« 近況 | トップページ | 翻訳センター 東さん »

2020年6月25日 (木)

イートモを活用できるようになれば一人前

こんにちは。

Medical Translator NARITAです。

 

胃の内視鏡検査が終わって、まったりしているところです。

全身くまなく調べてもらって、病院には私の身体データが相当蓄積されました。

 

さて、おかげさまで、イートモの購入者が増えています。

入院・静養中ですけど、事務手続きは問題なくできますので、安心して注文してください。

 

医学翻訳のプロの方は各自に合った方法でイートモをほ利用していただいていると思います。

やや不安なのが医学翻訳の学習者のみなさんがイートモを活用できているかです。

以前にも書きましたので、以下のブログを参照してください。

 

医学翻訳の独学

http://i-honyaku.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-9eb06c.html

 

リンク先も見てくださいね。

 

イートモを活用できるようになるまでには厳しいですよ。

翻訳原文に集中して、Googleやイートモを参考として活用してください。

 

決して原文から離れてはいけない。

せっかく翻訳仕事ステージに入って調査を能動的にガンガンやらなくてはならないのに、セミナーを聞いたり、医学英語の参考書を読んだりと受け身のお勉強ステージに戻るのはもったいない。

時間の無駄です。

地力が後退します。

 

要は、実際の翻訳原文を相手にイートモを活用できるようになれば、一人前の医学翻訳者ということです。

 

 

« 近況 | トップページ | 翻訳センター 東さん »