« シニアの悲哀 | トップページ | 月一検査 »

2021年1月31日 (日)

メムソースでイートモ対訳データを検索してみた

メムソース画面で作業しながら、イートモ対訳データを検索できることは先ほど示しました。

Mem1

 

でも、使いづらい、見にくい。

メムソースの作業画面内でイートモを動かすメリットはあまりないようです。

やはり、イートモ対訳はイートモシステムで利用したほうがいい(特に学習ステージの方)。

 

それとは別にイートモ対訳を検索することもできるようです。

 

"主要評価項目"を検索してみました。

Mem2

 

こんな感じ。

Mem3

 

文字が強調されない。

一度に表示される件数が15件と少ない。

つまり、使いにくい。

やはり、イートモ対訳はイートモシステムで利用したほうがいい(特に学習ステージの方)。

 

メムソースでイートモ対訳データを管理できないかと思いましたが、役立ちそうな機能はないようです。

 

以前、「イートモ対訳データはPDICやEBwin4で使わないほうがいい」と書きましたが、メムソースでも同じ。

 

それと、私がCATツールに慣れていないせいか、CATツールを使って翻訳するよりも、DeepLやみらい翻訳に訳させて、Wordでその出力を修正したほうがやりやすいし、効率が良いような気がします。

CATツールを使うと、どうも訳出の思考プロセスが途切れる感じがして嫌なんだな。

 

 

« シニアの悲哀 | トップページ | 月一検査 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シニアの悲哀 | トップページ | 月一検査 »

フォト

イートモ

  • 収録対訳件数
    10月19日現在:56,215件(イートモ7.1から3558件の増量) 医学翻訳の友 イートモ・トップ|なりた医学翻訳事務所

相互リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想