZ/suは日本の高齢者において有益なワクチンになると思われる.


Efficacy, safety and immunogenicity of a novel adjuvant-added herpes zoster subunit vaccine in Japanese aged 50 years or older and aged 70 years or older

Summary
A novel herpes zoster subunit candidate vaccine (Hereinafter HZ/su) containing varicella-zoster virus glycoprotein E and AS01B adjuvant has been reported to reduce the incidence of herpes zoster (Herpes Zoster, HZ) and postherpetic neuralgia (Post Herpetic Neuralgia, PHN) by more than 90% in 2 large international collaborative studies (ZOE -50 and ZOE -70). In these 2 studies, descriptive subanalyses were performed on subjects (Japanese population) enrolled in Japan, and the results were examined.

Subjects were inoculated intramuscularly with HZ/su or placebo (1 to 1) 2 times at 2-month intervals. The effectiveness for HZ over 50 year-old was examined from the analysis data of ZOE -50, and the effectiveness for HZ and PHN over 70 year-old was examined from the combined analysis data of ZOE -50 and ZOE -70. The safety was examined in all subjects, and the side reactions were examined in the side reaction subpopulation. Blood samples from some subjects were examined for vaccine-induced humoral and cellular immunity.

There were -50 subjects enrolled in ZOE 577 and 511 in ZOE -70 in Japan, and 1,042 subjects were included in the efficacy analysis (561 and 481 cases, respectively). The efficacy rate for HZ in patients over 50 years of age was 81.4% (95% CI: 14.9 ~ 98.0%) in 561 patients with ZOE -50, and the efficacy rate for HZ in patients over 70 years of age was 92.4% (95% CI: 69.4 ~ 99.1%) in 608 patients combined with ZOE -50 and ZOE -70. PHN did not develop in the HZ/su group, and the efficacy rate was 100% (95% CI: - 58.7 ~ 100%). The availability for HZ and PHN was maintained high throughout the 4-year test period. In the HZ/su group, strong cellular and humoral immunity was induced and maintained throughout the study. The incidence of local and systemic specific adverse events in the HZ/su group during the 7 days after inoculation was higher than that in the placebo group. The incidence of serious adverse events, immune-related diseases, and death was similar to that in the placebo group.

From the above results, HZ/su showed the high effectiveness similar to the global test for the prevention of HZ and PHN even in the Japanese population, and the immunity induction potency in all age groups over 50 year-old was shown. And, there was no clear difference in the safety in comparison with the whole global population. These results suggest that HZ/su may be a useful vaccine for the elderly in Japan.

 

みらいトランスレーターに英訳を参照しながら、Medical Translator NARITAがバックエデットした和文原稿を左欄に示します(下線が修正した部分)。

バックエデットした和文を再びみらいトランスレーターに英訳させた結果を右欄に示します。

バックエデットが上手なせいか、エラーはほとんどなくなっています。

部分的にですが、人工知能が機能したような感じの部分もあるし、思ったように動かないなという感じの部分もあります。

専門用語はしっかりしているけど、その前後の表現が甘い印象です。でも、そういったデータを質的に良いものと入れ替えて、うまく鍛えればスーパーマシンにできる予感もします。

私はやらんけどね。

バックエデットした和文原稿 みらいトランスレーターによる英訳

新規アジュバントを含有する帯状疱疹サブユニットワクチンの50歳以上の日本人及び70歳以上の日本人における有効性,安全性及び免疫原性

要旨
水痘帯状疱疹ウイルス糖タンパクEとAS01Bアジュバントを含む新規帯状疱疹サブユニット候補ワクチン(以下HZ/su)は,2つの大規模global studies(ZOE-50及びZOE-70)で帯状疱疹(以下HZ)及び帯状疱疹後神経痛(以下PHN)の発症を90%又はそれ以上減少させることが報告されている.これら2試験の被験者のうち日本で組み入れられた被験者(日本人集団)を対象に記述的サブグループ解析を行い,その成績を検討した.

被験者にHZ/su又はプラセボ(1対1の比で割り付け)を2カ月間隔で2回筋肉内に接種した.50歳以上の被験者におけるHZに対する有効性はZOE-50から得られた解析データに基づき検討した。70歳以上の被験者におけるHZ及びPHNに対する有効性はZOE-50及びZOE-70から得られた併合解析データに基づき検討した.安全性は全ての被験者で検討し,副作用副作用部分集団で検討した.一部の被験者から血液を採取し,ワクチンにより誘導される液性及び細胞性免疫について検討した.

日本で組み入れられた被験者の数はZOE-50において577例,ZOE-70において511例であった。有効性の解析対象となったのは1,042例であった(それぞれ561例及び481例).HZに対する有効率はZOE-50に組み入れられた50歳以上のすべての被験者561例で81.4%(95%CI:14.9~98.0%)であった。70歳以上の被験者608例では(ZOE-50及びZOE-70の両試験を合わせた被験者)、HZに対する有効率が92.4%(95%CI:69.4~99.1%)であった.PHNはHZ/su群での発症者はみられず,有効率100%(95%CI:-58.7~100%)であった.4年間の試験期間を通じて,HZ及びPHNに対して高い有効率が維持された.HZ/su群では顕著な細胞性及び液性免疫が誘導され,試験期間中維持された.HZ/su群での接種後7日間における局所性及び全身性特定有害事象の発症頻度は,プラセボ群より高かった.重篤な有害事象,免疫の関与が疑われる疾患,死亡の発生率は,プラセボ群と同程度であった.

以上の成績により、the global studiesで認められたように、HZ/suは日本人集団でもHZ及びPHNを予防する効果が高く、50歳以上の全ての年齢層において免疫を誘導することが示された.また,安全性においてもthe global studies の全体集団と比べ明らかな相違はみられなかった.以上の結果から,HZ/suは日本の高齢者において有益なワクチンになると思われる.

Efficacy, safety and immunogenicity of a herpes zoster subunit vaccine containing a novel adjuvant in Japanese aged 50 years or older and in Japanese aged 70 years or older

Summary
A novel herpes zoster subunit candidate vaccine (Hereinafter HZ/su) containing varicella-zoster virus glycoprotein E and AS01B adjuvant has been reported to reduce the incidence of herpes zoster (Hereinafter HZ) and postherpetic neuralgia (PHN) by 90% or more in 2 large global studies (ZOE -50 and ZOE -70). Descriptive subgroup analyses were performed on subjects in these 2 studies who were enrolled in Japan (Japanese population).

Subjects were inoculated intramuscularly with HZ/su or placebo (Allocate by a one-to-one ratio) 2 times at 2-month intervals. The efficacy for HZ in subjects aged 50 years or older was examined based on the analytical data obtained from ZOE -50. The efficacy for HZ and PHN in subjects over 70 years of age was examined based on pooled analysis data obtained from ZOE -50 and ZOE -70. The safety was examined in all subjects, and the side effect was examined in the side effect subgroup. Blood samples from some subjects were examined for vaccine-induced humoral and cellular immunity.

The number of enrolled subjects in Japan was 577 in ZOE -50 and 511 in ZOE -70. The efficacy analysis included 1,042 cases (561 and 481 cases, respectively). The efficacy rate for HZ was 81.4% (95% CI: 14.9 ~ 98.0%) in all 561 subjects aged 50 years or older enrolled in ZOE -50. In 608 subjects aged 70 years and older (combined subjects from the ZOE -50 and ZOE -70 trials), the efficacy rate against HZ was 92.4% (95% CI: 69.4 ~ 99.1%). PHN did not develop in the HZ/su group, and the efficacy rate was 100% (95% CI: - 58.7 ~ 100%). High efficacy rates were maintained for HZ and PHN throughout the 4-year study period. In the HZ/su group, marked cellular and humoral immunity was induced and maintained throughout the study. The incidence of local and systemic specific adverse events in the HZ/su group during the 7 days after inoculation was higher than that in the placebo group. The incidence of serious adverse events, immune-related diseases, and death was similar to that in the placebo group.

These results indicate that HZ/su is highly effective in preventing HZ and PHN in the Japanese population, as observed in the global study, and induces immunity in all age groups aged 50 years and older. And, there was no clear difference in the safety in comparison with the whole group of the global study. These results suggest that HZ/su may be a useful vaccine for the elderly in Japan.

 


【結論】機械翻訳は医薬系の分野でも実用化レベルでありますが、優秀なエディターを確保できるかが普及のカギと言えます。

 

 

 

« 「馴化期間」 | トップページ | 機械翻訳の普及はまだまだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「馴化期間」 | トップページ | 機械翻訳の普及はまだまだ »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    9月26日現在:55,525件(イートモ7.1から2866件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想