« ワクチンの前臨床安全性試験をイートモ用に対訳化・編集する | トップページ | イートモ実戦応用例 「クラリチン・臨床成績」 出来上がり »

2020年10月 6日 (火)

前臨床安全性試験 イートモ用に対訳化・編集 途中経過

おはようございます。

 

今朝から前臨床安全性試験をイートモ用に対訳化・編集しています。

つまり、動物を用いて被験物質の毒性を調べる試験です。

 

題材は10年以上前の報告書ですが、非臨床毒性については用語や表現が現在とさほど変わっていません。

臨床関係ではメドラーが導入されてそれに準拠しなくてはいけなくなったり、ガイドラインが改訂されればそれなりに対応する必要があります。

その点、非臨床毒性関係は一度おぼえてしまえば、ずうっと使えるというメリットがあります。

しかも、どの被験物質の報告書でも記述スタイルが類似していることも翻訳しやすいのです。臨床関係ほどたくさんの記述スタイルをおぼえなくてもいいでしょう。

 

現時点までに31件の対訳を作成しました。

まったりと50件ほど作ったら、今日は終わり。

では。

 

 

« ワクチンの前臨床安全性試験をイートモ用に対訳化・編集する | トップページ | イートモ実戦応用例 「クラリチン・臨床成績」 出来上がり »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想