« 「移行」 | トップページ | 翻訳センターの2021年3月期 第1四半期決算 »

2020年8月10日 (月)

DeepLに和訳させてみた

Medical Translator NARITAです。

Troxacitabine, a novel dioxolane nucleoside analog, has activity in patients with advanced leukemia

をdeeplに和訳させてみました。

 

原文 deeplによる和訳

Purpose: To investigate the toxicity profile, activity, and pharmacokinetics of a novel L-nucleoside analog, troxacitabine (BCH-4556), in patients with advanced leukemia.

Patients and methods: Patients with refractory or relapsed acute myeloid (AML) or lymphocytic (ALL) leukemia, myelodysplastic syndromes (MDS), or chronic myelogenous leukemia in blastic phase (CML-BP). Troxacitabine was given as an intravenous infusion over 30 minutes daily for 5 days. The starting dose was 0.72 mg/m(2)/d (3.6 mg/m(2)/course). Courses were given every 3 to 4 weeks according to toxicity and antileukemic efficacy. The dose was escalated by 50% until grade 2 toxicity was observed, and then by 30% to 35% until the dose-limiting toxicity (DLT) was defined.

Results: Forty-two patients (AML: 31 patients; MDS: six patients [five MDS + one CMML]; ALL: four patients; CML-BP: one patient) were treated. Median age was 61 years (range, 23 to 79 years), and 29 patients were males. Stomatitis and hand-foot syndrome were the DLTs. The MTD was defined as 8 mg/m(2)/d. The pharmacokinetic behavior of troxacitabine is linear over the dose range of 0.72 to 10.0 m/m(2). Approximately 69% of troxacitabine was excreted as unchanged drug in the urine. Marrow hypoplasia occurred between days 14 and 28 in 73% of AML patients. Three complete remissions and one partial remission were observed in 30 assessable AML patients. One MDS patient achieved a hematologic improvement. A patient with CML-BP achieved a return to chronic phase disease.

Conclusion: Troxacitabine has a unique metabolic and pharmacokinetic profile and significant antileukemic activity. DLTs were stomatitis and hand-foot syndrome. Troxacitabine merits further study in hematologic malignancies.


目的:新規L-ヌクレオシドアナログであるトロキサシタビン(BCH-4556)の進行性白血病患者における毒性プロファイル、活性、薬物動態を調査する。

患者および方法。難治性または再発の急性骨髄性白血病(AML)またはリンパ球性白血病(ALL)、骨髄異形成症候群(MDS)、または慢性骨髄性白血病(CML-BP)の患者。トロキサシタビンは1日30分以上の点滴静注で5日間投与された。開始用量は0.72mg/m(2)/d(3.6mg/m(2)/コース)であった。毒性と抗白血病効果に応じて3~4週間ごとにコースを投与した。グレード2の毒性が認められるまでは50%増量し,用量制限毒性(DLT)が定義されるまでは30~35%増量した。

結果。42人の患者(AML。治療対象は42例(AML:31例,MDS:6例(MDS5例+CMML1例),ALL:4例,CML-BP:1例)であった。年齢中央値は61歳(範囲23~79歳)で、29例は男性であった。DLTは口内炎と手足症候群であった。MTDは8 mg/m(2)/dと定義した。トロキサシタビンの薬物動態は、0.72~10.0 m/m(2)の用量範囲で直線的であった。トロキサシタビンの約69%は未変化体として尿中に排泄された。AML患者の73%に14日目から28日目までの間に骨髄低形成が認められた。評価可能な30例のAML患者において、完全寛解が3例、部分寛解が1例認められた。MDS患者1名が血液学的に改善した。CML-BPの患者1名は慢性期に戻った

結論トロキサシタビンは、独自の代謝・薬物動態プロファイルと有意な抗白血病活性を有する。DLTは口内炎と手足症候群であった。トロキサシタビンは血液悪性腫瘍においてさらなる研究を行う価値がある。

 

 

比較的和訳しやすい英文を選んで、deeplに和訳させてみました。

赤字は最低でも修正が必要な部分です。

結果はなかなか良い出来です。

上位の医学翻訳者ならばdeeplのエラーを容易に修正できて、納品できるレベルです。

下位の医学翻訳者や今から翻訳スクールで初級コースから勉強しようとする人には活躍の場は残っているのだろうか?

 

« 「移行」 | トップページ | 翻訳センターの2021年3月期 第1四半期決算 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想