« もうそろそろ退院するか | トップページ | イートモの整備状況 »

2020年7月11日 (土)

月100万

おはようございます。

Medical Translator NARITAです。

 

5月に倒れて、長い入院生活も終わりそうです。

ほぼ2ヵ月間の入院。

私の場合はICUに2週間、それ以外は個室に入っていました。

退院が近づくと医療費が気になるところです。

1594425403017

 

病院から概算が出たのでざっとお知らせします。

一般の人は医療費の負担は3割ですので、3割負担で計算すると、私の今回の病気の場合、100万円/月になるようです。

2ヵ月間の入院なので、トータルで約200万円。

 

もちろん病気のタイプや個室か大部屋かで大きく異なりますが、その程度の費用は覚悟しておいたほうがいいようです。

大部屋だとパソコンが使えないので、個室にしましたが、リラックスできるので、病気の回復もよかったと思います。

個室にして正解でした。

死ぬか生きるかの瀬戸際で、お金の面で我慢しなくてはならないのは辛いですよ。

1594276896968_20200711093001

 

老後に2000万円が必要なんて言うけど、夫婦でそれぞれ私と同じような病気をしたら、それだけで400万円が減ります。

その後の通院にも金がかかる。

 

医学翻訳フリーランスとして生計を立てるのでしたら、いつも書いているように、若いころにイートモ等を活用して短期集中で勉強して、40代ごろまでの馬力のあるときにがっつり仕事して稼いで、その後は無理しなくても収入が入る仕組みをつくっておくことをお勧めします。

医学翻訳フリーランスを夢見て、何年もたらたらお勉強するのは時間がもったいない。

趣味系の人は別ですよ。好きなようにどうぞ。

 

« もうそろそろ退院するか | トップページ | イートモの整備状況 »