« 薬物動態の英訳 | トップページ | イートモの実戦応用 »

2020年9月20日 (日)

機械による薬物動態の英訳

Medical Translator NARITAです。

 

せっかくなのでインタビューフォームの薬物動態の項を一部だけ機械翻訳に英訳させてみました。

赤字が納品の前に修正が必要な部分です。

和文原稿 みらいトランスレータによる英訳
5. 分布
(1) 血液-脳関門通過性
該当資料なし
(2) 血液-胎盤関門通過性
妊婦 4 例(妊娠 38~40 週)に 3H-標識プレドニゾロンを投与後、臍帯血中放射能濃度は母体血中放射能濃度の約 1/10 であった [20](外国人によるデータ)。
また、胎盤標本に 3H-標識プレドニゾロンを加えたところ、2 時間後、プレドニゾロンの 51%が 11-ケトン体に転換された [21](in vitro)。
(3) 乳汁への移行性
1) 3H-標識プレドニゾロン 5 mg を 7 例の授乳婦に経口投与したとき、24~36 時間後の平均母乳中濃度は 0.09%であり、48~61 時間後に分泌された母乳 1 L から投与量の 0.14%(平均値)が回収された [22](外国人によるデータ)。
2) プレドニゾロン 10~80 mg/日を 6 例の授乳婦に投与したとき、母乳中濃度は母親血清中濃度の 5~25%であった [23](測定法:HPLC)(外国人によるデータ)。
(4) 髄液への移行性
〔参 考〕
プレドニゾロンリン酸エステルのデータ
関節リウマチ等の患者 5 例にプレドニゾロンとして 0.8 mg/kg に相当するプレドニゾロンリン酸エステルを静脈内投与したとき、髄液中プレドニゾロン濃度は投与 100~200 分後に最高値 55~85 ng/mL を示した [24](測定法:HPLC)(外国人によるデータ)。
(5) その他の組織への移行性
5.Distribution
(1) blood-brain barrier permeability
No applicable data
(2) blood-placenta barrier permeability
After administration of 3H-labeled prednisolone to four pregnant women (38 ~ 40 wk gestation), the radioactivity concentration in the umbilical cord blood was approximately 1/10 of that in the maternal blood [20] (foreign data).
When 3H-labeled prednisolone was added to placental specimens, after 2 hours, 51% of the prednisolone was converted to 11 ketone bodies [21] (in vitro).
(3) milk transfer
1) When 3H-labeled prednisolone at 5 mg was administered orally to 7 lactating women, the mean concentration in breast milk after 24 ~ 36 hours was 0.09%, and 0.14% (mean value) of the administered dose was recovered from 1 L of breast milk secreted after 48 ~ 61 hours [22] (foreign data).
2) Prednisolone at 10 ~ 80 mg/day was administered to 6 lactating women. The concentration in breast milk was 5 ~ 25% of that in maternal serum [23] (Measurement: HPLC) (foreign data).
(4) migration into CSF
[consideration]
Data on prednisolone phosphate
When prednisolone phosphate corresponding to 0.8 mg/kg as prednisolone was intravenously administered to 5 patients with rheumatoid arthritis, etc., the concentration of prednisolone in the cerebrospinal fluid peaked at 55 ~ 85 ng/mL 100 ~ 200 minutes after administration [24] (Measurement: HPLC) (foreign data).
(5) Migration to other organizations

 

このような整った和文だったら、機械に英訳させて、最終仕上げ人がちゃちゃっと修正すれば納品できます。

やはり機械翻訳はスピードが魅力だな~。

まだ勉強ステージでのんびりしている人は手遅れかもです。

 

« 薬物動態の英訳 | トップページ | イートモの実戦応用 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想