« ブリーフィングドキュメントのイートモ化 途中経過 | トップページ | イートモ実戦応用例 「ゼブリオン・薬効薬理」 »

2020年11月18日 (水)

日本精神科評価尺度研究会

現在進めている抗うつ薬のBriefing Documentのイートモ化。

 

当然、様々なrating scaleが出てくるわけです。

そこで参考になるのが これ

難しい内容までは調べなくていいです。

 

医学翻訳者としてはscaleを「尺度」とするか「スケール」とするかです。

イートモでは混在していると思います。

今後、「尺度」に統一するかもしれません。

実際の翻訳仕事では、クライアントからの指示や用語集に合わせてください。

 

 

« ブリーフィングドキュメントのイートモ化 途中経過 | トップページ | イートモ実戦応用例 「ゼブリオン・薬効薬理」 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想